見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< ムーンライト・ジェリーフィッシュ | main | 幸福の鐘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
インディージョーンズ/クリスタル・スカルの王国
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


大好きインディー!!!!!

 最初インディーが帽子をかぶるシーンだけでキャラクターがあるすごさを感じました。それだけで期待するのって微笑ましいですよね。前作よりアクションが良い。セットとかCGがなんか自然でさらに良い(笑) 笑いのセンスも良いです。

ハリウッド的殺人事件でしんどそうとか云われてたけどそんなことない。かっこいいし、核爆弾のとことか。

そして音楽に無駄がない、過不足感じないところがまた良いセンスを感じる。時代背景が少し前なのも良い。楽譜通りのクレッシェンドの連続が超マッチする。

 あーダイハード4もそうやけど、子供頃にTVで観た映画がスクリーンにかえってくるのって幸せなことだ。

しくったのが吹き替えで観たのよね、声優さん違った。あんまりみんな怪我しないよね、ゲームみたいでおもろかったけど。前作と雰囲気違うけどふっとぶ位他のことがどうでもいい。おもろい。映画は娯楽だー頭かたくしてみんなー。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.indianajones.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.indianajones.com/ (英語)


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)
INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
メディア 映画
上映時間 124分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2008/06/21
ジャンル アドベンチャー/アクション
全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!

【クレジット】
監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作: フランク・マーシャル
製作総指揮: ジョージ・ルーカス
キャスリーン・ケネディ
キャラクター創造: ジョージ・ルーカス
フィリップ・カウフマン
原案: ジョージ・ルーカス
ジェフ・ナサンソン
脚本: デヴィッド・コープ
撮影: ヤヌス・カミンスキー
プロダクションデ
ザイン: ガイ・ヘンドリックス・ディアス
衣装デザイン: メアリー・ゾフレス
編集: マイケル・カーン
音楽: ジョン・ウィリアムズ

出演: ハリソン・フォード インディアナ・ジョーンズ
シャイア・ラブーフ マット・ウィリアムズ
レイ・ウィンストン ジョージ・マクヘイル
カレン・アレン マリオン・レイヴンウッド
ケイト・ブランシェット イリーナ・スパルコ
ジョン・ハート オクスリー教授
ジム・ブロードベント ディーン・チャールズ・スタンフォース
イゴール・ジジキン
アラン・デイル
【解説】
 ハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャー。今回は米ソ冷戦下の1950年代を舞台に、インディが宇宙の神秘を解く力を持つ秘宝をめぐって熾烈な争奪戦を繰り広げる。
 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛かりを辿っていた。そしてそこには、なんとインディが捕らえられ、クリスタル・スカルの捜索を強要されていたのだった。しかし、スキをみて脱出を図り、何とかスパルコの手を逃れたインディは考古学教授として赴任している大学へと舞い戻る。すると今度は、彼の前に一通の手紙を携えたマットという青年が現われるのだが…。

| //洋画//あ行 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック