見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< キス★キス★バン★バン | main | 水霊 ミズチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
デュエット
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 友情と親子愛の線の話で、グループは3つ。みんなカラオケに大変ないれこみようで、そこがトリッキーだったり温かかったりする。

 日本と違ってアメリカに渡ったカラオケは、バーで大会が行われたり、人前で歌うのが主流みたいですよ。そう云えばアリーmyラブでたまに出演者が歌ってたなぁ、なんて思う。それがみんな上手いんだよ、なぜだ。
 日本にもカラオケのプロの方はいるけど、そんなカラオケバーを渡り歩いて賞金稼ぎをする人物がスージーとリッキー。それぞれ運転手と娘と云う旅の同行者がいる。

 カラオケと云っても、聴き甲斐がある。みんな上手いんだよ、なぜか。
でも、リッキーが冒頭で歌いだした時、彼は確実にプロだと思った。声が違うんだもんね、人を惹き付ける万有引力みたいなものを持ってる人が歌手にはいる。

 他は、テーマパーク系の営業マンのトッドと脱獄囚で、環境破壊の一因になっている自負から気がふれたトッドのトリッキーさが見所。トッド役ポール・ジアマッティが歌う「Hello It's Me」、ピッチがどんどん合ってきて調子がでてくるのが一番好きかな。

 デュエットで云えば、ヒュー・ルイスグヴィネス・パルトロウの「Cruisin'
スージーが歌う痛々しい「I Can't Make You Love」も捨てがたい。
 グヴィネスってキュートなのに色気がないのは、何でなんだろうね。いやいや、褒めてます。彼女好きだよ、声も綺麗。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

デュエット(2000)

DUETS

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(HRSフナイ)
初公開年月2001/09/29
ジャンルドラマ
監督:ブルース・パルトロー
製作:ケヴィン・ジョーンズ

ブルース・パルトロー

ジョン・バイラム
製作総指揮:ニール・キャントン

トニー・ルドウィグ

アラン・リッシュ

リー・R・メイズ
撮影:ポール・サロッシー
音楽:デヴィッド・ニューマン
出演:マリア・ベロスージー・ルーミス

アンドレ・ブラウアーレジー・カーン

ポール・ジアマッティトッド・ウッズ

ヒューイ・ルイスリッキー・ディーン

グウィネス・パルトローリヴ

スコット・スピードマンビリー

マリアン・セルデスハリエット・ガーガン

キルステン・ウォーレンキャンディ・ウッズ

アンジー・フィリップスアーリーン

アンジー・ディキンソンブレア

ロックリン・マンローロニー

マイケル・ロジャース
【解説】
  カラオケの大会での優勝を目指して各地を移動して歌い歩く3組6人の男女それぞれの人生模様を描いたドラマ。監督のブルース・パルトローはグウィネス・パ ルトローの父で、本作は初の親子共作となった。テキサスのカラオケ・バーで若者相手に“賭けカラオケ”をけしかけるリッキー。思惑通りカネを手に入れご満 悦のところに妻の死を知らせる電話が入る。急いで葬式に駆け付けたリッキーを待っていたのは、生まれてから一度も対面したことのなかった実の娘リヴだっ た……。
 

| //洋画//た行 | 03:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 03:04 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック