見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ナイト ミュージアム
<<評価:★★★☆>>

 これは予告の時に夜に展示物が動き出すってので夢があっていいなぁと思って観たかった。主人公の唇がカサカサしてるのが気になった、誰かリップクリームしろって云えよ。この人はコメディアンなのかね。監督もやってて俺たちフィギアスケーターの製作やってるんや、すごい。

 設定はいいのになぁ、配役ミスってるな、元妻キレイちゃうし綺麗どころがあまい!
でもロビン・ウイリアムズ素敵すぎる。顔が、顔がもう癒し、だめだいい人だー。パッチ・アダムスレナードの朝フック!!も!聖なる嘘つきも!(泣く!マジで良い話)ミセス・ダウトもなー、何度も見れる。ジャックもせつねー。奇蹟の輝きは特におすすめです。あと聖なる嘘つきも。初めて見たのはジュマンジか、いいよね彼は。

 いい顔をする端役が少ないからこうなる、勿体ない。オーウェン・ウィルソンがちっさいのも勿体ない!サカジャウィア役の人はとても良かった。息子も良いけどあと一歩、掴めてはいるから惜しい。←自分の中の演技評価



 あと云いたいのが、音楽がいい。「落ち込んだ」曲、「気持ちが切り替わった」曲、「嬉しいー!」の曲みたいなのは観てるほうが内容を理解しやすいので助かるよね。
でももう一回みたいとか不思議と思わないので★みっつ半。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.nightatthemuseum.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| //洋画//な行 | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
名もなきアフリカの地で

評価:
カロリーヌ・リンク,シュテファニー・ツヴァイク
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 「このおばさん知ってるわー知ってるわー、性格悪いお母さん役や、それは分かってんねん。」と悶々としながら観ていたらですね、今調べて分かりました。「点子ちゃんとアントン」のお母さんやー。すっきりしたところで、これは今日の夜にやってました。深夜映画は観てまう時ある、今回は140分もあった、長いと思ったら。
 そして監督も同じ方なんですね、他にアカデミー賞をとった「ビヨンド・サイレンス」という作品があるので、観てみたいと思います。音楽もいいですよ、少し感動する場面で流れる曲とか、定番のように心に沁みてきます。そして音楽は「飛ぶ教室」、「点子ちゃんとアントン」担当していました、よろしいですね。

 この監督の作品はメッセージや作った意図が明確です。「差別、文化、成長、家族愛」ってところ。点子と違って今回は差別と戦争を背景にしていて、そして舞台がアフリカということで、新しい作品です。

 一家を支えるコックのオウアが素敵。その土地で暮らす人の思想っていうのは高尚ですよね、卑下してはいかんよね。理解は出来んかもやけど。ん?言ってることおかしい?
まぁ伝えたいことが多かったのでこの長さなんですかね、ラストはこれでいいのかどうか、私は分からん。家族がバラバラになるのはあかんけど。
 最後にバナナを受け取るシーンとか、ストーリーを物語っているように感じました。「名前はマックス、お祖父ちゃんの名前」というレギーナのセリフにも家族の絆がある。

 やっぱり戦争あかんなぁ、日本人は差別に疎いほうやし、私は日本を出たことがないので差別を受けたことがないのですが、この映画はいくつもの「差別」が描かれています。こういうの好きな人にはオススメ。

 最初オカンむかつく、しかし終盤ヴォルターと交代する。
むかーしこの映画の予告を観たのを覚えてます。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.gaga.ne.jp/africa/

オフィシャル・サイト
http://www.nowhereinafrica.com/  (英語)

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//な行 | 06:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ナショナル・トレジャー

評価:
ジョン・タートルトーブ,ジェリー・ブラッカイマー
<<評価★★★:>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ジェリー・ブラッカイマープロデュースというので宣伝もでかかった記憶が新しいところ。

はなしはタイトルから大体読み取れますけどまとめると、テンプル騎士団が隠した財宝を探しているゲイツ家の末裔べン(ニコラス・ケイジ)。当初融資してたイアン(ショーン・ビーン)と意見が対立し、ふたつに分かれて謎を追い求めていくー。
キュートなダイアン・クルーガーも好みですが、ライリー役のジャスティン・バーサも今後活躍して欲しいなー、好みやしもっと映画でろという気持ち。


 てかニコラス・ケイジが好きではないのですよ、どうして主演はれるんだー、と。主演=ヒロインとくっつきますよね、それもまた納得できないところが。なぜかっていうと、この映画を見ていると「インディージョーンズ 最後の聖戦」が出てくるのは私だけですかね。そうするとニコラス・ケイジのところにハリソン・フォードが入ってきて、おいおいってなる。

ザ・ロック」は好きやけど。この映画はどうしても比べられる設定ばかりなんですが。比べたり、そういう考えを持つこと事態映画を見ることに対して間違ってるのか、わからんけどそう思いました。
 でもそう思うということは、昔の映画の良さが出てるってことなんですかね。やからいいよ、頑張っちゃえよ。やっぱりセットの質、CGとかはキレイなんですよね。眼鏡をかけた時に見えたところとか、美しいCGが時代を感じます。としたらFBIが出てくるあたり新しいものかも知れません。云えることはこの映画はアメリカ映画です。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.movies.co.jp/nationaltreasure/
オフィシャル・サイト
http://www.nationaltreasure.com/ (英語)


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


続きを読む >>
| //洋画//な行 | 02:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ネメシスゲーム

評価:
ジェシー・ワーン
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 全体的によくわからんかった。なぜなら最後に謎解きをしてくれてないからやと思う。
一番報われてないのは刑事のお父さんですね。娘も可愛くないし。
 面白い素材はいくつかあったのに、結末がなかったらある意味も分からん。これは脚本がそうなのか、続編がある設定でも怒られるやろ。




にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


続きを読む >>
| //洋画//な行 | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ