見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< もしも昨日を選べたら | main | 9デイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ゴースト・ワールド

評価:
ダニエル・クロウズ
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 こういうの卒業しちゃったからどうでもよく感じてしまう、映画ってその年齢に合う合わないがあったりするのかな。
スカヨハの声が低音でセクシーなんだなー。このエロテロリストめ。主人公が言ってたけど「世の中の男のほとんどはあんたがタイプなのよ」って。その通りだよね。
「あたしって最低な女よね」とか言ってる主人公イーニドに対し、てめーはまだガキなだけなんだよといいたくなる。
まぁそこでバスに乗っちゃうんだから生きている意味あったのか。でも友だちの中にレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)のような子がいるのは救いだよね。金払っても誰もそこまでしてくれねーもんね。
 イーニドを演じたゾーラ・バーチはキャラに合ってると思うよ。太っててちょっと不細工美人で姿勢悪くて性格も悪くて、でも肌は抜けるように白いんですねー、いいなぁ。・・・なんのはなし。
スティーヴ・ブシェミ演じるシーモアはいい人すぎ、ベッドシーンには好きなはずなのに目をそらしたくなった^^;

 これ主人公が18歳ってのが納得いかんのよね、こういう思想は15、6、7で捨てて欲しいし。その頃主人公と逆に成長していくレベッカの大人っぽさは美しいね。
「バスに乗る」っていう隠喩で中学の頃など詩をよく書いたけど、「バス停にいる 荷物はいらない 誰か一緒に乗せて チケットはないけど 何もいらない」忘れたけどこのような意味合いのね。そんなん書いてた私だから、主人公がバスに乗ったのを見た時は乗っちゃったんだなって思ったよ。乗らなかったから今のあたしがいるんだなー。

 映画ではバスの隠喩は死だと思うけど、当時の私はただイメージとして持ってただけで、でもバスって共通のイメージだったんだって今思うとちょっとこえぇね。
他の人のレビューにあったけど「バスになんか乗るな。働くんだ」。私もそっち意見。大人になれ、じゃないと早死にしちゃうから。それでも自分は死なないから大丈夫だって。
この映画冒頭部分は好き、「僕は君のためなら悪魔にでもなる」的な歌詞の歌も好き。その他ファッション、音楽、セット、髪型、オタクの度合いが中途半端に感じる。もっとぶっこめばもっと好きになれたかも。

 あー!てめーゾーラ・バーチ!「」の主人公か!あんたの演技いいもっと映画でろ!
やってラストシーンの笑顔まだ覚えてるもん




【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://gw.asmik-ace.co.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.mgm.com/ghostworld/  (英語)

ゴーストワールド
 (2001)
GHOST WORLD
メディア 映画
上映時間 111分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2001/07/28
ジャンル ドラマ/青春
[IMDB Direct]


ダメに生きる


【クレジット】
監督: テリー・ツワイゴフ
製作: リアンヌ・ハルフォン
ジョン・マルコヴィッチ
ラッセル・スミス
製作総指揮: ピッパ・クロス
ジャネット・デイ
原作: ダニエル・クロウズ
脚本: ダニエル・クロウズ
テリー・ツワイゴフ
撮影: アフォンソ・ビアト
プロダクションデザイン: エドワード・T・マカヴォイ
衣装デザイン: メアリー・ゾフレス
音楽: デヴィッド・キティ

出演: ゾーラ・バーチ イーニド
スカーレット・ヨハンソン レベッカ
スティーヴ・ブシェミ シーモア
ブラッド・レンフロー ジョシュ
イレーナ・ダグラス ロベルタ
ボブ・バラバン イーニドの父
テリー・ガー マキシン(クレジットなし)
ステイシー・トラヴィス ダナ
チャールズ・C・スティーヴンソン・Jr ノーマン
トム・マッゴーワン ジョー
デイヴ・シェリダン
T・J・サイン

【解説】
 全米の若者の間でカリスマ的人気を誇るダニエル・クロウズの新感覚コミックを映画化したおしゃれでキッチュでとびきり切ない低体温系青春ムービー。「ア メリカン・ビューティー」のソーラ・バーチが自分のセンスが一番と信じ、周囲のノリにはついていけないけどやりたいことが見つけられず不安を感じ始めた思 春期の女の子をクールに切なく好演。イーニド(T・バーチ)とレベッカ(S・ヨハンソン)は高校を卒業した今も進路も決めないまま好きなことだけしてフラ フラする毎日。ある日、二人は新聞の出会い系の広告に載っていた中年男をダイナーに呼び出し、待ちぼうけを食っている惨めな姿を見て暇を潰す。しかし、 イーニドのほうはその中年男シーモアのことがなぜか気になる。やがて、シーモアの趣味である古いブルースのレコードをきっかけに二人の奇妙な交流が始まる のだが……。若い女の子に年甲斐もなく恋してしまうダメ中年男をインディー界のカリスマ、スティーヴ・ブシェミが演じ、音楽オタクの悲哀を見せ泣かせる。
| //洋画//か行 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:15 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック