見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 旅するジーンズと16歳の夏 | main | ナショナル・トレジャー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
猟人日記

評価:
デヴィッド・マッケンジー
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


1940年代後半のイギリス。ジョ−(ユアン・マクレガー)は貨物船の作業員として働いていた。ある日彼は女性の水死体を発見>し、船長のレズリー(ピーター・ミュラン)と共に死体を引き上げる。(シネマトゥデイ)

 どうも説明しにくいのでコピペ。
やっぱユアンのために借りたんですけど、これは邦題が最悪な映画ですね。R-18やからグロいんやぞーって借りさせようとしてるんやと思い込んだ、私は、そして猟人という言葉からグロと信じてた。じゃなくてエロのほうでした。
 というのを分かってると裏切られません。原題の通りの作品です。


 

 なんとなし船長の演技が良い気がした、ちょっと有名な人なんかな。
この映画は何とも、てかラスト忘れてる、主人公最後にどうなったんやろ。謎解きだけじゃなかったような;;まぁそんな映画です。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.sonyclassics.com/youngadam/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.elephant-picture.jp/ryojin-nikki/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


猟人日記(2003)

YOUNG ADAM

メディア映画
上映時間98分
製作国イギリス/フランス
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ=エレファント・ピクチャー)
初公開年月2005/02/26
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫R-18
冷たい空気には
女の温かいにおいがする

【クレジット】
監督:デヴィッド・マッケンジー
製作:ジェレミー・トーマス
製作総指揮:ロバート・ジョーンズ
原作:アレグザンダー・トロッキ

『ヤング・アダム』(河出書房新社刊)
脚本:デヴィッド・マッケンジー
撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
編集:コリン・モニー
音楽:デヴィッド・バーン
出演:ユアン・マクレガージョー・テイラー

ティルダ・スウィントンエラ

ピーター・ミュランレズリー

エミリー・モーティマーキャシー

ジャック・マケルホーン

テレーズ・ブラッドリー

ユアン・スチュワート

スチュワート・マッカリー

【解説】
  イギリスを代表するビートニク作家アレグザンダー・トロッキの伝説的ノワール小説『ヤング・アダム』を完全映画化。冷え冷えとした心を持つ青年が、若い女 の死体を引き上げたことを境に自らの欲望に突き動かされるかのように行動するさまを、抑えたトーンでスタイリッシュかつミステリアスに描く。主演は「ス ター・ウォーズ」シリーズ、「ビッグ・フィッシュ」のユアン・マクレガー、共演に「オルランド」「ザ・ビーチ」のティルダ・スウィントン。監督は新鋭デ ヴィッド・マッケンジー。
 1940年代の終わり。スコットランド・グラスゴーにあるクライド川を行き来する一隻の平底荷船。ここで雑役人として 住み込みで働く作家志望の青年ジョー・テイラー。ある朝、彼は若い女の死体を引き上げる。死体は警察に引き渡されたが、その日から、ジョーは船主レズリー の妻エラに対し、突如として激しい欲望を抱くようになるのだった。ジョーはエラを誘惑し、レズリーの目を盗んでは関係を持つようになる。その後、エラ以外 の女性とも次々と関係を結ぶジョー。そんな彼には、誰も知らない隠された過去があった。
 
| //洋画//ら行 | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 07:05 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック