見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< クローズZERO | main | dot the i ドット・ジ・アイ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
名もなきアフリカの地で

評価:
カロリーヌ・リンク,シュテファニー・ツヴァイク
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 「このおばさん知ってるわー知ってるわー、性格悪いお母さん役や、それは分かってんねん。」と悶々としながら観ていたらですね、今調べて分かりました。「点子ちゃんとアントン」のお母さんやー。すっきりしたところで、これは今日の夜にやってました。深夜映画は観てまう時ある、今回は140分もあった、長いと思ったら。
 そして監督も同じ方なんですね、他にアカデミー賞をとった「ビヨンド・サイレンス」という作品があるので、観てみたいと思います。音楽もいいですよ、少し感動する場面で流れる曲とか、定番のように心に沁みてきます。そして音楽は「飛ぶ教室」、「点子ちゃんとアントン」担当していました、よろしいですね。

 この監督の作品はメッセージや作った意図が明確です。「差別、文化、成長、家族愛」ってところ。点子と違って今回は差別と戦争を背景にしていて、そして舞台がアフリカということで、新しい作品です。

 一家を支えるコックのオウアが素敵。その土地で暮らす人の思想っていうのは高尚ですよね、卑下してはいかんよね。理解は出来んかもやけど。ん?言ってることおかしい?
まぁ伝えたいことが多かったのでこの長さなんですかね、ラストはこれでいいのかどうか、私は分からん。家族がバラバラになるのはあかんけど。
 最後にバナナを受け取るシーンとか、ストーリーを物語っているように感じました。「名前はマックス、お祖父ちゃんの名前」というレギーナのセリフにも家族の絆がある。

 やっぱり戦争あかんなぁ、日本人は差別に疎いほうやし、私は日本を出たことがないので差別を受けたことがないのですが、この映画はいくつもの「差別」が描かれています。こういうの好きな人にはオススメ。

 最初オカンむかつく、しかし終盤ヴォルターと交代する。
むかーしこの映画の予告を観たのを覚えてます。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.gaga.ne.jp/africa/

オフィシャル・サイト
http://www.nowhereinafrica.com/  (英語)

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
名もなきアフリカの地で
 (2001)
NIRGENDWO IN AFRIKA
NOWHERE IN AFRICA
メディア 映画
上映時間 141分
製作国 ドイツ
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2003/08/09
ジャンル ドラマ

よろこびも、かなしみも、この大地が教えてくれた。

愛するもの、すべてがここにある。


【クレジット】
監督: カロリーヌ・リンク
製作: ベルント・アイヒンガー
ペーター・ヘルマン
ミヒャエル・ウェバー
原作: シュテファニー・ツヴァイク
脚本: カロリーヌ・リンク
撮影: ゲルノット・ロール
編集: パトリシア・ロンメル
音楽: ニキ・ライザー

出演: ユリアーネ・ケーラー イエッテル・レドリッヒ
メラーブ・ニニッゼ ヴァルター・レドリッヒ
レア・クルカ 幼い頃のレギーナ
カロリーネ・エケルツ 10代のレギーナ
マティアス・ハービッヒ ジュスキント
シデーデ・オンユーロ オウア
メヒティルド・グロスマン

【解説】
 「ビヨンド・サイレンス」「点子ちゃんとアントン」のカロリーヌ・リンク監督が、シュテファニー・ツヴァイクの自伝的小説を映画化した家族の愛の物語。 ナチスの迫害を逃れアフリカに移住したユダヤ人一家が、全く異なる文化の中で一度は崩れかけた家族の絆を再び取り戻していくまでを真摯に見つめた感動作。 2002年度のアカデミー最優秀外国語映画賞を受賞。
 1938年4月、少女レギーナと母イエッテルはナチスの迫害を逃れるため、故郷のドイツを後にし、先にケニアに渡っていた父ヴァルターのいるロンガイの 農場へとやってきた。ドイツでは弁護士をしていたヴァルターもここでは農場で働く一介の労働者。予想を超える過酷な生活に、お嬢様育ちのイエッテルは耐え られず弱音を吐いてばかり。一方ヴァルターは、欧州情勢の悪化に、残してきた父や妹の安否が不安でならない。そんな2人を尻目に、レギーナは料理人のオウ アやケニアの子どもたちとすぐに仲良くなり、アフリカの大地でたくましく成長していく…。
| //洋画//な行 | 06:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 06:15 | - | - | - | このページのトップへ
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/07/09 10:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック