見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
あなたが寝てる間に・・・
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 孤独な、と云うか、彼氏も居ない天涯孤独な切符売りのルーシー。毎朝見かけるサラリーマンに一目惚れ中。そんな一目惚れの的が、チンピラに絡まれ線路に転落。危機一髪で彼を助けたルーシーは、救急病院で彼の家族に、と云うか、病院の看護士に「フィアンセ」と勘違いされる。
云うに云いだせず、心臓の悪い親戚がいるせいもあって、「云わなくて良い」とか口止めされたりで、ふわーとしてたらいつのも間にか「結婚」「妊娠」「浮気」なんて言葉が飛び交う。

 サンドラ・ブロック実は好き。
もとから猫顔が好きだし、デンジャラスビューティーも好き。

 「どうしてこんなことになるまで黙っている」と思うんだけど。ルーシーってば、結構「空気読むヤツ」で、周りの楽しそうな会話に良い相づち打っちゃうし、自分も彼のこと好きだったものだから、話が弾んじゃったり、話に興味持ったりするから自然に見えるんだよね。
しかし、ちょっと危ない感じは、なきにしもあらず。一歩間違えればストーカー、詐欺師って云われそうな、ギリギリのロマンチックさがある不思議な映画で、そこも含めてハラハラするコメディー感が良い。

 ルーシーがこんな目にあうのも、彼女の独り言が原因なんだけど。ここまで独り言で周りを巻き込むやつはおるまい。ツイツイ妄想の中に、一言突っ込んだりして。うむ、お互い独り者同士気をつけないとなーと思ったり。
結構相手の言葉に生返事しちゃうから誤解もあるけど、それがコメディだよねー。

 コメディの中にも、ジャックと云うナイスガイが居まして、私は断然ジャック派だもんで。
階段で「私とピーターが結婚してはいけない理由でも?」ってルーシーに聞かれて「何もないよ」って!超切ない顔で云うの!やめてよーもーー!可愛いいなー!←
 て、彼も「空気読むヤツ」で家族に云いたいことあったり。ルーシーに「好きだ!」と云えなかったり。私の中の小さな私は、全力で「好きって良いなよ!」と云う突っ込みを叫んでたんですが。

 まー、丁度クリスマスと大晦日にかけての話だから、今の時期です。
ニューイヤーズイブも観たいなぁ。

 
 

| //洋画//あ行 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
インセプション
評価:
クリストファー・ノーラン

<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

「眠いのに観たからか、わけわからんので寝てしまった」
と、最近結成した、映画会の先輩が云ってたんですが、別に混乱しなかった。

映像的にも面白かった。
エレン・ペイジ好き。ジョセフ・ゴードン・レビット君好き。もう超可愛いですよ!彼!
「意識」に注目され始めて「キスしたから注目されてるんだよ」とか云うシーンがあるんですが、可愛いー。

マリアン・コティアールも綺麗で好き。レオさんも恰好よろしいし、キャストのキャラクター自得でした。


 聞いたら、「階層」が深くなるにつれ「時間が遅くなる」ルールに混乱するらしい。結構シンプルな論理なので、面白かったよ。

ラストがなー、アメリカ映画のクセにスカッ!としてないので、怒られるんだろうね。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/
オフィシャル・サイト
http://inceptionmovie.warnerbros.com/ (英語)
| //洋画//あ行 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
エンジェル・ウォーズ
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想



 ギャー可愛いーーー(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)ーーー!!!好きーー(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)ーーー!!!

 それ以上に語ることがあるのか!意味あるか!コケルってなんだ!セーラー服×日本刀×ブロンドブルーアイもう掛けるものがないではないか!


 個人的にヴァネッサが普段から好き。最近太ったけど。猫顔がたまらなさす。
アイビーも可愛い。

 ミュージックのセンスが良いらしいっすね。病院の名前をかけたりする遊び心とか。
エミリー・ブラウニングも普通に歌うまい。自信なさげな不安な顔なのに、戦う時容赦ないのがゲームキャラみたいで楽しい。

 ラストは、思い出した人も多いと思うんですが、カッコーの巣の上ね!
現代版は17歳のカルテとかだっけかがなんか云われてたような薄い記憶があるんだけど、女子版カッコーの巣の上ゲーム的アクションバージョンで楽しかった。

 設定が何か弱いところも、ゲーム的でキャラが立っているんだから良いんではないか。
これが許せるのは、私がオタクだからか、そうなのか・・・。
一人で3D観に行ってるからなのか・・・。
| //洋画//あ行 | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
美しすぎる母
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 息子のエディ・レッドメインがイケメンって云うのは知ってたんですけどね!
バーバリーの広告で見かけてた仔でした。さすがスーツを身に纏えば絵になる青年です。

結構シリアスでノンフィクションって、私路線やんと思って観たら、プラスエロくて、ノンフィクションにしては映画的なストーリー展開ありで、しかもまとまりが良い、と良作でした。

 最期なんですが、精神的に追いつめられ、それで解決すると分かってしまえば「刺す」と云う行動にある種の人間はでてしまう。彼は他の行動もあると誰にも教わらず、自分で知ろうとせずに生きてしまった。

 話からすると、またもや邦題ミスってますねー。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://utsukushisugiru.com/
 
| //洋画//あ行 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
裏切りの闇で眠れ
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 パリの裏社会を舞台、派閥に入らずグレイな位置にいる主人公フランク。のはなし。

こいつが主人公で良いのかと云うくらいのビジュアルですが、え、良いんですかね。
話もなんや想像がつくし、超B級映画ザ・ヤクザを思い出してならない。↓


 フレンチ仕上げなだけ好みでした。
マフィア系はパッケージは面白そうなのになー、結構希薄な作品が多いのが残念す。
良いのあったら教えて下さい。

| //洋画//あ行 | 04:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
愛の神、エロス
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ウォン・カーウァイ、スティーヴン・ソダーバーグ、ミケランジェロ・アントニオーニ、と三名の監督が愛とエロスをモチーフにしたオムニバス映画。

「エロスの純愛〜若き仕立屋の恋」
 断然ウォン・カーウァイ監督のために観た。プラス最近チャン・チェンに嵌っておるので。
出てる二人はどっちも好き。ストーリー性があるのはこれくらいっす。

「エロスの悪戯〜ペンローズの悩み」
 ロバート・ダウニーJr.の顔は大分好きですが、話は全くおもろないし、意味分からず。三部作の中で一番セクシーじゃない。

「エロスの誘惑〜危険な道筋」
 この作品の監督の映画は観たことないのですが、一番インパクトがある。裸に近い女の人と裸の女の人が歩いていて、その女性二人があり得ないくらいスタイルが良くて、この世の物とは思えないくらい美しいので感動した。


| //洋画//あ行 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
アイズ ワイド シャット
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 煌びやかなパッケージ、視線だけこちらに向けるニコール・キッドマン
エターナルサンシャインって云う映画のデザイン似てなくもない。
きっとラブでストーリーなんだと、思っていたら。

 ラストのエンドクレジットで、

STANLEY KUBRICK(どーん)

そんなわけねー!!! 逆に納得したっぺ。


 ラブって云えばラブの要素もあったけど、嫉妬と愛憎と乱こぅ・・・。
あー長い。

 村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読んでいた気分を思い出した。複数の理由であの本は嫌いだ。

ナイト&デイの関係でか、Gyaoでトム・クルーズの作品が無料放送されてます。→site
インタビュー・ウィズ・バンパイヤのトムはきれーです。ブラピ無骨ー。キリスティンきゅーてぃ。



| //洋画//あ行 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
アメリカン・クライム
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 インディアナの犯罪史上で最も恐ろしい犯罪と云われる、虐待事件をモチーフにしたノンフィクション映画。
 うまい具合か、描写が結構はしょられている箇所があるので、そこまでグロくない、大丈夫です。(なにかが)
本当はもっとひどかったみたいですが。

 虐待事件はもしかして身近に起こることかも知れませんよね。この事件も住宅地で発生しています。知識を持っているほうが私は良いと思うので、この映画観たら〜と、うだうだ思いました。

 暴行を助長する母親に従う子どもなど、そういう状況を視てヤキモキするだろう。だから観るのをやめる人もいそうです。私は昼ドラを視ている気分になったよ。あの泥沼化は頭おかしい人たちが引き起こすんだもんね。

 ほかに例のごとく、映画を観ながら昔読んだ本を思い出したんですが、今回はセラピストのトリイ・ヘイデン著最悪のことリストと云う作品でした。それは、心に傷を持つ少年が周りにいる人たちのおかげで癒され成長していく話で、彼女の本の中では珍しくフィクションです。なぜかと云うと、トリイ・ヘイデンは傷を持っても少しでも救いが、或は逃げ場があったら子どもは助かったのにと様々な子どもをカウンセリングして思ったからです。
 云うたらちょっとした希望の塊ね。だから最後のシルヴィアの描写は良かったかもね。

 主演がJUNO/ジュノエレン・ペイジで◎
可憐な綺麗さが良かったです。

| //洋画//あ行 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
歌え!フィッシャーマン
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ノルウェーの最北端ベルレヴォーグ合唱団の活躍とメンバーの個性的なおっさんたちを写すドキュメント映画。

 ドキュメントと知らずして観たので不意打ちでしたが、結構楽しいおっさんたちが多い。なぜここにいるかの話から、人に人生ありと話すことも様々ある。
ロシアの都市ムルマンスクのコンサートへ依頼演奏に出向き、ガチガチに緊張してパートのバランスがめちゃくちゃになっているのに、最後はノリノリで歌っちゃうのが、プロじゃないのに実力抜群な合唱団だからですよ。

 あんな適当に歌いだしている練習風景なのに、吹雪の中鼻水のツララを付けて歌っているおっさんは上手。なぜ外で歌うのか分からないけど、でっかいテトラポットに当たる波の飛沫や強風の中で音が固まりでマイクに届くのは相当響いている証拠。

「風邪をひいたから今日はコーヒー係さ」の台詞を聞いて、あたり前だと過る。おっさんたちよ、めちゃんこ寒いのにどうして外で歌うの。
みんな、歌がなきゃこんなところに居ないんだって。メンバーでレストランをしながら暇でも潰しているおっさんたち、じゃない、フィッシャーマンたち。


 レビュー溜めをしていると観たことを忘れて書くことも忘れる。

続きを読む >>
| //洋画//あ行 | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
エスター
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 子どもを流産させてしまった一組の夫妻。立ち直るためにも娘への愛情をほかに向けてはと、養子を迎えいれることに。そこで孤児院で夫と意気投合した子ども、エスターを引き取る。

 120分で凄まじい展開とはいきませんが、それなりにホラーサスペンスとしている。エスター役のイザベル・ファーマンがはまっていて、彼女じゃなきゃ駄目です。良い顔。メイクを落とすシーンの迫力ってば一番の演技です。

このテイストで可愛い子役は少ない。

 どうでも良いですが、ほかのきょうだいのマックスのアリアーナ・エンジニアが可愛いのと、お兄ちゃんのジミー・ベネットが美少年で、「絶対視たことある、君はひと味違う美少年だ」とか思ってたら、やっぱりサラ、いつわりの祈りで幼少期のジェレマイアを演じてた仔でした。
 美少年が好きな人へ。サラ、いつわりの祈りは美少年ばっかでオススメです。

スイート・ライフスイート・ライフ・オン・クルーズコール&ディラン・スプラウスの二人が少年時代を交代で演じていて、もー可愛いです。

 話がそれたー。
原題のorphanって孤児とかの意味らしい。なぜそんなのをタイトルにしたんすかね、やから面白い部分もあるとかかね。いやいや、ないよ 笑


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイ ト
http://orphan-movie.warnerbros.com/ (英 語)
オフィシャル・サイト
http://www.esther-movie.jp/

にほんブログ村
 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//あ行 | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ