見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< あるいは裏切りという名の犬 | main | それでもボクはやってない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
トランスフォーマー
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 基本的にSFは全く観よらん。ちなみにカーチェイス系も好きではない。

 穴/HOLESの少年が、コンスタンティンアイ,ロボットでも子分役でちょろっとでていましたね、そのキャラクターでインディージョーンズの新作出演の彼が、でかい映画の主演はってる日がきたんだなと思いながら観てた。主演顔なのかコイツ。穴とかは好きだのに、なんかこんな感じで成長したんだな、でも演技はコメディタッチで軽くて好き。
 で上記に書いた通りマイケル・ベイが撮る映画が好きではないとは言い切れないのが、バッドボーイズが好きだからね。若干おもろかったらいいんかいって感じやけど、いいんだよ。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.transformersmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.transformers-movie.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
トランスフォーマー(2007)
TRANSFORMERS
メディア 映画
上映時間 144分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(UIP)
初公開年月 2007/08/04
ジャンル SF/アクション/ドラマ

未知なる侵略は
トランスフォーム<変身>から始まる!

【クレジット】
監督: マイケル・ベイ
製作: ドン・マーフィ
トム・デサント
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
マイケル・ベイ
ブライアン・ゴールドナー
マーク・ヴァーラディアン
原案: アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
ジョン・ロジャース
脚本: アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
撮影: ミッチェル・アムンドセン
特殊視覚効果: ILM
プロダクションデ
ザイン: ジェフ・マン
衣装デザイン: デボラ・L・スコット
編集: ポール・ルベル
グレン・スキャントルベリー
音楽: スティーヴ・ジャブロンスキー
音楽スーパーバイ
ザー: デイヴ・ジョーダン

出演: シャイア・ラブーフ サム・ウィトウィッキー
ミーガン・フォックス ミカエラ
ジョシュ・デュアメル レノックス大尉
ジョン・ヴォイト ジョン・ケラー国防長官
ジョン・タートゥーロ シモンズ
レイチェル・テイラー マギー
タイリース・ギブソン エップス軍曹
アンソニー・アンダーソン グレン
ケヴィン・ダン ロン・ウィトウィッキー
ジュリー・ホワイト ジュディ・ウィトウィッキー
アマウリー・ノラスコ ホルヘ
バーニー・マック ボビー・ボリビア
W・モーガン・シェパード ウィトウィッキー船長
マイケル・オニール トム
ザック・ウォード
クリス・エリス
グレン・モーシャワー
ジョン・ロビンソン
トラヴィス・ヴァン・ウィンクル
ソフィー・ボバル
声の出演: ピーター・カレン オプティマス・プライム
マーク・ライアン バンブルビー
ヒューゴ・ウィーヴィング メガトロン
レノ・ウィルソン
【解説】
 共に大ヒット作を生み出してきたスピルバーグとマイケル・ベイのブロックバスター・コンビが放つSFアクション。1980年代に人気を博した日米合作の アニメを実写化。人類が、あらゆるテクノロジー機器に姿を変えられ“トランスフォーム”(変身)する金属生命体の脅威に晒されるさまを、最新技術を駆使し て描く。主演は注目の若手俳優シャイア・ラブーフ。
 ある日、中東カタールの米軍基地に未確認ヘリコプターが着陸、突然ロボット型へと変形し無差別に攻撃し始める。また、飛行中の米国大統領専用機エア フォースワン内では何者かが侵入し、機密情報が驚異的なスピードでハッキングされる事態に。ただならぬ状況と判断した政府は、内密に分析と対策に取り掛か る。そんな中、高校生のサムは父親から車を買ってもらう。そしてその車は、ある日ロボットへ変形し、やがて同じようなロボットたちがサムの目の前に姿を現 わすのだった。彼らとその対抗組織が地球に落ちた“キューブ”というものを探し求めており、どうやらサムがそのカギを握っているというのだが…。
| //洋画//た行 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック