見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 魍魎の匣 | main | ジプシー・キャラバン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
つぐない
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

そっちかー!
っていう感じやったんですね。つぐないって云う意味が。
可哀想だなー。少女も恋をしてたんだろうね。うーん、つぐない。

結構好きー。マカヴォイってずるい顔です。
キーラの背中美。というか綺麗にセクシーに撮っています。愛が感じられます。
写真はないですが、緑のドレスが好きです。


まとまっていて映像的にも綺麗で丁寧。良い映画。
脇も良い役者が埋めてます。意外にお金掛かっているでんでしょう。あまり日本では有名になりそうではありませんが、残ってほしい作品です。



このカット印象的。シーンは分からんが観る前にどっかでダウンロードしたのを憶えてます。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.atonementthemovie.co.uk/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.tsugunai.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

つぐない(2007)

ATONEMENT

メディア映画
上映時間123分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2008/04/12
ジャンルドラマ/戦争/ロマンス
映倫PG-12
一生をかけて償わなければならない罪があった。
命をかけて信じ合う恋人たちがいた。

【クレジット】
監督:ジョー・ライト
製作:ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー

ポール・ウェブスター
製作総指揮:ロバート・フォックス
原作:イアン・マキューアン

『贖罪』(新潮社刊)
脚本:クリストファー・ハンプトン
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
プロダクションデ
ザイン:
サラ・グリーンウッド
衣装デザイン:ジャクリーン・デュラン
編集:ポール・トシル
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:キーラ・ナイトレイセシーリア・タリス

ジェームズ・マカヴォイロビー・ターナー

シアーシャ・ローナンブライオニー・タリス(13歳)

ロモーラ・ガライブライオニー・タリス(18歳)

ヴァネッサ・レッドグレーヴブライオニー・タリス(老年)

ブレンダ・ブレシングレイス・ターナー

パトリック・ケネディリーオン・タリス

ベネディクト・カンバーバッチポール・マーシャル

ジュノー・テンプルローラ・クィンシー

ピーター・ワイト警官

ハリエット・ウォルターエミリー・タリス

ミシェル・ダンカンフィオナ・マグワイア

ジーナ・マッキーシスター・ドラモンド

ダニエル・メイズトミー・ネットル

ノンソー・アノジーフランク・メイス

アンソニー・ミンゲラインタビュアー

【解説】
  英国を代表する作家の一人、イアン・マキューアンの傑作『贖罪』を、「プライドと偏見」のジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演で映画化した衝撃と 感動の大河ロマンス。小説家を夢見る多感な13歳の少女が、無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれてしまった愛する一組の男女が辿る過酷な運 命の行方と、自らの罪を一生をかけてあがなおうと決意した少女の贖罪の人生が力強いタッチで描かれていく。共演は「ナルニア国物語」のジェームズ・マカ ヴォイ、「ジュリア」のヴァネッサ・レッドグレーヴ、そして新人シアーシャ・ローナン。
 1935年、夏のイングランド。政府官僚ジャック・タリ スの屋敷では、小説家を夢見る末娘のブライオニーが休暇で帰省する兄とその友人を自作の劇で歓待しようと準備に追われていた。一方、大学卒業後の身の振り 方が定まらず鬱屈した日々の姉セシーリアは、ある出来事をきっかけに使用人の息子ロビーへの愛を自覚する。ところが、ロビーにほのかな想いを抱いていたブ ライオニーは、小さな行き違いの積み重ねと嫉妬心から姉とロビーの関係を誤解してしまう。そんな時、タリス家に預けられていた15歳の従姉妹ローラが敷地 内で強姦されるという事件が起きる。現場を目撃したブライオニーは、ロビーが犯人だと告発、彼は無実を証明することも出来ず警察に連行されていく。4年 後、ロビーは戦場の最前線に一兵卒として送られ、セシーリアはそんなロビーとの再会を信じて、彼への手紙をしたため続けていた…。

| //洋画//た行 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 18:22 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック