見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 人喰殺人鬼 | main | チョコレート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
キッチン・ストーリー
評価:
ベント・ハーメル,ベント・ハーメル

<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 云うのが遅いかも知れないけど、私はおっさんが出てくる映画が好きだ。それは、役者が日本人でもあんまり変わらない。とにもかくにも頑張るおっさんが好きだ。映画で云うと大いなる休暇や、楽しそうなおっさんたちがわんさか出ているジプシー・キャラバンが大好きだ。

 散々云ったのだから、この話がおっさんたちばかりなのはわかったでしょう。

1950年代のノルウェーの冬。隣の国スウェーデンの家庭研究所とか云う名のもと、研究員が独身男性の台所での行動を調査しに来る。
「スウェーデンがまた変なことをやってる」と、トレイラーハウスを引きずって現れた軍団を馬鹿にするノルウェー人。そんなこと云っても、今に北欧雑貨が有名なのは彼らのおかげだろうと思うんだけど。
 その研究方法ってのが、まぁアナログのアナログなんだよ。紙に鉛筆で「動線」を記すの、しかも部屋の角から高い椅子の上に座って。

こんな風にね。
これだけを視ても思い出しておかしい画なんだけど、ルールがひとつあって、それは「被験者と口をきいてはいけない」こと。それが自然な行動をより不自然にさせていて、頑固一徹なところがある家主のイザックは、「こいつ・・・」とフォルケを見上げる。
 人がいるから電気を点けたまま出て行くもんだけど、そうだ一人ってことなんだって消しに戻り、「消してやるぞ」って顔で電源をひねるイザックには笑ってしまう。

 でも観察し続ければ何かがうまれるもんでしょう。
スウェーデン産の煙草を買いに出てきたイザックに、唯一彼の体を心配してコーヒーを飲みに来るグラントが「フォルケって?」ときょとん。
彼が少し変わった性格でして、序盤からフォルケを殺そうと(これはワザとじゃない)したり、イザックに鼻毛を焼いてもらったりしてる変な人。君、ほんとはイザックに・・・と思っちゃうんだけどね〜。まぁ、イースタン・プロミスヴァンサン・カッセルみたいなね。

 たんたんとした面白い話が好きな人にはおすすめ。あと他の国ではお目にかかれないような可愛いもので溢れているので、ほんとにおっさんが住んでるのかと思うような家だったりする。


※補足:貼っといてだけど、サイトがネタバレっぽいのでお気をつけて。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.kitchenstory.jp/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

キッチン・ストーリー(2003)

SALMER FRA KJOKKENET
KITCHEN STORIES

メディア映画
上映時間95分
製作国ノルウェー/スウェーデン
公開情報劇場公開(エスピーオー)
初公開年月2004/05/22
ジャンルドラマ/コメディ
ゆっくり、ともだち

それは冬に北欧で起こった、
春のようなお話です。

【クレジット】
監督:ベント・ハーメル
製作:ベント・ハーメル

ヨルゲン・ベリマルク
脚本:ベント・ハーメル

ヨルゲン・ベリマルク
撮影:フィリップ・オガールド
音楽:ハンス・マティーセン
出演:ヨアキム・カルメイヤーイザック

トーマス・ノールシュトロームフォルケ

ビョルン・フローバルググラント

リーネ・ブリュノルフソン

スヴァレ・アンケル・オウズダル

レーフ・アンドレ

【解説】
  「卵の番人」のベント・ハーメル監督が、50年代にスウェーデンで実際に行われたという“独身男性の台所での行動パターン調査”をヒントに、調査員と調査 対象者となった2人の中年男性の奇妙な交流をユーモラスに綴ったほのぼのコメディ。最初は不信感から対立していた2人が、徐々に打ち解け合い心を通わせて いく姿を暖かな眼差しで描く。
 1950年代初頭。急速に近代化が進んだキッチンでは、使う人の行動パターンを知るため様々な調査が行われてい た。スウェーデンの“家庭研究所”では独身男性を対象にした台所調査を実施することになり、多くの調査員が調査対象者宅へと派遣された。“馬”がもらえる からと調査に応募したノルウェーに住む初老の男性イザックの家にも、中年の調査員フォルケがやって来た。しかし、イザックが手にしたのは赤い馬の人形。や がて、フォルケは台所に奇妙な監視台を設置すると、イザックの観察を開始する。調査対象と一切交流してはならないという規則を律儀に守り通すフォルケに、 イザックは不信感と敵対心を募らせるのだったが…。

| //洋画//か行 | 04:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 04:29 | - | - | - | このページのトップへ
なんかすっごく面白そうな映画ですねvv
ハリウッド映画とは全然違う感じ♪
ほのぼのとした優しいコメディってありそうで中々ないんですよねー。
うえださんのご紹介で、これは見てみたいと思わされましたv
でもアメリカでは公開されてないかもしれない…;
| あけぼの | 2010/01/25 1:12 PM |
おぉなんとも嬉しいお言葉・・・!

確かに、ハリウッド映画にはない(←私的このフレーズにツボリました 笑)味があると思います♪
ほのぼのコメディをご所望でしたら合格しているはず・・・!

2003年公開作品なので、DVDが発売されているかが怪しいところですが;;
「KITCHEN STORIES」の名前のほうが確率が高そうですので、観れる機会があれば是非おすすめです♪
| うえだ | 2010/01/25 5:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック