見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< ヤッターマン | main | 人喰殺人鬼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
AVATAR
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 3Dで観たほうが良い!との数々の意見を目にしたので、結構前に観に行った。3Dにも色々あると後で知って、メガネはreal D 3Dとか云う結果的にあんまり良くないやつだった。IMAXとか云うやつが良いらしい。そいつで観るには京都まで行かなあかんだろうね。

 そもそも、3Dと云えばUSJのイメージがあったから、手前のものが浮き出てきて楽しいんだろうと思っていたら、案外バックのほうに使われていて、奥行きや背景に世界観の重厚さが漂っていた。ジェームズ・キャメロン監督がそんな単純な人ではないだろうから、逆に納得。
関係ないけど、除菌のために水が撒かれているらしく、劇場内が寒かった。なくすか温度をあげて欲しかった。


綺麗だよー。
連れはどう云う撮影方法なのか、相当不思議がっていたのですが。私もDVDで撮影風景や特殊技法を観たいと思う。

 話と云うのが、22世紀の惑星パンドラを舞台に、足を負傷し車いす生活を送る元軍人のジェイクが、一卵性双生児の兄が亡くなり同じDNAを持つ理由で、兄に代わり"アバター・プロジェクト"に参加することから始まる。
地球人がパンドラに固執する理由は、希少価値のある鉱石があるからだ。しかし、そこに住む先住民族ナヴィとの間でこう着状態が続き、その状況を打開すべく人間とナヴィのDNAを掛け合わせて作ったのが"アバター"である。意識をリンクさせ遠隔操作でアバターを使い、パンドラに足を踏み入れるジェイクだったが、ナヴィに関わる中でプロジェクトとナヴィ族の間で板挟みになるー。

 調べるによると、ベトナム戦争・イラク戦争のアメリカを風刺しているらしいが、それよりアメリカ大陸と云えばナポレオンのインディアン侵略のほうが、イメージを持ってる人も多い。どうせそんなもんの繰り返しだと思うのですが、風刺が美徳にならず、しっかりメッセージを放っている。

 3D初めてだったのですが、162分の長丁場はあまり気にならず、見終わって時計を視3時間近くあったことを知った。こう云うのは慣れたら平気ってやつだら、早く順応するべく無心に観てました。


ひとりひとりのハッピーエンドと云うかラストが(云っていいのかな?駄目だったらゴメンね)があるし、描き方もダイナミックで森が焼けていく演出は本格的で、いつまで続くんだと云う気持ちになる。警鐘を鳴らしながらも、強い希望を残す映画だし、設定も細かいところが最後に結びつく展開は飽きさせない。


 私的にシガニー・ウィーバーが軍人じゃなくて科学者!って思ってましたよ。変わらず格好良い女性です。大佐のスティーヴン・ラングはいつも適役の面構え。
バイオ・ハザードS.W.A.T.ミシェル・ロドリゲスってすごく可愛い人なんだね。
いつも男勝りだけど、すごく人間味のある役どころが好きです。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.avatarmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/avatar/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

アバター(2009)

AVATAR

メディア映画
上映時間162分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2009/12/23
ジャンルSF/アドベンチャー/アクション
観るのではない。そこにいるのだ。

もうひとつの体。もうひとつの運命。

【クレジット】
監督:ジェームズ・キャメロン
製作:ジェームズ・キャメロン

ジョン・ランドー
製作総指揮:コリン・ウィルソン

レータ・カログリディス
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:マウロ・フィオーレ
プロダクションデ
ザイン:
リック・カーター

ロバート・ストロンバーグ
衣装デザイン:デボラ・スコット
編集:スティーヴン・リフキン

ジョン・ルフーア

ジェームズ・キャメロン
音楽:ジェームズ・ホーナー
シニア視覚効果監
修:
ジョー・レッテリ
出演:サム・ワーシントンジェイク・サリー

ゾーイ・サルダナネイティリ

シガーニー・ウィーヴァーグレース・オーガスティン

スティーヴン・ラングマイルズ・クオリッチ大佐

ミシェル・ロドリゲストゥルーディ・チャコン

ジョヴァンニ・リビシパーカー・セルフリッジ

ジョエル・デヴィッド・ムーアノーム・スペルマン

CCH・パウンダーモアト

ウェス・ステューディエイトゥカン

ラズ・アロンソツーテイ
【解説】
  「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、自らも長年にわたって開発に関わってきた3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジー を存分に駆使し、満を持して放つSFアクション超大作。異星人が暮らす美しい星を舞台に、資源を求めて侵攻する人類の一員として、自らに課せられた特別な 任務と先住民との間で板挟みとなり苦悩する一人の青年の運命を、圧倒的なスケールと3Dならではの迫力の臨場感で描き出していく。主演は「ターミネーター 4」のサム・ワーシントン、共演にゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー。
 戦争で負傷し下半身不随となり車いす生活を余儀なくされた元海 兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱 物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られて いた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ること。アバターを介 してついに身体の自由を得たジェイクは、さっそく神秘的なパンドラの森へと足を踏み入れ、やがてナヴィ族の美しい女性ネイティリと運命的な出会いを果たす のだが…。
| //洋画//あ行 | 04:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 04:22 | - | - | - | このページのトップへ
アバターは私も見ました〜。
ミシェル・ロドリゲスも良かったですv
キャメロン監督って女の人を女々しく描かないからそこも好きvv

>除菌のために水が撒かれている
インフルエンザが流行ってるから、とかですか?
こっちはシアター内が暑くてメガネが曇りました(笑)
| あけぼの | 2010/01/18 2:43 PM |
あけぼのさんの「涙で曇る」の言葉で、吹き替えで観ましたよ〜♪

キャメロン監督って女の人を女々しくしないんですね!初めて気付きました!!
そう云えばタイタニックのローズもダークエンジェルのマックスも芯が強いキャラクターですもんね〜(´・ω・´)なるほど〜!!

>除菌
そうです。インフルエンザの予防と云うやつです。
そう云う場面が増えそうですが、暑くてメガネが曇るのもイライラしちゃいますね(^ω^;)
| うえだ | 2010/01/20 1:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック