見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 小さな恋のメロディ | main | GOEMON >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
私の中のあなた
評価:
ジョディ・ピコー

<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 映画館で感動系を観たことなかったので、実験です。
上映時にやっていた予告で泣きそうになったやつがあったのですが、忘れました。
朝のニュースの短い紹介で何となくヒューマンだと踏んで、予告やあらすじ、レビュー等を観ないようにしてレイトショー100円のホットコーヒーのサービスの中鑑賞。

 涙ぐみ過ぎて目頭に堪ったのが涙になるという状態でした。あんまり先を考えずに感情移入して観ることがヒューマン映画の醍醐味ですね。


 キャメロン・ディアスの演技はイン・ハー・シューズを観た時に、自分の中で印象が残っていたのが、今作を観てそれが確信になりました。彼女の演技は本気だよー。好きです。
ラストのケイトとのシーンなんで外すことなく泣く。このタイミングー!そこしかない!

アナの性格好きです。難しいテーマでありましたが、良い家族でした。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.mysisterskeepermovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://watashino.gyao.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

私の中のあなた(2009)

MY SISTER'S KEEPER

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2009/10/09
ジャンルドラマ
もう姉のドナーにはならない。

両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。
しかし、その決断には
ある理由があった──。

【クレジット】
監督:ニック・カサヴェテス
製作:マーク・ジョンソン

チャック・パチェコ

スコット・L・ゴールドマン
製作総指揮:ダイアナ・ポコーニイ

スティーヴン・ファースト

メンデル・トロッパー

トビー・エメリッヒ

メリデス・フィン

マーク・カウフマン
原作:ジョディ・ピコー

『わたしのなかのあなた』(早川書房刊)
脚本:ジェレミー・レヴェン

ニック・カサヴェテス
撮影:キャレブ・デシャネル
プロダクションデ
ザイン:
ジョン・ハットマン
衣装デザイン:シェイ・カンリフ
編集:アラン・ハイム

ジム・フリン
音楽:アーロン・ジグマン
出演:キャメロン・ディアスサラ・フィッツジェラルド

アビゲイル・ブレスリンアナ・フィッツジェラルド

アレック・ボールドウィンキャンベル・アレグザンダー

ジェイソン・パトリックブライアン・フィッツジェラルド

ソフィア・ヴァジリーヴァケイト・フィッツジェラルド

ジョーン・キューザックデ・サルヴォ判事

トーマス・デッカーテイラー・アンブローズ

ヘザー・ウォールクィストケリーおばさん

エヴァン・エリングソンジェシー・フィッツジェラルド

デヴィッド・ソーントンドクター・チャンス

ブレンダン・ベイリー

エミリー・デシャネル

マット・バリー

アニー・ウッド

マーク・M・ジョンソン

【解説】
  ジョディ・ピコーの世界的ベストセラー小説『わたしのなかのあなた』をキャメロン・ディアス主演で映画化した感動の家族ドラマ。白血病の姉を救うドナーと なるべく遺伝子操作で生まれてきた少女が、ある決意を胸にもう姉のドナーにはならないと両親を訴えたことから崩壊の危機に直面した家族のそれぞれの心の葛 藤とその行方を切なくも優しい眼差しで描き出す。共演に「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「ジョンQ-最後の決断-」「き みに読む物語」のニック・カサヴェテス。
 サラとブライアンのフィッツジェラルド夫妻は長男ジェシー、長女ケイトとの4人家族で幸せに暮らしてい た。しかし、ケイトが2歳の時、白血病に冒されているが発覚する。そこで両親は未来ある娘の生命を救うため、遺伝子操作によってドナーにぴったりの新たな 子供を“創る”ことを決断する。こうして生まれてきた次女アナは、幼い頃からケイトの治療のために何度も手術台に上がり、過酷な犠牲を払ってきた。ところ がある日突然、11歳のアナは自ら弁護士を雇い、大好きな姉ケイトへの腎臓の提供を拒んで両親を訴えるという驚くべき行動に出る。ケイトを助けることが人 生の全てとなっていたサラは、アナの思いがけない決断に激しく動揺し激怒する。そしてついに、愛し合う親子は、法廷の場で対決することになってしまうの だったが…。


| //洋画//わ行 | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 01:48 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック