見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< プラダを着た悪魔 | main | 幸せのポートレート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
舞妓Haaaan!!!
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 これはおもろいけど脱線に脱線を重ねた結果こうなった、的なはなし。ひとつの問題を解決せず挑戦していくと、結局ふりだしにもどる。というはなしとして受け取った。
 学ランが通用するサダヲすごすぎ、ええわー、これは役者やわ。歌って踊れるしあのハイテンションやべーね。最高。

 20歳までしか舞妓の学校へはいけないという設定とか、話が飛躍していくので、どうでもよくなって、しかし最後これかいて思った。10分か20分終盤カットしてもうちょっと精神的なほうへ持っていくか、役者に時間与えてあげてほしかった。

映画としてのテンションが下降していったような。最初の掲示板のやり取りとか、サダヲちゃんすごすぎ、堤さんもさすがってところで好きなシーン。
確かにドラマやったらごっつ視聴率とれると踏んだ。舞妓に対する愛情は誰もしも持ってるけど、尊敬する位もってる主人公。思ったのは駒子ちゃんと堤さんにスポットがいっているような、あんなに頑張ってるのにね、サダヲさん。


 あと柴崎コウの役も不安定やった。脚本読んだらわかるんかもやけど。グループ魂とのコラボはナイス。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.maikohaaaan.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


舞妓 Haaaan!!!(2007)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2007/06/16
ジャンルコメディ
京都は日本の宝どす。

【クレジット】
監督:水田伸生
製作:島谷能成

細野義朗

西垣慎一郎

平井文宏

大月昇

長坂まき子

若杉正明
プロデューサー:飯沼伸之

久保理茎
エグゼクティブプ
ロデューサー:
奥田誠治
製作総指揮:三浦姫
協力プロデューサ
ー:
赤羽根敏男
脚本:宮藤官九郎
撮影:藤石修
美術:清水剛
衣装デザイン:伊藤佐智子
編集:平澤政吾
音楽:岩代太郎
主題歌:グループ魂

『お・ま・え ローテンションガール』

柴咲コウ
VFXスーパーバ
イザー:
小田一生
照明:長田達也
装飾:秋田谷宣博
録音:鶴巻仁
助監督:蔵方政俊
監督補:相沢淳
出演:阿部サダヲ鬼塚公彦

堤真一内藤貴一郎

柴咲コウ大沢富士子(駒富士)

小出早織駒子

京野ことみ小梅

酒井若菜豆福

キムラ緑子良江

大倉孝二大下

生瀬勝久先崎部長

山田孝之修学旅行生

須賀健太カメラ小僧

Mr.オクレ老社員

日村勇紀カメラ小僧

(バナナマン)

北村一輝医師

植木等斉藤老人

(特別出演)

木場勝己玄太

真矢みきこまつ

吉行和子さつき

伊東四朗鈴木大海
【解説】
  人気脚本家のクドカンこと宮藤官九郎が“舞妓”の世界を舞台に書き下ろしたオリジナル脚本で華麗に贈るドタバタ・コメディ。“憧れの舞妓はんと野球拳を” と夢見る一人のサラリーマンをめぐって繰り広げられる奇想天外な物語が、予測不能かつノンストップで展開していく。監督はTV「ぼくの魔法使い」でも宮藤 脚本を手掛けた「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」の水田伸生。出演はこれが映画初主演となる個性派俳優、阿部サダヲ。共演に堤真一と柴咲コウ。
  鈴屋食品の東京本社に勤務する平凡なサラリーマン、鬼塚公彦。彼は高校時代に修学旅行先の京都で舞妓に出会って以来、熱狂的な舞妓ファンとなり、いつかは “舞妓はんとの野球拳”という究極の夢を抱いていた。まだ“お茶屋”で舞妓と遊んだことがない公彦だったが、念願の京都支社への転勤が決まり、同僚OLの 彼女、大沢富士子をあっさりと捨てて京都入り。はじめは“一見さんお断り”の壁に跳ね返されるものの、お茶屋の常連だった社長から“仕事で結果を出せば連 れて行ってやる”と言われ、しゃかりきに働き、ついにお茶屋デビューを果たす。そして公彦は、いよいよ念願だった舞妓との野球拳を実現しようとするのだ が…。
|  邦画―ま行 | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 06:32 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック