見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 猟奇的な彼女 | main | ライムライト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
あの頃ペニー・レインと
評価:
キャメロン・クロウ,キャメロン・クロウ

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 映画好きの友人が、ケイト・ハドソンが可愛い映画とうるさく云っていたのを、今思い出した。その話の時は、ゴールディ・ホーンのほうがギガントカワユスだしお、と頭の中で反対意見を掲げてた。

しかし、ギガンティックカワユス!!!ゴフッ!!(鼻血)

 ケイト可愛いなぁ。ほっといたらひたすらにその言葉を云ってしまいそうになるー。
最近NINEで歌ってるっぽい曲のPVを観たのですが、綺麗かった。GG賞ではケイトの綺麗な背中に映えるドレスを着ていて、スタイル抜群だしいつもお洒落よね。

 さて、「あの頃ペニー・レインと」のケイトの役所は、グルーヴィーのペニー・レイン役。追っかけなんて云わないんだよ、ヒッビー的に云うとロックを愛する女たち。かな。

 1970年頃のサンフランシスコ。15歳のウィリアム・ミラー少年は、初期のローリング・ストーン紙で活躍していた記者レスター・バングスに気に入られ、あるバンドのツアーに参加する。映画の中では、なんとかウォーターって云うバンドなんだけど、そのバンドのグルーヴィーの中に、ペニー・レインがいる。
 ウィリアム少年は、監督のキャメロン・クロウのこと。「あの頃ペニー・レインと」はキャメロン・クロウの少年期を基にした物語で、彼は後にローリング・ストーン紙の敏腕記者になる。
 ローリング・ストーン紙を敬遠していた、様々のバンドを引き戻した彼の才覚と人柄はこの映画で感じられますでしょうか。

ケイトに負けじと、キラキラした少年でした。


こっちはその時っぽい監督の画像。

 バンドだけじゃなくてミラー家のことも描いてるんだけど、ウィリアムのお姉ちゃんが可愛娘ちゃんで、調べたらゾーイ・デシャネルだったよ。今(500)日のサマーで注目されてるアーティスト。なんだハプニングにも出てた不思議系美人キャラだよ。あれ、(500)日の男の子ってミステリアス・スキンの仔じゃないの?うーん、独り言が長い。
 ぎゃー!やっぱりそうだ!ジョセフ・ゴードン・レヴィットくん!出演リストにミステリアス・スキンが載ってなかったから分からんかったじゃんよ。何してんだallcinemaは。日本未公開でDVDもないみたいだからって、その扱いはおかしい。

 えーと、なんの話かな。とりあえずギガンティアカワユスなゴールディをどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

あの頃ペニー・レインと(2000)

ALMOST FAMOUS

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(SPE)
初公開年月2001/03/17
ジャンルドラマ/青春/音楽
君がいるから、すべてがキラキラまぶしい15歳。

【クレジット】
監督:キャメロン・クロウ
製作:キャメロン・クロウ
プロデューサー:イアン・ブライス
共同プロデューサ
ー:
リサ・ステュワート
脚本:キャメロン・クロウ
美術監督:クレイ・A・グリフィス

クレイトン・R・ハートリー
撮影監督:ジョン・トール
編集:ジョー・ハッシング

サー・クライン
出演:パトリック・フュジットウィリアム・ミラー

ケイト・ハドソンペニー・レイン

ビリー・クラダップラッセル・ハモンド

フランシス・マクドーマンドエレイン・ミラー

ジェイソン・リージェフ・ビービー

アンナ・パキンポレクシア

フェアルーザ・バークサファイア

ノア・テイラーディック・ロズウェル

ゾーイ・デシャネルアニタ・ミラー

フィリップ・シーモア・ホフマンレスター・バングス

マイケル・アンガラノウィリアム・ミラー(幼少時代)

ジミー・ファロン

ビジュー・フィリップス

テリー・チェン

ジョン・フェデヴィッチ

マーク・コズレック

リズ・スタウバー

ジェイ・バルシェル

アイオン・ベイリー

【解説】
  「セイ・エニシング」「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ監督が自身の体験を基に、ブレイク寸前のロックバンドのツアーの同行取材を任された15歳 の少年の姿を描いた青春音楽ムービー。少年が恋するグルーピーの少女を演じるのはゴールディー・ホーンの娘ケイト・ハドソン。15歳の少年ウィリアムは伝 説的なロック・ライターに自分の記事が気に入られ、ローリングストーン誌の仕事をもらう。さっそく取材で楽屋を訪れた彼は、グルーピーの中にいたペニー・ レインに一目惚れする。

 
| //洋画//あ行 | 00:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | - | - | このページのトップへ
ほれみろみーーーーーーーー!!!!!!!!!!
ギャギャントゥーカワユースだったろ!
酒瓶片手に女優系コートにパンチーがチラリと見える酔っぱらったペニーしかり、煙草の品種は?と涙を見せながらも、悲しいこともユーモアに変えるペニーの、なんつー可愛いことか、最強ののグルーピー!!

でもってペニーレインとは、ビートルズの歌に出てくるのだよ。

でもって、ジェーンバーキン主演のワンダーウォールで、ペニーレインという名前が出てきます。

一体どっちから取ってきたかは分からないけれど
どっちも音楽に関係ある。
ワンダーウオールでは、ビートルズのジョージハリスンが音楽を提供しているからね。

ということで音楽ネタも多くて、音楽ファンには楽しい映画なのよね。
| リリィ | 2010/02/03 7:07 PM |
だから可愛いって云っとろーがーーーーーーーーー!
超勢いのあるコメントだー!
音楽・映画狂のリリィが語るとスゴスすな◎全然知らない知識がどっさりw

うーん、なるほど(消化しきれんけど)
ジェーン・バーキンの映画って観たことないけど絶対可愛いしクールだ。
「ワンダーフォール」ね!憶えとこ〜

この映画ボリューム極小で観てから挿入歌全然聴いてない(死活問題;)
何となく「聴いたことある〜」って云うテンションで観てた。

若輩音楽ファンの私には全力では楽しめなかったかもしらん。くやしー
| うえだ | 2010/02/05 1:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック