見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< モリー先生との火曜日 | main | ダウン・バイ・ロー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
花の生涯〜梅蘭芳〜
<<評価:★★★☆☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 失敗した。映画は面白いですよ、観ようと思ってたのと違うのを借りて来てしまいました。この作品の前にチェン・カイコー監督が同じく京劇を取り上げた作品の予告を視て観たくなったのですが、タイトルは憶えてなかったので、間違えて最近のほうですね、因みにメイ・ランファン(梅蘭芳)と読みます。のほうを借りちゃいました。別に続編とかではないですが、前作のタイトルはさらば、わが愛〜覇王別姫〜です。


 この作品は、伝説的な京劇役者の梅蘭芳の生きた世界を描いたノンフィクション映画。結構観やすいし、映像的に派手で好き。

 あれ、こんなテイストでお送りしていたかな。
パソの調子が悪く、友だちに頼まれていたポスターのデータ修復に全力を注いでいたので、今は何もしたくないけど、感想書かないと先の記事へ進めない律儀さ。


 安藤政信くんが出て来た。日本兵士役で。あんた日本人顔じゃない、顎折れそうに細い。六平さん、いぶしぎんぎん。安藤さんの演じた知性的な役柄は、もっとインテリに視える人のほうが良かったかもだが、目の保養。

 チャン・ツィーってやっぱり普通に演技うまいんだな。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/

にほんブログ村
 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

花の生涯〜梅蘭芳(メイ ラン ファン)〜(2008)

MEI LANFANG

メディア映画
上映時間147分
製作国中国
公開情報劇場公開(アスミック・エース=角川エンタテインメント)
初公開年月2009/03/07
ジャンルドラマ/伝記/ロマンス
愛を舞い、愛に散る。

【クレジット】
監督:チェン・カイコー
製作:ハン・サンピン
製作総指揮:ハン・サンピン
脚本:ゲリン・ヤン
撮影:チャオ・シャオシ
音楽:チャオ・チーピン
出演:レオン・ライメイ・ランファン(梅蘭芳)

チャン・ツィイーモン・ツァオトン(孟小冬)

スン・ホンレイチウ・ルーパイ(邱如白)

チェン・ホンフー・チーファン(福芝芳)

ワン・シュエチーシーサン・イェン(十三燕)

イン・ターフォン・ツーコアン(馮子光)

ユィ・シャオチュンメイ・ランファン(青年時代)

安藤政信田中隆一

六平直政吉野中将
【解説】
  「北京ヴァイオリン」「PROMISE プロミス」の巨匠チェン・カイコー監督が、「さらば、わが愛/覇王別姫」に続いて再び京劇をテーマに、伝説の女形 として語り継がれる実在の名優、梅蘭芳(メイ・ランファン)の生涯を撮り上げた伝記ドラマ。20世紀前半の激動の時代を背景に、梅蘭芳が京劇の世界で頂点 へと登り詰めるその過程と、男形女優との運命の恋の行方を、絢爛豪華な京劇の舞台を織り交ぜ綴る。主演は「インファナル・アフェアIII」のレオン・ラ イ、共演にチャン・ツィイー。
 祖父の代から続く京劇の名門に生まれた梅蘭芳(メイ・ランファン)。早くに両親を亡くし不遇の幼少期を過ごした彼 だったが、美貌と才能を受け継ぎ、10代にして女形のスターとして花開く。その後、海外で学んだ邱如白(チウ・ルーパイ)と出会った梅蘭芳は、彼の主張に 感銘を受け、伝統的な京劇の世界にも革命が必要だと考えて実践していく。そんな2人は義兄弟の契りを交わし、強い絆で結ばれていく。そしていよいよ梅蘭芳 が円熟期を迎えたその時、彼は京劇界きっての男形女優、孟小冬(モン・ツァオトン)と運命的な恋に落ちるのだったが…。
| !!!---ASIA---!!! | 03:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 03:52 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック