見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< ユメ十夜 | main | ICHI >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ザ・マジックアワー
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 三谷監督はラヂオの時間が好きです。最近CSで流れていたのをまた観ました。今まで10回位観ていますが、好きな映画です。
何気に昔で好きな邦画あるのです。

ひとつはスーパーの女
今は亡き方ですが、声が好きです。柴咲コウ織田裕二が出ている県庁の星と云う映画は、パクリの駄作であると思ってしまう。

あとはShall we ダンス?
役所広司が電車から見上げるバレエ教室、窓に見えるマドンナ先生。夜中広場での練習。デスクの下でステップを踏み、トイレで気絶するハゲ。

長いスパンで何度も観ていて楽しい作品です。


さて、マジックアワーですが、佐藤浩市さんの演技が上手い。彼なしでは有り得ない。好きになりました。スキヤキ・ウエスタン ジャンゴではそんなに思わなかったのですが、格好いい。
綾瀬はるか可愛い。深津絵里さんが色々考えた。下手じゃないのに他に適役がいるのではと思うのです。
そして、寺島進さんが始終かわいい。脇役の方々が良かったです。

有頂天ホテルと違い、人をあまり使っていないほうが好きです。みんなのいえとかも面白いし。

TVで伊東四朗さんが、喜劇が一番難しいと云っていた。
笑いに来ている客を笑わすのが絶対条件の舞台、だからですかね。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.magic-hour.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ザ・マジックアワー(2008)

The Magic Hour

メディア映画
上映時間136分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2008/06/07
ジャンルコメディ
最後に笑うのは誰だ?

【クレジット】
監督:三谷幸喜
製作:亀山千広

島谷能成
プロデューサー:重岡由美子

前田久閑

和田倉和利
エグゼクティブプ
ロデューサー:
石原隆
企画:清水賢治

市川南
脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
美術:種田陽平
編集:上野聡一
音楽:荻野清子
VFXスーパーバ
イザー:
渡部彩子
VFXプロデュー
サー:
大屋哲男
スクリプター:甲斐哲子
ラインプロデュー
サー:
森賢正
衣裳デザイン:宇都宮いく子
照明:小野晃
装飾:田中宏
録音:瀬川徹夫
助監督:片島章三
ヘア・メイク:宮内三千代
出演:佐藤浩市村田大樹

妻夫木聡備後登

深津絵里高千穂マリ

綾瀬はるか鹿間夏子

西田敏行天塩幸之助

小日向文世長谷川謙十郎

寺島進黒川裕美

戸田恵子マダム蘭子

伊吹吾郎鹿間隆

浅野和之清水医師

市村萬次郎菅原虎真

柳澤愼一高瀬允

香川照之江洞潤

甲本雅裕太田垣直角

近藤芳正今野貴之介

梶原善西さん

阿南健治野島

榎木兵衛なべさん

堀部圭亮バンビ

山本耕史愚痴る男

市川亀治郎カメ

市川崑監督

香取慎吾

中井貴一磐田とおる

鈴木京香小夜子

谷原章介ニコ

寺脇康文ワンチャイ・バンダラビカル

天海祐希喪服の女

唐沢寿明ゆべし

【解説】
  「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エンタテインメント・コメディ。とある港町を舞台に、映画撮影と思い込み本物のギャング相手に幻の殺し屋を嬉々と して演じる無名の三流役者と、彼を騙し通して人生最大のピンチを切り抜けようとするしがないホテル支配人の男が繰り広げる大騒動を実力派キャスト陣の豪華 アンサンブルで描き出す。出演は佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行。
 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マ リに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天塩に捕まり絶体絶命となってしまう。助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻 の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。条件を飲んだ備後だったが、そう簡単に見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。そこ で備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋“デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだった が…。

|  邦画―ま行 | 21:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:10 | - | - | - | このページのトップへ
 初めまして。

 WOWOWで録っておいたのを、さっき観ました。

 思っていた以上に良かったです。
まさかの伊吹吾郎さんにやられました。
あの真摯に演じている彼が・・・実は一番おもしろかったです。

 
| かおり | 2009/05/23 12:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック