見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 気になる「new comer 女優」 | main | 白いカラス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ターミネーター4
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 これは、あらすじいるのかな?最近あらすじ書くのも楽しいので、適当に書いていたのですが、ターミネーター作品は説明するの面倒だ。いらぬお世話と云う気もする。レビューに混ぜながら書こう。(長い独り言)
 映画バトン,SF映画と云えば?の質問で、私はこのシリーズを挙げたのですが、全部好きと云うか特に2が好きです。小学生の頃に、2はよくビデオテープを何回も再生しました。
観た順番は「2→1→3→4」ですが、今の所好きな順番は、「2→4→1→3」。しかし、またもや転けたらしく、次回作は見送りらしいのですが、失言かも知らんが
3と違って面白いよ!

 そーしーてー、アントン・イェルチェン!!!(どーん!)
ゴーグルを着けて帽子から覗くくるくるヘアーで登場。(かわいーよー!)彼こそ1でサラ・コナーを守るために過去に戻る対抗軍のカイル・リース。後にジョン・コナーの父にあたりますが、本作の舞台2018年の舞台では、ジョンより年下と云う複雑さ。
自分の中で気付くのにタイムラグがあり、「あ、そっか!」と一足遅れて合点してました。

 映画館で観れば良かったと思う位の映像の迫力さ。惜しいことした。キャストも今思うと3と違って味があります。

 ジョン・コナー役には、名俳優のクリスチャン・ベイル。私はダークナイトのバットマン役と云うより、マシニシストの怪演ぶりの記憶のが根強く、そして好きな作品です。マシーンと人間の違い、と云うのを初めて説いており、リーダーの資質を初めて感じれる魅力を、クリスは持っていますね。思えば人間味ありすぎた2のT-800型(シュワちゃん)って異例中の異例なのかな。それを考えるとちょっと話が拗れるかも。

 心臓と脳以外がマシーンになったアバターサム・ワーシントンマーカス・ライトが、さらに人とマシーンの気持ちを問うのですが、最後が少しが気になりました。いや、惜しいよ君は。

 そしてさらに惜しいのが、花形が乏しい。M・ナイトシャマラン監督作品が多いブライス・ダラス・ハワードは、良い所なしなのに存在感のある赤毛美人で、話的には拍子抜けな存在に。ムーン・ブラッドグッドジャーニーマン〜時空を超えた赤い糸では普通に美人なのに、雰囲気が違う。007/慰めの報酬のボンドガールもそうだけど、戦場だからといって薄メイクで美貌を半減するのはやめて欲しい。

 そのかわり男性群は格好良く演出されてます。あとCGでシュワちゃんも出してくれていたり、シリーズで好きなファンには嬉しい演出は多いですが、初めてチャレンジするには分かり難いストーリーです。でもアクションとしての見所だけで視ると、冒頭は熱い。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.net/movies/terminatorsalvation/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ターミネーター4(2009)

TERMINATOR SALVATION

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2009/06/13
ジャンルSF/アクション/サスペンス
どこで誰が、未来を変えたのか?

【クレジット】
監督:マックG
製作:モリッツ・ボーマン

デレク・アンダーソン

ヴィクター・クビチェク

ジェフリー・シルヴァー
製作総指揮:ピーター・D・グレイヴス

ダン・リン

ジーン・オールグッド

ジョエル・B・マイケルズ

マリオ・F・カサール

アンドリュー・G・ヴァイナ
キャラクター創造:ジェームズ・キャメロン

ゲイル・アン・ハード
脚本:ジョン・ブランカトー

マイケル・フェリス
撮影:シェーン・ハールバット
視覚効果スーパー
バイザー:
チャールズ・ギブソン
プロダクションデ
ザイン:
マーティン・ラング
衣装デザイン:マイケル・ウィルキンソン
編集:コンラッド・バフ
音楽:ダニー・エルフマン
出演:クリスチャン・ベイルジョン・コナー

サム・ワーシントンマーカス・ライト

アントン・イェルチンカイル・リース

ムーン・ブラッドグッドブレア・ウィリアムズ

コモンバーンズ

ブライス・ダラス・ハワードケイト・コナー

ジェーン・アレクサンダーヴァージニア

ジェイダグレイススター

ヘレナ・ボナム=カーターセレナ・コーガン
【解説】
  世界的大ヒットシリーズの4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。人類滅亡を目論む機械軍(ス カイネット)が引き起こした核戦争“審判の日”以後の荒廃した世界を舞台に、追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的 スケールで描く。主演のジョン・コナー役には「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル。物語の鍵を握る謎の男マーカス・ライト役にオーストラリア出身の新 鋭サム・ワーシントン。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。
 2018年。スカイネットが引き起こした“審判の日”をかろう じて生き延びた人間たちは抵抗軍を組織し、大人になったジョン・コナーもその一員としてスカイネット率いる機械軍との死闘に身を投じていた。そんなある 日、ジョンはマーカス・ライトと名乗る謎の男と出会う。彼は過去の記憶をなくしており、脳と心臓以外すべて機械化されていた。それでも自分は人間だと主張 するマーカスに対し、敵か味方か判断しかねるジョン。しかし、将来彼の父となる少年カイル・リースに身の危険が差し迫っていることをマーカスから知らさ れ、ジョンはある決意を固めるのだが…。
| //洋画//た行 | 02:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:59 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック