見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< ハリウッド的殺人事件 | main | シン・シティ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
幸せのちから

評価:
スティーヴン・コンラッド
<<評価:★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

これはー、イメージと違いました。
主人公もっと性格良いと思った。思想的に幸せになったんじゃなくて、あきらめずに仕事を手に入れたという感じに受け止めた。そういうのではなく精神的に最後に幸せになってほしかった。仕事とかじゃなくて。それが成功というならそれはそれでいいのですけど。

 奥さんでもちゃんと育てられたのでは。わからん。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.com/movies/thepursuitofhappyness/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
幸せのちから(2006)
THE PURSUIT OF HAPPYNESS
メディア 映画
上映時間 117分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2007/01/27
ジャンル ドラマ
この手は、離さない──

全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。
【クレジット】
監督: ガブリエレ・ムッチーノ
製作: トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティッシュ
ジェームズ・ラシター
ウィル・スミス
製作総指揮: ルイス・デスポジート
マーク・クレイマン
デヴィッド・アルパー
テディ・ジー
脚本: スティーヴン・コンラッド
撮影: フェドン・パパマイケル
プロダクションデ
ザイン: J・マイケル・リーヴァ
衣装デザイン: シャレン・デイヴィス
編集: ヒューズ・ウィンボーン
音楽: アンドレア・グエラ

出演: ウィル・スミス クリス・ガードナー
ジェイデン・クリストファー・サイア・
スミス クリストファー
タンディ・ニュートン リンダ
ブライアン・ホウ トゥイッスル
ジェームズ・カレン
カート・フラー
ダン・カステラネタ
タカヨ・フィッシャー
ケヴィン・ウェスト
ジョージ・K・チェン
【解説】
 ホームレスになりながらも愛する息子を唯一の心の支えに、ついには最後のチャンスを掴んで億万長者となった父子の実話を映画化した感動の物語。主演は 「アイ,ロボット」「最後の恋のはじめ方」のウィル・スミス。また、主人公の息子をウィル・スミスの実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス が演じて話題となる。監督は長編5作目にして初の英語作品に挑んだイタリア人監督のガブリエレ・ムッチーノ。
 1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。実の父 を知らずに育ったクリスは、愛する我が子には決して同じ思いをさせまいと心に誓っていた。しかし折からの不況で仕事は思うようにいかず、家賃の支払いもま まならない。ついには愛想を尽かした妻に去られ、家賃滞納で自宅からも立ち退きを命じられてしまう。息子と安モーテルに引っ越したクリスは、一流証券会社 の研修生となり、半年後にたった一人だけ採用となる正社員への道に最後の望みを託す。だが、その半年間は無給。やがてモーテルにも泊まれなくなった父子 は、ついに過酷なホームレス生活を余儀なくされるのだったが…。
| //洋画//さ行 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック