見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< バッド・エデュケーション | main | クローズZERO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
キサラギ
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 久々の邦画や。この映画は話の進行場所がひとつの部屋なので、舞台をみている気分になる。出ている役者も舞台出てはるし、演技の基礎がある人たちばかりなので安定感のある空間である。浮いてる人もいたけど。小出君は演技うまかったんやと気付いた、君にしか聞こえないの演技は好きではない。気のせいか小栗君が太っていった気がする。

 これ脚本が小説っぽい。しかし深読みしていく人にとっては終盤のひとつ位以外は少し前に読みながらいけるのでは。100分でいいわ。なんか展開が30分位ズレてる気がする。

 これは芸能人が演じてると面白いんやわ、観てる人より1.5倍共感するで。ファンに媚びてる気もするけど、如月ミキはアイドルだもーん。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.kisaragi-movie.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
キサラギ
 (2007)
メディア 映画
上映時間 108分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2007/06/16
ジャンル サスペンス/ミステリー/コメディ

自殺したアイドル、如月ミキの一周忌
男、5人、この部屋で事件は起こる──


【クレジット】
監督: 佐藤祐市
企画・プロデューサー: 野間清恵
製作: 三宅澄二
水野勝博
橋荘一郎
小池武久
出雲幸治
古玉國彦
石井徹
喜多埜裕明
山崎浩一
プロデューサー: 望月泰江
井口喜一
エグゼクティブプロデューサー: 三宅澄二
原作: 古沢良太
脚本: 古沢良太
撮影: 川村明弘
編集: 田口拓也
音楽: 佐藤直紀
主題歌: ライムライト 『キサラギ』
VFXスーパーバイザー: 野崎宏二
映像: 高梨剣
共同プロデューサー: 宮下史之
照明: 阿部慶治
録音: 島田隆雄
助監督: 本間利幸

出演: 小栗旬 家元
ユースケ・サンタマリア オダ・ユージ
小出恵介 スネーク
塚地武雅 安男(ドランクドラゴン)
末永優衣
米本来輝
平野勝美
酒井香奈子 如月ミキ
宍戸錠 (特別出演)
香川照之 いちご娘

【解説】
 ワン・シチュエーションでありながら、どこまでもスリリングに展開していく巧みな脚本を、個性派キャスト5人のアンサンブルで映画化した笑いと感動の ハートフル・サスペンス・コメディ。評判を呼んだ脚本を手掛けたのは「ALWAYS 三丁目の夕日」の古沢良太。監督は「シムソンズ」の佐藤祐市。
 マイナーなグラビアアイドル、如月ミキが焼身自殺を遂げてから1年が過ぎた。彼女のファンサイトでは一周忌のオフ会を開催することに。集まったのは、サ イト管理人の家元とサイトの常連、オダ・ユージ、スネーク、安男、いちご娘という5人の男たち。初めて直に顔を合わせた彼らは、ミキの思い出に浸り、自慢 話で盛り上がる。明るかったミキの自殺という事実に釈然としない気持ちを持ち続けていた5人。そしてオダ・ユージの“彼女は殺されたんだ”という発言を境 に、彼らはミキの死の真相を巡って怒涛の推理を展開していくが…。
|  邦画―か行 | 05:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 05:29 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック