見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ヤッターマン
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 オリジナルアニメは30年前で、アニメ版リメイクはつい最近の2007年。オリジナルは平成アニメ劇場だか夏休みアニメ劇場で、観てた記憶が根強い。そんな人も多いであろうヤッターマンの知識というのが、結構乏しかったりするのを、本作を観て気付いた。

高田玩具店のひとり息子ガンちゃんは、父の発案したヤッターワンを完成させる。そしてガールフレンドの愛ちゃんと共に愛と正義のヒーロー、ヤッターマン1号・2号に変身して、ドロンチョ一味とやり合う。ドロンジョだ、知らなかった。

 キャストが完璧。云うことなし。
深田恭子は可愛いねぇ〜〜。でも腹筋がないせいで、声が飛んていたのが気になったけど、また違ったドロンジョ様で可愛い。福田沙紀ちゃんも好き。櫻井翔くんと良いコンビでポーズもしっくりしてた。ぴーん!
漫画っぽい顔の人ばかりですごし。特に生瀬さんはすごい、やっぱり生瀬さん好き。ケンコバも◎
実写とセットをつなぐCGや美術も抜かりないので、細かいところまで楽しめます。竜の子プロダクションだから、アクビちゃんやハッチの広告とかの顔が、街にちらほらあるのも嬉しい。

 アニメ同様、大人向けに作ってあるから、ファミリーで観に行くと痛いです。ドロンジョ一味が商売したりするのもあったり、豪華な得点もあり。脚本も丁寧にオリジナルにそってあり愛を感じる。

名称など全ても対してずーっと小ボケしたおしているのも、私は結構好きだったのですが、
「面白くなかった。」
と云う人も身近にいた。ちょっとエロい?のが駄目だったみたいで、まぁそこは人それぞれ許容範囲があるからなぁと思いますね。
でも深田恭子と生瀬さんには、感動してました!


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.yatterman-movie.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
|  邦画―や行 | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
闇の子供たち
<<評価:★★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 悲しみ、鳥肌、思案、絶望、吐き気、失望、羨望、苛立、

全部の感情が中途半端でどの気持ちが己の中で絶対的か分からん。


好きなサイコ芸人 徳井健太氏がブログで、

//------抜粋------//

レンタルしていた「闇の子供たち」を観た。
ホラーやらサスペンスやらを結構見てきて楽しく感じていたけれど、これを見終わった後には猛烈な嘔吐感に襲われた。
こんなに救いの無い、生きる気の失せる、超衝撃があっても良いのだろうか…。
見終わってからすぐにバナナを食べ、自慰行為をして眠った。

それ程だった。

//---------------//

と書いており、昔友人と観ようと云っていた映画だったことを思い出す。


 ちょっと気になるから他のレビューを後で読みたいと思う。
江口さんは私が考えるに、そうだったと思う。ラストで私は、自身の中で付けた付箋が事実を紡ぎ出した時、役者の表情が1mm動き、奴が笑った時に、今まで映画を観ていて初めて思考が混乱していくことを自覚した。考えても駄目だ。
つまり最後らへん表現が雑です。原作読みたいと思います。

 これはレビューになっているのか不確定だが、この映画を機に昔観たドキュメンタリー映画が、日本でDVD化していることを知ったので、タイトルを訂正しておく。
重ねて読んで頂きたい。

[売春窟に生まれて]→[未来を写した子どもたち] ...記事へ


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.yami-kodomo.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
|  邦画―や行 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ユメ十夜
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 邦画も良いと手紙に書いてありましてね、邦画も観ているつもりなんだけれどね、やっぱり観ていないだろうかね。広く観るのがモットーであるので、癪なので邦画を2本借りてきたよ。

この映画はおもんないと思ってたけど、思ってた以上におもんなかった。どんまい。
乱歩地獄っていうのも観たい、パッケージが似ている。

 関係ないが市川美加子好き。しかし第5夜あたりからくだらなかった。松尾さんも監督として出ていたが、微妙だった。阿部さんはかわいかった。


 夏目漱石読んだことないが、映像化に挑戦しなくて良いと思う。
夢を映像にするのは難しいが、黒沢明監督の「こんな夢を見た」という映像を昔観たことがある。それは美しいが怖い感じ、日常と非現実的な状況の怖さですね、ああ云う映像を作って欲しいと思う。



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
|  邦画―や行 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ