見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< ファニーゲームU.S.A. | main | 闇の子供たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
007/慰めの報酬
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 タイトルから分かり易い内容だった。
復讐は醜い。くそーボンドが格好悪かった。変わらず格好良いんだけれども、格好悪いのよ。



 どうして何もかもイカしてるんだろうか。すごいのやっぱり007は。
ラストの炎なんてものはベッタベタなのに、良い具合に引くとこあったりして、大作映画のプレッシャーを感じながらプロが仕事しているんだろうね。
ボンドガールは難しい。2009のミス・ユニバース予想しながら視てたら全然違うのだものね。そこでどこかの代表の方が云ってたけど、女性は美しいです。と、だからボンドガールは全て美しいです。

OPは前作より更にグラフィカルで可愛らしくて音楽が激ハマった。
'Another way to die'


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.007.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/quantumofsolace/

007/慰めの報酬(2008)

QUANTUM OF SOLACE

メディア映画
上映時間106分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2009/01/24
ジャンルアクション/サスペンス

【クレジット】
監督:マーク・フォースター
製作:マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ
製作総指揮:カラム・マクドゥガル

アンソニー・ウェイ
原作:イアン・フレミング
脚本:ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド

ポール・ハギス
撮影:ロベルト・シェイファー
プロダクションデ
ザイン:
デニス・ガスナー
衣装デザイン:ルイーズ・フログリー
編集:マット・チェシー

リチャード・ピアソン
音楽:デヴィッド・アーノルド
テーマ曲:モンティ・ノーマン

(ジェームズ・ボンドのテーマ)
主題歌:アリシア・キーズ

ジャック・ホワイト
出演:ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド

オルガ・キュリレンコカミーユ

マチュー・アマルリックドミニク・グリーン

ジュディ・デンチ

ジェフリー・ライトフィリックス・レイター

ジェマ・アータートンフィールズ

イェスパー・クリステンセンミスター・ホワイト

デヴィッド・ハーバービーム

アナトール・トーブマンエルヴィス

ロシー・キニアタナー

ジャンカルロ・ジャンニーニマティス

ホアキン・コシオメドラーノ将軍

グレン・フォスターミッチェル

フェルナンド・ギーエン・クエルボカルロス大佐

スタナ・カティック

ニール・ジャクソン

【解説】
  前作「カジノ・ロワイヤル」に引き続きダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役に扮した人気サスペンス・アクションのシリーズ第22作。本作は「カジ ノ・ロワイヤル」エンディングの1時間後から始まるというシリーズ中異例の続編。初めて運命を感じた女性を失い復讐心に駆られたボンドが、諜報員である自 らの使命との間で揺れながら闇の組織へ立ち向かう姿をリアリスティックに描く。監督はこれが初のアクション作品演出となる「チョコレート」「ネバーラン ド」のマーク・フォースター。
 何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操っていたミスター・ホワイトを捕 らえ、真相を究明すべく尋問する。そして、彼の背後には世界中の有力者や諜報機関をも取り込む巨大な組織が存在していることを知るのだった。その調査のた め、まずハイチに向かったボンドは、そこでカミーユという謎めいた女性と出会う。さらに彼女を通じ、組織の幹部ドミニク・グリーンを突き止めるボンド。グ リーンの表の顔は、環境保護のため土地を買収する慈善団体“グリーン・プラネット”のCEO。だがその裏では、ボリビアの土地に眠る貴重な天然資源の独占 を目論み、それを機に世界支配を企んでいた。上司Mから、グリーンの陰謀を阻止する任務を私情を挟まず遂行せよ、と念を押されるボンド。ところが、カミー ユも実はグリーンと共謀するボリビアの将校に愛する家族を殺され、復讐の機会を窺っていると知ったボンドは、彼女と共にグリーン打倒へ奔走していく。


| //洋画//1~ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック