見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< キサラギ | main | 名もなきアフリカの地で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
クローズZERO
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


山田さんがカッコイイ。
 時生の存在が無駄にでかいぜ、マンガどうなっているのかは知らんけど。黒木メイサはいてもいんでも、なんか可哀想な役やったな、あんま描かれてなかったし。しかし、「大奥」でも思ったけど岸谷五朗さんが悪者やってると相当怖い、極道っぽくはなかったけれども。

 遠藤慶一さんカッコヨス
三池監督の青春と云えば青の春だったのに、自分で塗り替えた感じです。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.crows-zero.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
クローズZERO
 (2007)
メディア 映画
上映時間 130分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2007/10/27
ジャンル アクション/学園
映倫 PG-12

2007年11月3日(祝・土)全国東宝系ロードショー
(C)2007盒競劵蹈掘拭屮ローズZERO」製作委員会

【クレジット】
監督: 三池崇史
プロデューサー: 山本又一朗
アソシエイトプロデューサー: 岡田有正
富田敏家
堀之内郁哉
企画: 濱名一哉
原作: 高橋ヒロシ (秋田書店 少年チャンピオンコミックス刊)
脚本: 武藤将吾
撮影: 古谷巧
美術: 林田裕至
編集: 掛須秀一
長坂智樹
音楽: 大坪直樹
音楽プロデューサー: 古川ヒロシ
CGIプロデューサー: 坂美佐子
ラインプロデューサー: 原田耕治
音響効果: 柴崎憲治
共同プロデューサー: 佐谷秀美
照明: 高坂俊秀
録音: 石貝洋
助監督: 西山太郎

出演: 小栗旬 滝谷源治
やべきょうすけ 片桐拳
黒木メイサ 逢沢ルカ
桐谷健太 辰川時生
高橋努 牧瀬隆史
鈴之助 田村忠太
遠藤要 戸梶勇次
上地雄輔 筒本将治
大東俊介 桐島ヒロミ
小柳友 杉原誠
渡辺大 阪東秀人
深水元基 林田恵
伊崎右典 三上学
伊崎央登 三上豪
松重豊 牛山
塩見三省 黒岩義信
遠藤憲一 矢崎丈治
岸谷五朗 滝谷英雄
高岡蒼甫 伊崎瞬
山田孝之 芹沢多摩雄

【解説】
 高橋ヒロシの人気コミック『クローズ』を鬼才・三池崇史監督が完全オリジナル・ストーリーで実写映画化したバイオレンス・アクション。不良学生ばかりの 男子高校を舞台に、学園の頂点を目指して激しい抗争に明け暮れる男たちの熱き生き様を、壮絶なケンカ・バトルと共に描き出す。主演はTV「花より男子」 「キサラギ」の小栗旬、共演に山田孝之、やべきょうすけ。
 最凶・最悪の不良学生たちの巣窟、鈴蘭男子高等学校。幾多の派閥が勢力争いを繰り返し、いまだかつて鈴蘭を制覇・統一した者はいなかった。現在も、芹沢 多摩雄率いる最大派閥の“芹沢軍団”を軸に、群雄割拠の状況が続いていた。そんな鈴蘭にやって来た3年の転入生、滝谷源治は、本気で学園の制覇を狙ってい た。一匹狼を貫く源治だったが、ふとしたことから鈴蘭OBのチンピラ、片桐拳と出会い、次第に友情を深めていく。やがて拳は、自分が果たせなかった鈴蘭制 覇の夢を源治に託すようになるのだが…。
|  邦画―か行 | 05:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 05:51 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック