見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< WANTED | main | 007/慰めの報酬 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ファニーゲームU.S.A.

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

トリプルエス!!!!!!
SSS!!!!!!
(サディスティック・ショッキング・サスペンス)!

 もっとグロイと思っていたら、PG-12つまりグロくなかった。悲しい。予告はとてもグロそうだったのに。

マイケル・ピットの映画意外と観てた。完全犯罪クラブサラ、いつわりの祈りヴィレッジヘドウィグ・アンド・アングリーインチ小説家を見つけたら

曲者キャラでございますよねピット氏は。唇が好きです。
この映画を観てて体のラインが意外と細かったのが発見。スタイル良いんですね。
白い服の悪者は小気味良い。白はヒーローの色じゃない、目立つ色なだけです。そして血が映える。


 海の上のピアニストが大好きで、ティム・ロスの鬼素晴らしい弾き真似に一目置いている私ですが、今作その演技が光っていたかは謎です。いや、光ってる、光ってるね。
ナオミ・ワッツと二人ですごい目をしている。良いやつれ加減です。良いキャストたち。

子供異常にムカつく顔してるのが面白い。
運のないファミリーですが、結構ムカつくところある人たちでした。因みにリメイク前のは昔OPだけ観たことあります。音楽がうるさかったので途中で辞めたのと、車でクラシックの聴かし合いっこをしている夫婦がすごくムカついた記憶があります。

 こう云う話には、善い人たちにハッピーエンドは望んでいない自分に気が付きました。
暴力シーンがないのに暴力映画なんですね。難しい。フラストレーションが残っているのにすごいと思ってしまう。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.funnygame-usa.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ファニーゲーム U.S.A.(2007)

FUNNY GAMES U.S.

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東京テアトル)
初公開年月2008/12/20
ジャンルサスペンス/ホラー
映倫PG-12
禁じられた遊び。

【クレジット】
監督:ミヒャエル・ハネケ
製作:ヘンガメ・パナヒ

クリスティアン・バウテ

アンドロ・スタインボーン

クリス・コーエン

ハミッシュ・マカルパイン
製作総指揮:ナオミ・ワッツ

フィリップ・エイグル

キャロル・シラー

ダグラス・スタイナー
脚本:ミヒャエル・ハネケ
撮影:ダリウス・コンジ
プロダクションデ
ザイン:
ケヴィン・トンプソン
衣装デザイン:デヴィッド・ロビンソン
編集:モニカ・ヴィッリ
出演:ナオミ・ワッツアン

ティム・ロスジョージ

マイケル・ピットポール

ブラディ・コーベットピーター

デヴォン・ギアハートジョージ

ボイド・ゲインズ

シオバン・ファロン・ホーガン

ロバート・ルポーネ

スザーヌ・C・ハンケ

リンダ・モラン

【解説】
 平和な家族を突然襲う不条理な暴力を挑発的に描いた鬼才ミヒャエル・ハネケ監督による衝撃の問題作を、主演にナオミ・ワッツを据えて監督自らがハリウッドでリメイク。共演は「海の上のピアニスト」のティム・ロス。
  ファーバー一家は、夫ジョージと妻アン、そして一人息子の3人家族。穏やかな夏の日、彼らは家族水入らずでバカンスを過ごすため、湖の別荘へとやって来 た。さっそくアンが夕食の準備に取り掛かったところ、気の良さそうな青年が玄関先に現われる。隣の者だという彼は、卵を分けて欲しいと丁重な態度で申し出 る。アンはためらいもなくドアを開け、青年に卵を分け与えようとするが…。


| //洋画//は行 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック