見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
<< リンク1件追加&メールフォーム設置 | main | 舞台よりすてきな生活 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ナイト ミュージアム
<<評価:★★★☆>>

 これは予告の時に夜に展示物が動き出すってので夢があっていいなぁと思って観たかった。主人公の唇がカサカサしてるのが気になった、誰かリップクリームしろって云えよ。この人はコメディアンなのかね。監督もやってて俺たちフィギアスケーターの製作やってるんや、すごい。

 設定はいいのになぁ、配役ミスってるな、元妻キレイちゃうし綺麗どころがあまい!
でもロビン・ウイリアムズ素敵すぎる。顔が、顔がもう癒し、だめだいい人だー。パッチ・アダムスレナードの朝フック!!も!聖なる嘘つきも!(泣く!マジで良い話)ミセス・ダウトもなー、何度も見れる。ジャックもせつねー。奇蹟の輝きは特におすすめです。あと聖なる嘘つきも。初めて見たのはジュマンジか、いいよね彼は。

 いい顔をする端役が少ないからこうなる、勿体ない。オーウェン・ウィルソンがちっさいのも勿体ない!サカジャウィア役の人はとても良かった。息子も良いけどあと一歩、掴めてはいるから惜しい。←自分の中の演技評価



 あと云いたいのが、音楽がいい。「落ち込んだ」曲、「気持ちが切り替わった」曲、「嬉しいー!」の曲みたいなのは観てるほうが内容を理解しやすいので助かるよね。
でももう一回みたいとか不思議と思わないので★みっつ半。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.nightatthemuseum.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ナイト ミュージアム(2006)
NIGHT AT THE MUSEUM
メディア 映画
上映時間 108分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2007/03/17
ジャンル コメディ/ファンタジー/アドベンチャー
みんな みんな、動き出す!
【クレジット】
監督: ショーン・レヴィ
製作: ショーン・レヴィ
クリス・コロンバス
マイケル・バーナサン
製作総指揮: マーク・A・ラドクリフ
原作: ミラン・トレンク
原案: ロバート・ベン・ガラント
トーマス・レノン
脚本: ロバート・ベン・ガラント
トーマス・レノン
撮影: ギレルモ・ナヴァロ
プロダクションデ
ザイン: クロード・パレ
衣装デザイン: レネー・エイプリル
編集: ドン・ジマーマン
音楽: アラン・シルヴェストリ

出演: ベン・スティラー ラリー・デリー
カーラ・グギーノ レベッカ
ディック・ヴァン・ダイク セシル
ミッキー・ルーニー ガス
ビル・コッブス レジナルド
ジェイク・チェリー ニック・デリー
ロビン・ウィリアムズ テディ・ルーズベルト大統領
ミズオ・ペック サカジャウィア
ラミ・マレック アクメンラ
リッキー・ジャーヴェイス マクフィー博士
アン・メアラ デビー
キム・レイヴァー エリカ・デリー
スティーヴ・クーガン
ポール・ラッド
オーウェン・ウィルソン
(クレジットなし)
【解説】
 ベン・スティラー主演の全米大ヒット・ファンタジー・コメディ。ニューヨークの国立自然史博物館を舞台に、新任の夜警となった主人公の目の前で、展示物が次々と動き出し大騒動を繰り広げるさまをコミカルに描く。監督は「ピンクパンサー」「ジャスト・マリッジ」のショーン・レヴィ。
 ニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー。現在は失業中で、最愛の息子ニッキーにも愛想を尽かされてしまう始末。そこで新しい職探しを始めたラリーは、自然史博物館の夜警の仕事にありつく。さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博物館で勤務初日を迎える。ところが見回りを始めたラリーは、誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く。音のするほうへ行ってみると、なんとティラノザウルスの全身骨格が吸水機から水を飲んでいた。しかも驚きはそれだけではなかった。モアイ像や原始人、動物たちなど、博物館の展示物が次々と生き返り、勝手気ままに動き出していたのだった。
| //洋画//な行 | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:19 | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック