見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< バベル | main | インディージョーンズ/クリスタル・スカルの王国 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ムーンライト・ジェリーフィッシュ
評価:
鶴見昴介,鶴見昴介

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 なんだこのパッケージ。

 これはシネマチューズデーとかで昔観た。結構好きな邦画。ナレーターの紫ヘッドのおじさんが日本版ギルバートグレイブと詠っていました。そんな感じ。
木村君は真面目に演技しているから好き。

 女の子(岡本綾)がさー、最後まで賢い。こんな人も生きてる、人って強い。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.ponycanyon.co.jp/moon/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ムーンライト・ジェリーフィッシュ(2004)
メディア 映画
上映時間 113分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ポニーキャニオン)
初公開年月 2004/08/07
ジャンル ドラマ/ロマンス
月の光の中で、弟のために生きていた
彼女に出会うまでは…


【クレジット】
監督: 鶴見昴介
製作: 石崎邦彦
高原健二
菅井敦
川崎代治
プロデューサー: 杉原典子
二村真一
伊藤正昭
エグゼクティブプ
ロデューサー: 大柳英樹
松山浩士
朝長泰司
宮澤伸昌
湯本浩
脚本: 鶴見昴介
撮影: 栢野直樹
美術: 山崎輝
常盤俊春
編集: 鶴見昴介
音楽: 渡辺雄一
VE: 櫻井隆行
照明: 磯野雅宏
録音: 中村雅光
助監督: 中西正茂

出演: 藤原竜也 寺沢セイジ
岡本綾 南谷佳子
木村了 寺沢ミチオ
袴田吉彦 三木忠
虎牙光揮 王
水島かおり 高田美津子
西山宗佑
水野猛志
川村陽介
並木史朗
外波山文明
野添義弘
古本新之輔
江藤漢斉
小柳友貴美
酒井法子 寺沢由紀子
(特別出演)
小沢仁志 柿崎健一
(友情出演)
石立鉄男 下山源三
石橋蓮司 杉浦警部
【解説】
 難病に冒された弟を支えて黒社会に生き、ひとりの女性と出会ったことでかすかな未来を抱く青年の姿を切ないタッチで描いたラブ・ストーリー。監督は「HERO? 天使に逢えば…」の鶴見昴介。本作が劇場長編初メガホン。主演は「バトル・ロワイアル」シリーズの藤原竜也。共演に2002年ジュノンスーパーボーイコンテスト特別賞の木村了と「おぎゃあ。」の岡本綾。
 新宿歌舞伎町。既に両親を亡くしていた青年セイジは、ただ一人の家族で難病を抱えた弟ミチオを支えながら暴力団組員として生計を立てている。ミチオは、太陽光を直接浴びると体に生命の危険を及ぼしてしまう色素性乾皮症という難病を患い、原因不明の知的障害も併発していた。弟のために、自分の幸せを顧みず社会のはみ出し者となる道を選んだセイジ。しかしそんなある日、彼は看護士のケイコと出会う。ミチオの担当看護士として献身的に働く彼女に、セイジは初めて未来への希望を見出す。またケイコも、いつしかセイジへ惹かれ始めていくのだが…。
|  邦画―ま行 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:27 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック