見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< ラブリーボーン | main | デュエット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
キス★キス★バン★バン
評価:
スチュワート・サッグ

<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 タイトルからコメディだろって思うでしょ。そうだよ。
音楽の雰囲気はルパン三世がイメージしやすい。私的には、すっごく的を射た表現、ルパンのってJazzyでしょ。
フィリックスがいぶし銀の塊ですから。音楽もペットとかそう云う格好の良い要素しかない。

 腕の衰えを機に殺し屋稼業を弟子ジミーに譲り、足を洗ったフィリックス。骨董品屋の息子の警備とは名ばかりの子守りの仕事に就くが、その子ども、超箱入り息子の33歳の良い年した大人。
 殺し屋は終身雇用だと云う理由で、所属していたクラブから追い回される羽目になったフィリックス。ハードボイルドな元殺し屋と33歳のおっさん二人組の逃走劇が始まる。

 外に出たことがない33歳のババは、フィリックスに引きずり出されて初めて太陽を目にする。彼の感想はこれ→「あ゛ああああああああああ」

ババのリアクションは毎回面白い。フィリックスに怒られた通りにレイプ未遂魔をお仕置きしたり、バコンバコンのセックスを視ながらケーキ食べたり。キラキラの瞳でマッチ箱を片手に立ってたりする。

 ババ役のショーン・ペンの弟、クリス・ペン、侮りがたし。
フィリクスのステラン・スカルスガルドも、今までどんだけ私が度外視してたか痛感した位、超出てるよ。自分のためにまとめさせて下さい。

天使と悪魔のリヒター隊長(誰だよ!良い刑事役?!)
マンマ・ミーア!のビル(うーん、何となく)
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンドのビル・タナー(これはメイクか?)
ディープ・ブルー(どこだよ!)
グットウィルハンティングのランボー(......)

 お父さんのダディ・ズー。己の名前入りポスターをでかでかと貼ってる、ムカつく良いキャラしてる。そして、ババと速攻渡り合ってる。
ペタニーは守護天使。編み込み可愛い仔ちゃん...バイオ2のジルじゃん。映画の中で唯一ゲームのバイオ3に忠実な美人キャラ。背中美人さん。

 嫌われ松子の一生のサントラに入ってた、衝撃的なMichael Bubléの「Feeling Good」がラストで流れたから、もうやられた。
本当に彼か、出だしが違うので今調べ中です。分かったらまた書きます。関係ないけどMuseとAdam Lambertくんのを発見したので、DLしよう...

 聴いてたらNina Simoneだ。
サントラ欲しい。それ位曲の出だしの格好の良さは衝撃。

僕の気持ちがわかるかい
僕にとって 新しい夜明け
新しい1日 新たな人生

君よりずっと自由さ


キス・キス

バン・バン!


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

キス★キス★バン★バン(2000)

KISS KISS (BANG BANG)

メディア映画
上映時間101分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2002/12/21
ジャンルドラマ/サスペンス/コメディ
心に愛とピストルを。

【クレジット】
監督:スチュワート・サッグ
製作:ジェームズ・リチャードソン
製作総指揮:ノーマ・ヘイマン

ウィリアム・ターナー
脚本:スチュワート・サッグ
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集:ジム・クラーク
音楽:ジョン・ダンクワース
出演:ステラン・スカルスガルドフィリックス

クリス・ペンババ

ポール・ベタニージミー

ピーター・ヴォーンダディ・ズー

ジャクリーン・マッケンジーシェリー

アラン・コーデュナービッグ・ボブ

マルティン・マカッチョンミア

シエンナ・ギロリーカット

【解説】
  昔気質の元殺し屋と33年間世間を知らずに育った子供のままの男との奇妙な心の交流を描いた異色のハードボイルド。「007」シリーズと「チキ・チキ・バ ン・バン」にオマージュを捧げつつ、対照的な2人の男の間に徐々に友情が芽生えていくさまをコミカルかつノスタルジックに描く。監督はイギリスの新鋭ス チュワート・サッグ。主演はステラン・スカルスガルド、共演にクリス・ペン。
 フィリックスはかつて、このロンドンを根城に活動する組織の中で No.1の殺し屋だった。だが、最近歳と共に腕の衰えを自覚してきた彼は、25年務めてきたこの稼業から足を洗うことを決意、弟子ジミーに後を継がせて引 退する。しかし、“殺し屋は死ぬまで殺し屋”という掟を破ったとして組織のボスはフィリックスの殺害を画策する。その頃、フィリックスは生活していくため に新たな職に就こうとしていた。知り合いのアンティーク密輸業者に持ちかけられたその仕事とは、33年間一歩も外に出すことなく大事に育てられた息子ババ の子守というものだった。

| //洋画//か行 | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 03:49 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック