見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< けものがれ、俺らの猿と | main | ベイビートーク1.2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ダークナイト
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


おもしれー
普通におもしれー



暗黒の騎士

バットマン一本も観たことないので、バットマン流ヒーロー定義を初めて目の当たりにして惚れた。スパイダーマンより人間が出来ている。


 ヒース・レジャーなるジョーカーは映画の中で良いスパイスだった。画面が全体的に暗くて見にくいから色的に落ち着く、ナース服が似合う。
でもジョーカーなんだからもっとグロくて良い。もっと惨殺にしようR-15位で

ヒロインのきょとん顔のヤツ、モナリザスマイルでてた人?? 綺麗じゃないよ。最後まで台詞云わしたれよと思った。なんだその扱い。


良く分からんがゴッサムの街をバットマンが守る理由はどこにあるのですか、
てかモーガン・フリーマンはバットマンから離れたの?? あかんよモーガンはそんな人じゃない

音楽がかっこ良い。どーん!っていうのが。弦バが重なっていて厚く音が動くところがかっこ良い。

150分あるー。ジョーカーが一回捕まった時に話が終わったかに見えて、実はまだある。ゴッサムの街に危機は降り掛かる。150分でもおもろい。


しかし、やっぱりヒーローもんは好き。



【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://thedarkknight.warnerbros.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ダークナイト(2008)

THE DARK KNIGHT

メディア映画
上映時間152分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2008/08/09
ジャンルアクション/サスペンス/アドベンチャー

【クレジット】
監督:クリストファー・ノーラン
製作:チャールズ・ローヴェン

エマ・トーマス

クリストファー・ノーラン
製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー

マイケル・E・ウスラン

ケヴィン・デラノイ

トーマス・タル
キャラクター創造:ボブ・ケイン
原案:クリストファー・ノーラン

デヴィッド・S・ゴイヤー
脚本:ジョナサン・ノーラン

クリストファー・ノーラン
撮影:ウォーリー・フィスター
プロダクションデ
ザイン:
ネイサン・クロウリー
衣装デザイン:リンディ・ヘミング
編集:リー・スミス
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

ハンス・ジマー

出演:クリスチャン・ベイルブルース・ウェイン/バットマン

マイケル・ケインアルフレッド

ヒース・レジャージョーカー

ゲイリー・オールドマンゴードン警部補

アーロン・エッカートハービー・デント検事/トゥーフェイス

マギー・ギレンホールレイチェル・ドーズ

モーガン・フリーマンルーシャス・フォックス

エリック・ロバーツマローニ

ネスター・カーボネルゴッサム市長

モニーク・カーネンラミレス

ロン・ディーンワーツ

キリアン・マーフィスケアクロウ

チン・ハンラウ

リッチー・コスターチェチェン

アンソニー・マイケル・ホールマイク・エンゲル

キース・ザラバッカスティーヴンス

コリン・マクファーレンギリアン・B・ローブ

ジョシュア・ハートコールマン・リース

メリンダ・マックグロウバーバラ・ゴードン

ネイサン・ギャンブルジェームズ・ゴードン・Jr

マイケル・ジェイ・ホワイトガンボル

ウィリアム・フィクトナー

マシュー・オニール

エディソン・チャン

マイケル・ストヤノフ
【解説】
  「メメント」「プレステージ」のクリストファー・ノーラン監督がクリスチャン・ベイルを主演に迎えて贈る新「バットマン」シリーズの「バットマン ビギンズ」に続く第2弾。狂気の悪“ジョーカー”の登場により自らの存在意義そのものを問い直されることになる闇のヒーロー、バットマンの心の葛藤と、正 義を守るための決死の戦いをリアルかつダークに描き出す。なお、そのジョーカーを圧倒的な存在感で怪演したヒース・レジャーは、本作撮影終了直後の 2008年1月に28歳の若さで惜しくもこの世を去った。
 ゴッサムシティでは、バットマンとゴードン警部補が手を組み、日々の犯罪に立ち向かっ ていた。だが、白塗りの顔に裂けた口の“ジョーカー”と名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのごとく次々と凶悪事件を引き 起こしていく。そんな中、新しく赴任した地方検事のハービー・デントは正義感に燃え、バットマンとも協力して犯罪の一掃を強力に進めていく。それでも凶行 の手を緩めず街を混乱に陥れるジョーカーは、いよいよバットマンたちを窮地に追い込むための謀略を開始するのだった。


 
| //洋画//た行 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 08:46 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック