見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< 2007年/観た映画まとめバトン | main | ヴァージン・スーサイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
アドレナリン
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


何気にジェイソン・ステイサム好きだ。出てる映画も裏社会系で好みのジャンルでもある。とういかコラテラルに出てたか?知らんわ。トランスポーターとちょい役セルラースナッチ、スナッチのテンションが一番好きかな、この映画もテンション好きやがプーマが似合わん。スポンサーなんやろうが、スニーカーはまだ許せたけどジャージはないわ。やっぱスーツだで、スキンヘッドにスーツ。
 この映画は私が好きな映画のブログサイトさんが、B級映画好きな人でも優しくないと許せんラストだと。私は許せる。あの合成感とか許す、果てしなく。

 カメラワーク色彩センス好き、おもろい。ギカントレベル補正。監督はが好きなんね。目につく赤。音楽のセンスも大好きだ。バイクに乗ってる時のあの滑らかさなんやw 絶対こんなところでこの曲流さんやろとなるのを逆にバックでぶっ込んでくる感じ。いい性格してるね全く。全体的に主人公の心臓の音なるリズムが流れていて、同じテンションでいれる。携帯の着メロ最悪でね、「ピョロロロロ〜」気が抜けるんよ、遂にジェイソンの心臓がーって思うのよ。

アドレナリン subimag

 原題のが好きかも、「頭からっぽ」のがおもろい。日本人には意味が通らんからやろうけど。

あー今年1年で一番笑ったのこれやな、下のバトン改正なるところ。ちなみに作中で一番笑ったのはリッキーの弟が死ぬところ。腹出た友だちがおもろい。

 彼女バカ
エンドクレジットの顔が可哀想、街頭でバックでやってる時のイッてる目の停止とか、スタッフに嫌われてるんじゃないの。良いスタイルしてるのが好きだけどね。
 しかし病院の入院服に着替える際にパンツまで脱ぐ必要性はあるのか、別にいいけど。ちらちらと見えるケツはなんだ。それと相手を罵る時はホモやろうとお前のお袋ファッキングのたった2パターンでまかり通っていて良いんやろうか。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.adrenaline-movie.com/
オフィシャル・サイト
http://www.crankfilm.com/ (英語)


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
アドレナリン(2006)
CRANK
メディア 映画
上映時間 94分
製作国 アメリカ/イギリス
公開情報 劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月 2007/07/07
ジャンル アクション/犯罪/サスペンス
映倫 R-15
心臓に仕掛けられたのは死への時限装置。
このスナイパー、アドレナリンを出し続けないと
即、死亡。


【クレジット】
監督: ネヴェルダイン
テイラー
製作: マイケル・デイヴィス
トム・ローゼンバーグ
スキップ・ウィリアムソン
リチャード・ライト
ゲイリー・ルチェッシ
製作総指揮: ピーター・ブロック
マイケル・パセオネック
エリック・リード
デヴィッド・スコット・ルービン
脚本: ネヴェルダイン
テイラー
撮影: アダム・ビドル
プロダクションデ
ザイン: ジェリー・フレミング
衣装デザイン: クリストファー・ローレンス
編集: ブライアン・バーダン
音楽: ポール・ハスリンジャー

出演: ジェイソン・ステイサム シェブ・チェリオス
エイミー・スマート イヴ
ホセ・パブロ・カンティージョ リッキー・ベローナ
エフレン・ラミレッツ ケイロ
ドワイト・ヨーカム ドック・マイルズ
レノ・ウィルソン オーランド
キーオニー・ヤング ドン・キム
カルロス・サンス カリート
グレン・ハワートン
ヴァレリー・レイ・ミラー
チェスター・ベニネトン
【解説】
 「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム主演のノンストップ・クライム・アクション。アドレナリンを出し続けないと死んでしまうという毒を盛られ た主人公が、解毒剤を手に入れようと、むやみやたらに興奮し続けながら犯人探しに奔走する。監督はCMなどで活躍し、これが長編監督デビューとなるクリエ イター・コンビのネヴェルダイン&テイラー。
 ロサンジェルスの裏社会でプロのスナイパーとして生きるシェブ・チェリオス。ある朝目覚めると、宿敵のリッキーから“眠っている間に毒を盛った。お前は あと1時間の命だ”と告げられる。解毒剤を手に入れるため、リッキーの居場所を探し始めたシェブ。やがて、知り合いの医師から、アドレナリンを出し続ける と毒の作用が止められると知らされたシェブは、所構わず動き続け、興奮し続けるハメに。さらに恋人イヴも狙われていると知り、やむなく彼女も一緒に連れ回 すことになるのだが…。
| //洋画//あ行 | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:03 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック