見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 海外ドラマまとめて紹介 | main | ぐるりのこと。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
トランスフォーマー/リベンジ
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

人生初、映画を一人で観て参りました。
しかもトランスフォーマーなんぞ男臭い映画でございます。本当はターミネーター4が観たかったのですが、良い具合のがなく。
それにしても映画に1800円てクソ高い気がするのですが、そんなに払いたくね-のです。学生と云う装備がなくなり暫くギャップにヤキモキ致しそうであります。


知らずして結果的には、レイトショーの自由席やったのですが、結局ホットドックとアイスコーヒーで2000円。



Ξ切り替えΞ

1はDVDで観ましたが、確かレビューあります。結構好きなのです。だから観たいなぁと思っておったのですが、
ポスターを視て私が「あ!トランスフォーマーや-。」と云い、
友達が「あ〜おもんないヤツ。」と云い。いみじくも絶たれた我が思想でございます。それもまた良い思い出。

そして初めて一人で観に行った映画。良い思い出ばかりでございます。

なぜ良い映画だと云えるか、内容も良かったからですね。劇場で観たからでありましょうか、1よりグレードアップしてるように感じました。


彼女が小振りなセクシーで好きです。オプティマスかっこよす。倒れた時泣いたし。バンバルブーとかふざけた名前のヤツ、出番少なかったのが残念。
エンドロールで流れてたロック聴いたことある声だったのが気になる。


続編あるみたい。楽しみね。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.transformersmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.tf-revenge.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

トランスフォーマー/リベンジ(2009)

TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN

メディア映画
上映時間150分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2009/06/20
ジャンルアクション/SF
新たなるトランスフォーム<変身>は
リベンジから始まる!

【クレジット】
監督:マイケル・ベイ
製作:ドン・マーフィ

トム・デサント

ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ

イアン・ブライス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ

マイケル・ベイ

ブライアン・ゴールドナー

マーク・ヴァーラディアン
脚本:アーレン・クルーガー

ロベルト・オーチー

アレックス・カーツマン
撮影:ベン・セレシン
プロダクションデ
ザイン:
ナイジェル・フェルプス
衣装デザイン:デボラ・L・スコット
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー
出演:シャイア・ラブーフサム・ウィトウィッキー

ミーガン・フォックスミカエラ

ジョシュ・デュアメルレノックス

タイリース・ギブソンエップス

ジョン・タートゥーロシモンズ捜査官

レイン・ウィルソン

イザベル・ルーカス

アメリカ・オリーヴォ

マシュー・マースデン

サマンサ・スミス

グレン・モーシャワー

ケヴィン・ダン

ジュリー・ホワイト

ジャレブ・ドープレイズ

ジョン・ベンジャミン・ヒッキー

【解説】
  スティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイの初タッグで大ヒットを放ったSFアクションの続編。前作のスタッフ・キャストが再結集、主人公を守る金属生 命体の集団オートボットに敗北した悪の一味ディセプティコンが復讐のため新たな仲間と共に再び地球へ襲来し、世界規模に展開していく壮絶な戦いを、さらに スケールアップした驚異のビジュアルで描く。主演は引き続き「イーグル・アイ」のシャイア・ラブーフ。
 金属生命体トランスフォーマーの正義の集 団オートボットと悪の集団ディセプティコンの激闘から2年。その渦中に巻き込まれたサムも大学生となり、親元を離れるばかりか恋人ミカエラともしばし離れ ばなれでキャンパス・ライフを始めることに。一方、米政府は金属生命体の極秘研究機関だったセクター7を解体、レノックスをはじめディセプティコンと戦っ た兵士たちを集め、オートボットと連係しながら世界に散らばるディセプティコンを掃討する精鋭部隊“NEST”が組織されていた。そんなある日、サムは、 あらゆる金属物をトランスフォーマー化するパワーを持ち、トランスフォーマー同士の争いの元となった“キューブ”のかけらを発見する。この時サムの体には キューブからある“情報”が刷り込まれ、以来たびたび脳裏に浮かぶ幻覚の中でトランスフォーマーと人類の浅からぬ因縁を知ってしまい、図らずも再びトラン スフォーマーの戦いに身を投じていくこととなるのだが…。

| //洋画//た行 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック