見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< Dr.パルナサスの鏡 | main | ゴッド・ディーバ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
サムライプリンセス 外道姫
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 たまに何のメリットもない映画をお届けしている気がいたしますが。最近、私の中の線引きが曖昧になってきたので一応書こう。


 11人の惨殺された魂を宿したからくり(機械人間)の外道姫が、復讐のために生きる様を描くアクションエログロ映画。

 衣装とかヘボいかも知れませんが、邦画にしては頑張っている感があるし、それほど無理していない(頑張っていない)演出が逆に有難い。内臓とかがその世界観で統一してあるのは、ある種成功の鍵なんだね。

 みひろさん以外の女優の演技は微妙だが、86分の間に無理してエロを入れたのは正解。エログロの中に外道姫の純粋な姿があったのがうざくなくて良かった。

 最後の外道姫、希志あいののスマイルが可愛いかったのが印象的。
あと白い睫毛のあまさんが、磁石の永沢さんに似てたのと。月光役の水野大って人がずっと永井大に見えてた、そんなところです。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.samurai-princess.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

サムライプリンセス 外道姫(2009)

SAMURAI PRINCESS

メディア映画
上映時間82分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本出版販売)
初公開年月2009/07/25
ジャンルアクション/サスペンス/エロティック

【クレジット】
監督:梶研吾
プロデューサー:金成国

櫻井一葉

高山芽衣
脚本:林壮太郎
特殊メイク:西村喜廣

石野大雅

下畑和秀
編集:藤田真一
音楽:秦修
音響効果:太田正一
VFXスーパーバ
イザー:
鹿角剛司
アクションコーデ
ィネーター:
小原剛

南辻史人
残酷効果:石野大雅

下畑和秀
特殊造形:西村喜廣

石野大雅

下畑和秀
録音:三浦功嗣
助監督:佐高美智代
残酷効果監督:西村喜廣
出演:希志あいの外道姫

水野大月光

片岡明日香蓮情

しいなまお三日月

平瀬美紀満月

白善哲

綾部武赤龍(闇武者)

唐橋充狂楽

武富男夢

梶間広之

島津健太郎

みひろ胡蝶(闇武者)

【解説】
  「東京残酷警察」で脚本を担当した梶研吾がメガフォンを取り、特殊造形の第一人者・西村喜廣の手による残酷描写もふんだんに、惨殺された11人の女の魂を 宿したからくり(機械人間)の女武者“外道姫”の壮絶な復讐の旅路を描くスプラッター・アクション。主演はグラビアアイドルの希志あいの、共演に「SR  サイタマノラッパー」のみひろ。

|  邦画―さ行 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 01:22 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック