見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< デュエット | main | アラトリステ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
水霊 ミズチ
評価:
山本清史,田中啓文

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 久しぶりの邦画だ。この前ハッピー・フライトを観たけど、こっちの感想を書く。
私の姉は寝る前にホラー映画を観ると、ぐっすり眠れるらしい。そんな姉セレクトのホラー映画です。

 「水の霊」と書いて「ミズチ」と読むらしい。私は水子の霊の話かな、とか思ってたけど違ったよ。ミズチは、もとい「死に水」と云い、それを飲むと呪われるらしい。
 知人の大学教授の謎の死から、「水霊」を調査することになった記者の響子は、水質の研究をする元夫に助言を求める。調査をするうちに不可解な自殺事件に行き当たりー。

 この映画の見所は、主人公が井川遥なのと、元夫役が渡部篤郎なところ。綺麗どころがいるだけで評価はあがるのだ!あと私は渡部さんがケイゾクの時から好きなんだ!!
 今の発言は、半分真に受けて聞く位にしといて、二人は演技が上手いので信憑性を持たせてくれている。そう云いたかった、実は。二人ではなかったらどんなに痛いホラーになっていたでしょうか、それは誰にも分からない。

 そう云えば、幽霊出てこない。
ちょっとグロイけど、ホラーだよ。女子高生も演技が上手かった。いきおい、役者でポイントが高い。最後のスパイスも良い。「カリッ」。SEミスってると思っちゃった。騙された。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

水霊 ミズチ(2006)

メディア映画
上映時間102分
製作国日本
公開情報劇場公開(トルネード・フィルム)
初公開年月2006/05/27
ジャンルホラー
透明なる悪夢、滲み込む恐怖。戦慄のアクアティック・ホラーに世界は凍える!!

【クレジット】
監督:山本清史
プロデューサー:大橋孝史
原作:田中啓文
脚本:山本清史
撮影:喜久村徳章
美術:井上心平
編集:高橋信之
音楽:和田貴史
音楽プロデューサ
ー:
倉田真二
照明:才木勝
助監督:阿部満良
出演:井川遥戸隠響子

渡部篤郎岡祐一

星井七瀬渚由美

山崎真実野田美里

松尾政寿志度浩太郎

入江昌樹大村直治

矢沢心目黒彩

三輪ひとみ白鳥夏美

鈴木美生矢沢弘美

でんでん殿村肇

柳ユーレイ杜川乙一郎
【解説】
  シングルマザーの新聞記者、戸隠響子は東京都の西部エリアで多発している不可解な自殺の謎を調べていた。自殺者はみな、異常なのどの渇きを訴え、ある日突 然自ら両目を潰して自死するという共通点を持っていた。調べを進める中で、事件の背後に水道の水が関係していることを突き止めた響子は、やがて、“水霊 (ミズチ)”あるいは“死に水”と呼ばれる神話の時代から伝わる呪われた水の存在に辿り着くのだが…。
|  邦画―ま行 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 01:19 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック