見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
東京マーブルチョコレート-マタアイマショウ-
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:モブログ


スタジオI.Gだっけかな、攻殻機動隊のところみたいです。
映画ではないですかね、30分位で、OVA…OVAって何だ。
オリジナルビデオアニメだって。私はHUNTER×HUNTERのOVAしか観たことないんですが、色々あるもんなのかね。

谷川史子先生の漫画、東京マーブルチョコレートを読んだんです。そこで谷川先生がキャラクターデザインを手掛けているアニメの存在を知りました。漫画にはアニメの登場人物の二人が出会う前の話が描かれておるのですが、それはご興味のある方は是非ともご拝読下さいませ。


アニメアニメ。アニメはですね、嫌いです。よく分かりません。
なんか本当に分かりません。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.tokyomarble.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| そのた/映像 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
小笠原騒動

090506_1434~01.jpg<<評価:★★★★★>>


 歌舞伎を観て参った。
会社から招待券を頂戴したので、京都の南座に初めて行きました。
(只今京都でデザイナーとして働いております。ご報告まで。)

歌舞伎も初めて。とても新鮮でした!初物は何でもドキドキして楽しいです。



驚いたことは、11時開演で終演15時と云う長さ。しかし話が長いのではなく、幕間(まくあい)と云う名の休憩が25分・20分・15分とあったからですよ。
最初の幕間にちらし寿司を食し、ペットボトル300円、紙コップ200円の破格の値段に怒髪。

 話はユーモラスたっぷりで、こんなに笑えると思っていなかったので、なおのこと面白かった。歌舞伎ってコメディなんだなぁと思いつつ、昔の娯楽なんだから面白いので当たり前なのかもと行き着く。


私的に中村橋之助さんの声が特徴的で、話し方もリズム感があり、エンターテイナーとしてのセンスと云うかノリがあって好きになった。
中村勘太郎さんは魅力的な役者さんだった。これからもっともっと良い役者になってくれると云う気持ちにさせてくれた。
お早役の七之助さんは舞台の上でも客席を通った時に視ても女性的で声も女形の中で一番綺麗だった。
片岡愛之助さんは顔が一番歌舞伎役者憮然として様になっていて、男前だった。

橋之助さんはほかに、歌舞伎として初めて生水を取り入れ大迫力の水車シーンを考案し、10年前に初公演したあたりには、世を賑わしたと云う。

というわけで、初めての歌舞伎はすげ-おもろかった。

出噺って云うのか、おっさんの声の和音も、アニメーション平成狸合戦ぽんぽこイノセンス攻殻機動隊のOPを彷彿とさせ、ビートたけしの座頭市の踊りなどを思い出したり、歌舞伎は色んなクリエイターに影響を与えたんだと知った大変有意義な時間だった。


というか面白い。満点。


【ウェブリンク】
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/2009/05/post_13.html


| そのた/映像 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
クリエイタートーク


村上隆の話をしたのです。
有名なフィギアがあるらしく、好奇心から見ました。あんなうざいフィギアを作るクセにですよ、↓のように綺麗なデザインで「MURAKAMI」と書いてありますね。ヤツが作ったのか?本当にヤツが作ったのか?




村上さんは他にドラえもんでゆずの主題歌だった時の、OPの映像にでてたひまわり軍団、とかやっていました。もしかして字に絡み付いてる花はそのひまわり?そうすると分からんほうが良いデザインだと思う。

 フィギアを見た感想は「普通にキレイ」。
手作りでフィギアを作っている人が云うには、ヤスリで肌をツルツルのピカピカにしてる時が一番楽しいんだって。私はフィギアならではのあの肌のツルツル感は好きです。それが大きいなら尚更すごいツルツルしているんでしょう。素敵です。




| そのた/映像 | 02:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
星新一 ショートショート
<<評価:★★★★★>>

ヨシミガールから教えてもらって、大体観たので感想を書きます。



 中学の頃から星新一さんが好きです。ブラックユーモアですね。小学校の頃読んだ森絵都の「ショート・トリップ」は下手なギャグマンガより全然おもろい小説です。今思うとあの原稿用紙三ページの短編たちは星先生へのオマージュやと思います。


 1001作ある星新一さんのショートショートがアニメ・実写ドラマになっているのを見て嬉しいのと悲しい気持ちになりました。中学の頃に星新一にはまっていると友だちに云って、その人最近死んだよねという返事が返ってきて、悲しい気持ちになった、と同じ気持ちです。
大人になって忘れていく人間の汚さと良さと面白さ、そして垣間見える精神的もろさとバカさが、当時の若者に指示された理由だと思う。バカなTOP10とか趣味の悪い本やサブカルチャーに現をのかす今の時代が悲しいですけど、ね。大人が悪いからやけど。いや物が多すぎるんだよ結局。やっぱり自分が悪い、いややっぱりそういうもんで別に時代なんてどうとでもなれ。


世界はいつか SF小説を追い抜くけど、少しでも長い間それがSF小説であるように息を吹き込み続けて欲しい、と願います。星さんはもういないけど。




 星っていう名字がほんとうに存在するのが星が大好きなわたしにとってすごく悔しい。星っていう名前の人を探して結婚します。星さんのように飄々としていてユーモアがある人になりたい。


 異色の評価★5つ。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
| そのた/映像 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ