見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< THIS IS IT | main | 食人帝国 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
幸せのレシピ
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


麗しのキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、頑固な敏腕料理長役。
真面目で頑固な彼女は難癖つける客とも真っ向勝負。そんな彼女にオーナーは辟易しているんですけどね。

 お料理の世界ってこんなにセクシーに感じるのかと云う発見。
それはキャサリンが演じるからでしょうか。ファンである私にはそれもあるけれど、アーロン・エッカートが演ずるニックがぐいぐいとケイトに近づいて行くんだよ。それはもう息がかかるほど。それはもう変態じみているほど。

陽気すぎると人は変だけれどね、ニックが一途なこと。しかし、大人な駆け引きもあったりする。

ものの5分で姪にあたるゾーイと引き合うんですが、私の中のあなた幸せの1ページ、ドラマではゴースト〜天国からのささやき〜にも出演している名子役のアビゲイル・ブレスリン

あーかわいい。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://noreservationsmovie.warnerbros.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/noreservations/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

幸せのレシピ(2007)

NO RESERVATIONS

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2007/09/29
ジャンルドラマ/ロマンス/コメディ
一生懸命もいいけど、
ちょっとのさじ加減で
違う何かが見つかるかも。

【クレジット】
監督:スコット・ヒックス
製作:ケリー・ヘイセン

セルヒオ・アゲーロ
製作総指揮:スーザン・カートソニス

ブルース・バーマン
脚本:キャロル・フックス
オリジナル脚本:サンドラ・ネットルベック
撮影:スチュアート・ドライバーグ
プロダクションデ
ザイン:
バーバラ・リング
衣装デザイン:メリッサ・トス
編集:ピップ・カーメル
音楽:フィリップ・グラス
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズケイト・アームストロング

アーロン・エッカートニック・パーマー

アビゲイル・ブレスリンゾーイ

パトリシア・クラークソンポーラ

ボブ・バラバンセラピスト

ブライアン・F・オバーン

ジェニー・ウェイド

セリア・ウェストン

ジョン・マクマーティン

マシュー・ローチ

リリー・レーブ

【解説】
  評判を呼んだ2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」をキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演でリメイクしたハートフル・ラブコメディ。料理の腕は一流 だが、人付き合いが下手なヒロインが、図らずも直面した新たな人間関係の中で次第に頑なな心を解きほぐしていく姿を描く。共演は「サンキュー・スモーキン グ」のアーロン・エッカートと「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「アトランティスのこころ」のスコット・ヒックス。
  ニューヨークでも1、2の人気を誇るマンハッタンの高級レストラン“22ブリーカー”。そんな店の評判を支えているのが、超一流の腕前と妥協のない仕事ぶ りで知られる女料理長のケイト。しかし、完璧主義が過ぎて独善的なところもあり、時には客と喧嘩してしまうことも。そんなある日、たった一人の肉親だった 姉が事故で亡くなり、ケイトは遺された9歳の姪ゾーイを引き取り一緒に暮らすことに。子どもとの接し方が分からず、なかなか心を開いてくれないゾーイに苦 悩するケイト。おまけに、仕事場には彼女の知らないうちに陽気なシェフ、ニックが副料理長として新たに加わり、彼女の聖域を自由奔放に侵し始め、ケイトの 苛立ちは募るばかりだったが…。


 
| //洋画//さ行 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:54 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック