見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜 | main | 2009年/観た映画まとめバトン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
コックと泥棒、その妻と愛人
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

OPに「Peter Greenaway」の文字が現れ、ピーター・グリー・・・ピーター・グリーナウェイ。グロいんだな、と云う或る意味覚悟に近い心構えを持った。そのすぐ後に「Tim Ross」の名前を視て、古い映画なのに少しでも知っている俳優が出ていることにテンションあがりました。なにせ生まれた頃の映画なだもんで。

 あらすじはあまり必要としない作品です。そのわけはタイトルの通り、コックと泥棒、その妻と愛人の話だから。

始まりから男が暴行されるのですが、その後に横にある厨房へ平行にカメラが動き、だだっ広い厨房の中で調理するコックが規則的に働き、なぜかその中につんざく様に響くソプラノの聖歌を歌う見習いの少年がおり、最後にレストランの中で泥棒たちが食事をするテーブルに辿り着きます。所謂「長回し」がひたすらに長い。とっても贅沢にセットを作っているから出来ることなんだけどね。グリーナウェイのセットは縦にも長い。

 泥棒たちが囲むテーブルには、何でも下品に話すボスである泥棒が真ん中にいる。その隣にいつもファッションショーな衣装で座っているのが妻。他のテーブルで一人本を読みながら静かに食事をしているのが、後の愛人。コックは最初のその他大勢とでも云うべきか。

汚く料理を食べる泥棒一行に「ちょっとトイレに・・・」と妻が云えば、計ったように愛人は立ち上がり彼女を追って化粧室や厨房にも入って行く。
レストランの赤から厨房のグリーンへ、縺れるように愛人と妻が移動すれば、同じく衣装も赤からグリーンへ変わる。レストランから化粧室へ行けば衣装は白に。見間違いかと思った変化は実際に起きている。

 細部に凝らされた美への追求、この監督の作品は綺麗だ。

誰がなんと云おうが綺麗だと断言致したいとろこです。グロくないと云えば嘘になるのですが、平気な方は是非観て頂きたい作品です。綺麗なグロテスクを知らないなんて勿体ない・・・。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

コックと泥棒、その妻と愛人(1989)

THE COOK, THE THIEF, HIS WIFE & HER LOVER

メディア映画
上映時間124分
製作国イギリス/フランス
公開情報劇場公開(ヘラルド・エース=ヘラルド)
初公開年月1990/08/
ジャンルドラマ
欲望を召し上がれ。

【クレジット】
監督:ピーター・グリーナウェイ
製作:キース・カサンダー
脚本:ピーター・グリーナウェイ
撮影:サッシャ・ヴィエルニ
プロダクションデ
ザイン:
ベン・ヴァン・オズ

ヤン・ロールフス
衣装デザイン:ジャン=ポール・ゴルチエ
音楽:マイケル・ナイマン
出演:リシャール・ボーランジェ

マイケル・ガンボン

ヘレン・ミレン

アラン・ハワード

ティム・ロス

シアラン・ハインズ

ゲイリー・オルセン

【解説】
 グリーナウェイの名を一躍 メジャーに押し上げた作品。夜の闇の中、悠然と輝きを放つ高級フランス料理店“ル・オランデーズ”。ここではゴシックの食卓画を思わせる絢爛たる厨房で、 腕によりをかけたコック達が作る料理が毎夜テーブルに並べられていた。この店の一番の顧客は泥棒のアルバートとその美しい妻ジョージーナの一行。自分の社 会的ステータスを人に認めさせたいが為に、アルバートは盗んだ金で贅沢三昧、所かまわず乱行を働く傍若無人ぶりを発揮していた。ジョージーナはそんな夫の 卑しさにうんざりしながらも、彼の残忍な性格を知り抜いており、恐ろしさの余り逃げだす事も出来ずに日々を持て余していた。そんなある日、彼女の目に一人 の男性の姿が写る。常連客の学者、マイケルである。食事に同伴するのはいつも一冊の本。孤独だが知的、穏やかな物腰の彼にジョージーナはたちまち魅せられ てしまう。そして二人は示し合わせたかのように化粧室のコンパートメントへ向かうのだが……。
 本作は「ZOO」以来グリーナウェイの世界に一貫 している、美しい毒に満ちたブラックなユーモアセンス、衣装や装飾美術で表現されているネーデルランド・バロック美術への傾倒は、勿論映画全編至る所に見 て取れるが、他の作品と違うのは“色彩”である。駐車場での濃いブルー、厨房のグリーン、レストランの赤、化粧室の白といった具合にその色彩が部屋ごとに 変わる。そして登場人物の衣装も、その部屋を移動する度に部屋の色彩に合わせて変化してゆく。これは、彼が作中のテーマである、食欲・性欲・名誉欲といっ たものに加え暴力・死といったものをその“色彩”で表現しているからに他ならない。この作品は、グリーナウェイの映画が苦手な人でも比較的入りやすい作品 であると同時に、人間の持つあらゆる“欲”といったものがいかに醜いかといったことを、絢爛豪華な美術、独特のユーモアセンスで描いた、彼の作品群の中で も「ベイビー・オブ・マコン」と並んで3本の指に入る傑作だ。また本作でも彼の作品には欠く事の出来ない、マイケル・ナイマンが音楽を担当し、映像との相 乗効果を高めているのは勿論、この頃はまだ余り名の知られていなかったティム・ロスが作中の泥棒一味の子分役で出ているのもまた一興である。
| //洋画//か行 | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 05:57 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック