見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
イヴの時間-劇場版-
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 今日日ドラマもよりも良い話だった。感動するし、ネットで配信されてた6話を集めた「劇場版」らしいですが、結構まとまってますよね。ネット版は今後観る予定です。

 製作会社はマッドハウスだっけか。

 手塚治虫がアトムで掲げた「ロボット三原則」を中心に、遠くか近い未来、場所は多分日本で、家庭用ロボットを巡るストーリーである。
 ロボットと人間の違いがない喫茶店「イヴ」で、ほんわかなのかシリアスに流れる日常。考えながらと云うか、「自分だったらロボットとどう接して生活するのかな」なんて妄想していると、最後には泣いていたり。

 バックボーンがあるらしく、最後らへん気になりますが、何か続きがあるんですかね。

| ANIME | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
バイオハザード ディジェネレーション
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 シネマウォーカーで、バイオハザードシリーズファンのことを称して、バイオ中毒者(ジャンキー)と表現していたのが気に入った。

 このCGアニメはバイオジャンキーなら面白い。

 私は、ゲームのバイオ1〜3とガンサバイバーをしたことがあって、その中で2(特にクレア編)をやり込んだていたので、ラクーンシティから7年後と云う設定から熱が入る。
 クレアが超可愛くイイ女に成長しているのがすごく嬉しい。レオンは変わらず出会い頭の女性とキスしているよ。

 ゲームをしている側からすると、ミラ・ジョボビッチ主演の映画バイオハザードシリーズでもなんですが、ゾンビに対しての周りの判断のなさがものすごいフラストレーション。
 大量に現れた場合は、ショットガン「↑○」で頭を飛ばせ、犬はガンサバイバーの場合飛んで来る軌道に合わせてハンドガンで対処、追跡者はマグナム、最終的にはロケットランチャー!救急スプレー!ハーブハーブ!!
 とか思いながらも、映画シリーズ全部観てるんだよね。骨抜きジャンキーだ。
ゲーム3のキャラ、映画ならアポカリプスのジルの衣装は、そんなだからすぐ怪我するんだよってなってたんですが(私のせいか)、映画のほうはキレイなままだし、キャラの良い昇華のされ方の例で好き。

 あー。映画の4は、まだなのかな。
ゲームのバイオハザード5は、昨日発売だそうです。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.biohazardcg.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| ANIME | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
カールじいさんの空飛ぶ家

<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 冒頭は予告のシーンで殆ど構成されているんだけど、風船で空飛ぶなんてロマンの固まりだー。いや素晴らしい。好き好きこう云うの。
 予告はみんな泣いたでしょ?私は泣いたよ。他にも泣くとこいっぱいあったし、面白いラッセルね。うぜー 笑

 カールじいさんは、妻との約束のために伝説のパラダイスフォールに冒険に出発する。思い出の詰まった家ごと。ラッセルの「飛行機で旅行するのが一般的だけど、家ごと行くのは便利ですね」のコメント好きだな〜。

 カールじいさんは無口だけど、人を傷つけるようなタイプじゃない。杖に付いてるテニスボールがその証拠。私はそこにカールじいさんの人柄が出ているようで、すっごく注目して観てたですよ。(中国人っぽい云い方良いな)
 でも3-Dで観て来た姉は、笑わそうとしてくるのが厭だって云ってて(アメリカの笑いってそう云うものじゃないのと思ってるんですが、違ったらスミマセン。)、テニスボールのくだりを云ったら吃驚してましたよ。意外だったみたいですが、それだけで印象がかわると思うので、是非ご鑑賞の際はご注目ください。

 字幕で観たんですが、リーダー犬の翻訳機器が壊れた時の声が、スポンジ・ボブのノミみたいなキャラの声にすごく似てた。

 ピクサー作品は良いなぁ。早くトイ・ストーリー3が観たい。
にしても原題:UPって、邦題頑張ったなぁ。じいさんの元気な映画だよ。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://disney.go.com/disneypictures/up/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://carl-gsan.jp/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| ANIME | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ウォーリー
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ゴミに埋め尽くされた29世紀の地球。一人ゴミを処理し続ける、ロボットのウォーリーの目の前に、ある日最先端のロボット"イヴ"があらわれる。

予告の「ゥオォォリィー」の声から観たかった〜。考えてみると自分で名前呼んでる。
ロボットには感情がないと云う、常識は一旦捨てて観るべきですね。ウォーリーの飽きがこないキャラクターが最後まで効いてます。イヴ絶対美人!
700年間宇宙を彷徨う地球人。艦長の「生き残るんじゃなく、生きたい」の言葉が今の地球に啓発する作品。

 ウォーリーが好きでよく流すビデオテープの映画ハロー・ドーリー!。ほんとにあった映画だったのか。
Blue rayだかなんだか出ていますが、今ある記憶媒体は遠い未来には残りません。故人が未来に残したやり方が一番らしいです。うーん、何の話だ。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://disney.go.com/disneypictures/wall-e/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| ANIME | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ONE PIECE ワンピース THE MOVIE STRONG WORLD 

<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 今月に発売されたONE PIECE 56巻のSBSコーナーを読んでいたら、この映画のことが書いてあって、劇場に足を運んだ人には0巻が配られると云うので、観に行った。物に釣られたと云う訳です。もう公開される前から焦りまくって、残数チェックしたりしてましたが、田舎だから全然平気だった。でも週末は怖いのと水曜のレディースが怖いので、水曜の朝一には観に行った。

 絵は、オマツリ男爵と秘密の島のほうが私は好きです。でも漫画の雰囲気に近いなと思った好きな箇所が、サンジの顎のラインとルフィ。サンジの顎のラインはそうそう!それだ!って位。
うーんと思ったのは、チョッパーの毛の色とロビンの雰囲気。私はロビンをハムナプトラ2のアナクスナムンの様な肌と美貌を重ねて視ているので、ちょっと違った。
映画からのイメージと云えば尾田さんは映画が好きなようで、アラバスタ編の時にバグダットカフェをイメージしたのを描いてるのは有名な話。黒ひげの子分に喜劇王のバスター・キートンにそっくりなキャラクターがいるしね。私が分からないだけで、もっとそんなキャラクターがいるのかも知れない。



 話は、漫画のテーマに近いので良いと思う。本当は笑うところいっぱいあったけど、大声では笑えなかった。漫画だったら絶対声だして笑ってたなー。
しかし、ルフィの覇気の色や転がったりする時、ギガントの時のスピードののろさを視て、そんな感じで読んだら良いんだな、と記憶するのに忙しかった。

しっかし!ラストの個人の格闘シーンをもう少し長くして欲しかったなー。全部を通したら平均されてるのかな。サンジはギャグっぽかったし・・・良いけどね。ウソップの攻撃格好良かったなー。
そう云えばサンジの声優さんは、映画の吹き替えを沢山されている平田広明さんと云う方です。ジョニー・デップの声を主に、それよりキングユアン・マクレガーの声をよくされてます。カッコイイ声で主人公の青年の声が多いので、映画界でも聞く機会が沢山ありますよね。


 漫画が好きなだけに描くこと多い・・・!有名な映画とのつながりのシーンとかあったのに忘れた。記憶力駄目だー!

サンジサンジ云ってますが、一番好きなのはルフィです。かっこいいー!
エンドロールでエースとシャンクスのサービス的ショットが拝める。エースどうなるんだろね、続きが楽しみだー。

 劇場じゃないけどワンピース映画は、オマツリ男爵と秘密の島デッドエンドの冒険だけ観たことあります。チョッパーのは観てみたいなぁ。絶対泣く。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.onepiece-movie.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| ANIME | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
Disney'sクリスマス・キャロル
評価:
チャールズ・ディケンズ

<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 一番顔は可愛いのは過去の亡霊。今のCGアニメはすごいね。

原作は、文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作。日本人は知らんですね、私も知らんです。オリバー・ツイストも書かれている方と知れば、文豪だ文豪だ。海外ドラマの中で話題が出たり、幽霊のイメージを「鎖で繋がれている」と話す人もいるのは、この本からなのかなと思うほど、アメリカや作品の舞台でもある本国イギリスでは有名なんでしょう。

 話は、クリスマスの夜にケチなじいさんスクルージのところに過去・現在・未来の亡霊が会いに来て、それぞれ悟らせると云うか、金の使い方を改心させようとする。

抽象的な表現の裏を知らないので、そういうものなのって位に思って観るしかない。そのせいか、97分の割に長く感じた。好きなジム・キャリーのキャラクターもないし、コメディでもない、と云うか子どもには怖い。ベッドに居たのは奥さんだろうと思うところ、100%ハッピーエンドとも云えない。
そいでラストがお約束な割に、てめぇが語るのかよってやつで締まる。

クリスマス・キャロルという映画は他に4作品位あるので、観てみたいです。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.disney.co.jp/movies/christmas-carol/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| ANIME | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
王と鳥
評価:
ポール・グリモー,ジャック・プレヴェール

JUGEMテーマ:映画の感想
<<評価:★★★>>

 リトル・レッドの予告に入ってたアニメをひとつ消化しました。
絵はすごいと思う、線がキレイ色がキレイタッチもおもろいけど、フランス語ってムカつくよね。吹き替えやと特に。人間の小走りのクオリティすごいです。
オリジナルの王様は死んだんかな、そこはあっさりしてる。観ててナウシカの巨人兵思い出した。


次は全部油絵だという春のめざめが観たい


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.ghibli.jp/outotori/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| ANIME | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想
 
 字幕のが良いです。音楽と歌詞が好きです。

意味わかんないけど
レッドはブルーだから

吹き替えの赤ずきんとおばあちゃんの声が素人みたいでうざい、英語の赤ずきんのほうが声が大人っぽくて合ってる。
出だしに感じたくだらなさは後半薄れたので良かった。テンションが掴みにくいからだねキャッチーじゃないしシリアスでもない感じが。


 この主人公みたいな半目でも目がでかくて顎が三角な女の子が私的に大好きなんですが、3Dでみるとキモイなと思って悲しくなった。でも好きです。


 予告映画に他のアニメ映画の紹介があったんですが、めちゃくちゃ観たくなるやつばっかでした。観たことあるの ベルヴィル・ランデブーだけやった。


 今知ったけど吹き替えどっちも俳優なんや。上野じゅりならしょうがない。
あきらか邦題ミスってる。

トリプルG=!

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.hoodwinkedthemovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://little-red.net/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| ANIME | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
崖の上のポニョ
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想
 
 ポニョは誰と観に行くか悩むところですが、おかあさんと観に行きました。レディースデイに。仕方ないけど劇場こどもだらけで若干やかましかったけど、笑いの時に素直にみんな大ウケしてるからかわよい。よいよい。



 「ポニョソースケスキー」

ポニョに愛されたいとみんな観たら思うよ、わたしは思った。云われたい。
今日日ツンデレがはやってる?けど。これはデレリストS表現ちゃう。



ポニョソースケスキー

もうこれしか云わんから。


 宮崎さんは世界有数のクリエーターやから、世界観とか押し付けてくれるな。テーマが分かれば他は宮崎さんworldだぜ。儀式のところはちょっとわからんかったけど。
でも今回思ったのは声優さん良い。今までは、その声じゃなくてその人柄で出てる声を求めてはったんちゃうかと思った。やから今回の声優は好き。

ポニョソースケアイニクー(大津波どーん)



重くない怖くないかわいいポニョソースケスキー

画像

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.ghibli.jp/ponyo/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| ANIME | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
時をかける少女
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 わーい100分だー。
このアニメは声優さんの味がいいと思って、見終わってすぐぐぐったのを覚えてます。マッドハウスだよー良い仕事するー。

 原作アニメともに筒井康隆さまですね。この記事を書こうと思ったのは、友だちとの会話に筒井康隆さんの名前が出てきて、作品がフラッシュバックしたからです。
この映画をTVで観たあと、パプリカを観ました。原作が筒井康隆さんの小説と知って、この世界観をどうやって活字にしたんやろうと思い、数日後図書館へ借りにいきました。作品のツールが自分が好きなジャンルだったこともあり、3日で読破しました。どっちもおもろいのでどっちも観てそして読むのが良いでしょう。本のがエロくて分かりやすいです。

 パプリカが面白かったので「家族八景」をブックオフで買い、その頃にはリビドーの単語を覚えておりました。読後思ってたのとジャンルがちげーとなって、「家族場面」っていう本の短編を読んで、なんかこの人すげーとなった。それはひたすら排泄物の話をしてて、それはひたすら汚いことを書いてる話で。詳しく書くと、東京が水不足で排泄物だらけでいかなる問題がでてくるか、そして人はどのように変化するかっていう・・・。

だから私が云いたいのはこの人の器のでかさというか、キャパやっけ、そんなんを感じるんです。声優も素敵やし、富豪刑事も、日本以外沈没とかも。時をかける少女っていう素晴らしい作品を残すとともに、排泄物の話をひたすらする人なんですよ、先生は。
それを友だちに云いたかったけど、さすがにご飯の席では云えなかった。

>>映画のはなし
主人公が別れ際にいう「走っていく」の返事に泣きそうになります。
「どうやって」なんかつっこんでくる人は優しさと寛容さと想像力と愛が足りない。これが全部集まって青春で、これは青春アニメやからその人は青春が分からないということになる。

云うならばギガンティアマッドハウス素敵ス筒井康隆先生。でも先生の本はもう読まないと思う。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| ANIME | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ