見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< プライベート・ベンジャミン | main | かげろう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
Vフォーヴェンデッタ

評価:
アンディ・ウォシャウスキー,ラリー・ウォシャウスキー
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 何となしドイツを思わせる社会主義の独裁政治のもと人々は夜自由に出歩くことも出来ず、情報も規制され嘘のニュースが流れる中、自由とは、と訴えかけるヒーローと助けられた主人公(ナタリー・ポートマン)。

これは話が超マイナーやのに泣いてしまったという、原作がコミックなのかって感じなセットと話ですが、自由を求める美しき心は同じなのか。ラストじゃないところホロリ

p77837_3_e2_12.jpg


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://v-for-vendetta.jp/
オフィシャル・サイト
http://vforvendetta.warnerbros.com/ (英語)

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Vフォー・ヴェンデッタ(2005)

V FOR VENDETTA

メディア映画
上映時間132分
製作国イギリス/ドイツ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2006/04/22
ジャンルアクション/サスペンス
映倫PG-12

【クレジット】
監督:ジェームズ・マクティーグ
製作:ジョエル・シルヴァー

アンディ・ウォシャウスキー

ラリー・ウォシャウスキー

グラント・ヒル
製作総指揮:ベンジャミン・ウェイスブレン
キャラクター創造:アラン・ムーア

(クレジットなし)

デヴィッド・ロイド
脚本:アンディ・ウォシャウスキー

ラリー・ウォシャウスキー
撮影:エイドリアン・ビドル
プロダクションデ
ザイン:
オーウェン・パターソン
衣装:サミー・シェルドン
編集:マーティン・ウォルシュ
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ナタリー・ポートマンイヴィー

ヒューゴ・ウィーヴィング

スティーヴン・レイフィンチ警視

スティーヴン・フライゴードン・ディートリッヒ

ジョン・ハートアダム・サトラー議長

ティム・ピゴット=スミスクリーディー

ルパート・グレイヴスドミニク警部

ロジャー・アラムプロセロ

ベン・マイルズダスコム

ヴァレリー・ベリーバン

シニード・キューザックデリア・サリッジ

ナターシャ・ワイトマンバレリー・ペイジ

ジョン・スタンディングリリマン主教

エディ・マーサンエサレッジ

ジョセフ・ライ

マーティン・サヴェッジ

ローラ・グリーンウッド

【解説】
  アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサス ペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の 葛藤と成長を描く。9.11同時多発テロ事件以降のアメリカを中心とした政治体制の方向性に対する強い懸念を色濃く反映したものとなっている。主演は「マ トリックス」シリーズのヒューゴ・ウィーヴィングとスキンヘッドでの熱演が話題を呼んだナタリー・ポートマン。監督は、「マトリックス」シリーズなどで第 一助監督を務め本作が監督デビューとなるジェームズ・マクティーグ。
 近未来のイギリス。そこは独裁者アダム・サトラー議長が支配するファシズム 国家となっていた。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、 彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかし男は、1605年に国王の圧政に反発し国家転覆を図り失敗に終わったガイ・フォークスにならって、たっ た一人でサトラー政府に反旗を翻す狡猾非情なテロリストだった。次第にVのテロ活動に深く巻き込まれていくイヴィーは、やがてVとサトラー政府を巡る恐る べき因縁を知ると共に自分自身の内なる真実に目覚めてゆく…。
 
| //洋画//は行 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:30 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック