見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
人喰殺人鬼
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 この映画、実はノンフィクション。
1940年代にタイであった事件で、中国人が幼児5人を殺害して何人かの臓器を喰った殺人鬼の話。とてもタイトル通りの話なのですが、犯行に移る彼の動機や1940年代という時代風景を含め、低俗な探究心の映画ではなくドキュメンタリー性の強い作品と云える。
しかし低予算の雰囲気は否めない。役者のビジュアルや演技力は安定しているので、その点は良かった。

ラストのおばあさんの行動と云うのが、本当は恐ろしいグリム童話の中の(確かヘンゼルとグレーテルの)エピソードにもある、その時代の風習であったことは事実であるので、彼だけを視て他を切り捨てて考えるのは勿体ない。

 しかし、彼については色々話しが飛び交っているので、映画の視聴者に解りやすく監督か誰かが脚本を書いたのかも知れないです。映画としては良い展開だと思う。


 余談ですが、彼の遺体はタイではとっても有名。そのわけは、「シリラート死体博物館」に蝋付けで展示されているから。
なんでも、死体の回収を求めた中国の要求を断ったタイ政府、裁判所は彼に「死刑にした後も供養する価値はない」と判決を下し、永久にさらし者にする方法を選んだ。から。
うーん、日本ではあり得ない話 笑
そんなわけでこの法医学博物館は、別名「シーウィー博物館」と云う彼の名前で呼ばれることが多い。この「シーウィー」にも意味があることに、この作品を観れば分かるんだな〜。

他にも、法医学の観点から色々展示してある博物館のリンク↓
http://www.bangkoknavi.com/miru/14/

※心臓の弱い方、グロテスクな物の苦手な方は見ないでください。
とのことなので、視たい人だけどうぞ〜。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
チョコレート・ファイター
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


ジージャー!!!!!!!(キャー!)

 これは予告を観た時に、肉と肉がぶつかる衝撃でブレる四肢にトキメいた。トキメイタ。トキめいた。ノーワイヤーノースタントノーCGに取り組むという偉業を成し遂げた、この映画のスタッフと演者。4年前から監督の目に留まりトレーニングしていたテコンドーのスペシャリスト本作で初登場したアクション界のニューカマージージャ。NGシーン集は、笑えない引くシーン集。彼らはバカなのか、いや、今のアクションムービーにお約束なことを払拭してこそ視えるリアリティがこの作品にはある。

表情がただのブスだったり可愛かったりするジージャ。


リアルに撮影中鼻血を流している女優ジージャ。
ほんとはジージャーだけど、云い難いのでジージャ。

足技が特に華麗で女性のアクションというので物腰は品やか、小柄な彼女はスクリーンを縦横無尽に走り回る。丁寧なカメラワークから複雑なシーンもごちゃごちゃとせず息を呑む痛快さが良い。ヤクザ役で出てくる阿部寛の乱闘シーンは手足の長い人が動くと迫力が違う。


 ストーリーはアクション映画のものだが、そこは進歩してないのかと思うなかれ、この作品は逆に旧式に戻っているのだから。なのでラストには往年のよく視る道場セットが組まれている。その反面ゴリゴリのアクションものとは違い、序盤はいたって穏やかなシーンが多い。確かトランペットのソロからハープやピアノのソロに移り変わる音楽が時の流れの中でゼンの成長を映す。

主人公ゼンには当初はなかった自閉症という設定を監督は盛り込んだ。それは作品をよりリアルに近づけるためだという。しかし、私に自閉症の知識がないので判然としない。後に何か本を読んで納得出来るようにと思う。

監督はマッハ!のプラッチャヤー・ピンゲーオ
↑もノン三原則を掲げている。この監督好きだ。まだ観ていないマッハ!も然り、好きなアクション映画カンフー・ハッスルが観たくなる。こんなのはアジアの中で、しかもこの二人の監督しかもう撮れないと思う分、期待が募る次の作品は是非劇場で観たい。チョコレートファイター2なんてないのか。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.chocolate-movie.com/ (タイ語)
オフィシャル・サイト
http://www.chocolatefighter.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
インファナル・アフェア
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 なんか知らんけどゲイの映画やと思ってたんですよ。とてつもなく有名になったゲイ映画やと思ってたんですよ。何となくすごい映画だと思ってた。でもディパーテッド観たいから観てみよう思てみたらゲイの映画ちゃうんやね、おかしいなーと思ってて感想書くために調べてたら、ヤン役のトニー・レオン、見たことある顔やったけど、ハマってもうて他の映画も見よう思てみたら、ブエノスアイレスって云うよく聞く国ですか?ブエノスアイレスは、それが気になって何気なくレビューみたらそれがゲイ映画で、パッケージも見た憶えがあったんですよ。
つまり、どこかで記憶がごちゃ混ぜになってたんですねー。
ブルーベリー・ナイツのウォン・カーウェイ監督の映画なんで、着々と潰していきます。アジア映画全然観んのですが、嫌いではないです。


 全然言葉が浮かんでこんのですが、無限地獄がまだ続いているんですね。大好きです。今年一好きな映画です。
2.3とありますが、観る自信はあんまりないです。アンディ・ラウしかおらんようです。



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
箪笥
 <<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想




何これホラーじゃない(・ω・)→(゜ω゜)クワッ

約5年くらいホラー映画やと思ってた。



もう感外れまくりで観たい要素の映画が観れてない。
邦題が!間違ってる!世の中の邦題が映画をめちゃめちゃにしてる!変な期待を視聴者に起させている!!
私がもし邦題を付ける役職なら購買欲を高めたり、シリーズにあやかったり、ブームに乗ったりせず、内容にそぐう邦題を付けることを誓う。


だから箪笥関係ない、ホラーじゃない。逆に箪笥のホラー映画って何だろうか。


音楽と色合いとアングルがかわっているので、そこは良いと思う。


邦題が!!映画ファンに親切ではない!むかつく!!


お母さん役のヨム・ジョンアって人H-エイチ-の主人公のベリーショートの人だー。雰囲気違う。
しかし、どっちも綺麗と思うけど どっちもタイプじゃない。



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
親切なクムジャさん
評価:
パク・チャヌク,チョン・ソギョン
ジェネオン エンタテインメント

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


イ・ヨンエ!
 「復讐三部作」だー!!! この語感が大好きでぜんぶ観る所存。この存在を知らずにオールド・ボーイみてからしまった2番目から観てしまったとなりましたが、それは1番目の復讐者に憐れみを観てから決めようと思います。後悔するの嫌いだからね。どうして2番目だけタイトルの雰囲気が違うのでしょう。あるいは裏切りという名の犬でも言った通り、日本語タイトルが好きな私は1番目が楽しみでならん。

 チャングム大好きだったので必然的にこの映画のビジュアルは好きです。オープニングの映像もキレイなので必見、そこだけ観るというのも良い。イ・ジョンホさまなるチ・ジニさんも好きという方は同じく韓国映画、「Hーエイチ−」がオススメします。結構観れる映画←ひどい言い方

 オールドボーイしか観てないのでそれとしか比べられないのですが、話的に2部よりコメディ感があるのでまだ見やすい。しかしそのせい内容が伝わりにくくなっている部分があったり、怖さに欠けたり、本気で言ってるかの境目が分からなくなって、私的にはうっとおしいコメディタッチでした。しかし印象的な映像は韓国映画、中国映画強いと思った。赤の使い方良い。「紅夢」という作品とかしか観てないで言ってるんですけどね。しかしいいと思う。似合ってるとか関係なく。
親切なクムジャさん 画像


 ラストはやっぱり雪が印象的です。すべてを清く見通せる気がする。
あー、私はこれから白く生きます。誓う。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
カンナさん大成功です!
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 手術を決める前のハンナに嗚咽った。ハッピーエンド大好き。そしてコメディタッチ、泣けるし、ジェニーいいし。ありきたりな内容やけど韓国人が演じているのでリアルだ、良い。

169cmで48kgかぁ・・・、と切望した。



【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/200poundsbeauty/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
未来を写した子どもたち
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


売春窟に生まれて
Born into Brothel/売春窟に生まれて(インド・アメリカ 2004年)
Born into Brothel
監督:Zana Briski, Ross Kauffman
出演:カルカッタの8人の子供達

公式ウェブサイト:Kids with Camera
第77回アカデミー・ベスト・ドキュメンタリー映画賞に輝き、その他世界30カ国で映画賞を受賞した作品。
<<ストーリー>>
 写真家Zanaは、インドはカルカッタの売春窟で、子供達の為に写真のクラスを開く。そこに集まった8人の子供達。彼らは写真に夢中になってゆく。写真を通してZanaは、彼らとの関係を時間をかけながら築いてゆく。


 誰も知らんと思うので先に載せました。この映画は日本では上映もされずDVD化にもなっていないという、バカヤロウジャパニーズって感じ。観ろ!とまでは云わない、泣けないし、共感しないし、観て成長するってわけでもない、でもこれはドキュメンタリー映画やから事実を伝えたらいいんやと思う。
 子供は綺麗やのに大人たちの言葉が汚い、その大人たちも自分の子供と同じ道を歩んだだけに、悪循環よね。私がしてあげられることはないと思う。写真を買ったり寄付したりしんから。でも現状を知っただけで、それを人に云うだけとか、偉そうやんね。「可哀想」なんて言葉云う人間なんか刺してしまえ。

 Zonaがしてることって周りには理解できんことやと思う、でも彼女がしていることは微量なことかもしれんけど、子供たちにとって、数人でしかなかったけど彼女は偉大である。「可哀想」とか、偉ぶって知識としてこの映画を吸収する人間にはなりたくない。

 この映画を観た人が自分なりの答えを出してくれたら嬉しい。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.mirai-kodomo.net/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| !!!---ASIA---!!! | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ