見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< レザボアドッグス | main | キャットウーマン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
未来を写した子どもたち
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


売春窟に生まれて
Born into Brothel/売春窟に生まれて(インド・アメリカ 2004年)
Born into Brothel
監督:Zana Briski, Ross Kauffman
出演:カルカッタの8人の子供達

公式ウェブサイト:Kids with Camera
第77回アカデミー・ベスト・ドキュメンタリー映画賞に輝き、その他世界30カ国で映画賞を受賞した作品。
<<ストーリー>>
 写真家Zanaは、インドはカルカッタの売春窟で、子供達の為に写真のクラスを開く。そこに集まった8人の子供達。彼らは写真に夢中になってゆく。写真を通してZanaは、彼らとの関係を時間をかけながら築いてゆく。


 誰も知らんと思うので先に載せました。この映画は日本では上映もされずDVD化にもなっていないという、バカヤロウジャパニーズって感じ。観ろ!とまでは云わない、泣けないし、共感しないし、観て成長するってわけでもない、でもこれはドキュメンタリー映画やから事実を伝えたらいいんやと思う。
 子供は綺麗やのに大人たちの言葉が汚い、その大人たちも自分の子供と同じ道を歩んだだけに、悪循環よね。私がしてあげられることはないと思う。写真を買ったり寄付したりしんから。でも現状を知っただけで、それを人に云うだけとか、偉そうやんね。「可哀想」なんて言葉云う人間なんか刺してしまえ。

 Zonaがしてることって周りには理解できんことやと思う、でも彼女がしていることは微量なことかもしれんけど、子供たちにとって、数人でしかなかったけど彼女は偉大である。「可哀想」とか、偉ぶって知識としてこの映画を吸収する人間にはなりたくない。

 この映画を観た人が自分なりの答えを出してくれたら嬉しい。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.mirai-kodomo.net/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

未来を写した子どもたち(2004)

BORN INTO BROTHELS: CALCUTTA'S RED LIGHT KIDS

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アット エンタテインメント)
初公開年月2008/11/22
ジャンルドキュメンタリー
映倫PG-12
インド・カルカッタの売春窟に生まれついた子どもたち。
彼らは外の世界を知らず、夢を持つ事も許されない。
ある日、子どもたちはカメラと出会い、自分たちに無限の未来と希望がある事を知る。

【クレジット】
監督:ロス・カウフマン

ザナ・ブリスキ
製作:ロス・カウフマン

ザナ・ブリスキ
製作総指揮:ジェラリン・ホワイト・ドレイファウス
撮影:ロス・カウフマン

ザナ・ブリスキ
編集:ナンシー・ベイカー

ロス・カウフマン
音楽:ジョン・マクダウェル
【解説】
  インド・カルカッタにある巨大な売春窟。そこには売春婦だけでなく、そこで生まれた多くの子どもたちがいた。彼らは、売春婦である母親の手伝いをし、女の 子であれば一定の年齢に達すると自らも客を取らされるようになる。彼らのほとんどは一生をこの売春窟の中だけで暮らし、未来に夢や希望を持つことを許され ない過酷な運命にあった。ニューヨークで活動するフォトジャーナリスト、ザナ・ブリスキは、1998年からこの売春窟での取材を開始し、子どもたちの悲惨 な現実を目の当たりにする。そんな中、子どもたちがカメラに興味を持つことに注目した彼女は、彼らにインスタントカメラを買い与え、写真教室を始めること を思いつく。カメラを手にした子どもたちは、表現することの喜びを知ると共に、中にはプロ顔負けの素晴らしい才能を発揮してみせる子どもも現われる。こう して始まった彼女の活動は、やがて子どもたちに初めて未来への生きる希望をもたらした。本作は、売春窟の子どもたちに、その過酷な境遇から抜け出すチャン スを与えようと奔走するザナ・ブリスキの姿を追った衝撃と感動のドキュメンタリー。2004年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ数々の映 画賞を受賞。


| !!!---ASIA---!!! | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 03:10 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック