見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
THIS IS IT
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 マイケルに惚れてしまう。


円陣を組みながら、
「4年で世界を温暖化から救おう」
と云う。

凄い才能の持ち主が死んでしまったんだと思った。

彼なら成し遂げ得る、私も行動しよう。"世界を癒そう"


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| //洋画//た行 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
小さな恋のメロディ
評価:
アラン・パーカー,アラン・パーカー

<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ものほんタイトルは「melody」なのですね、邦題は可愛らしくて、また良い。

 i Podに入れてるサントラCDの中の、この映画の有名なメロディを思い出したのが動機です。ラスト20分程で停止して、コーヒーをいれながらメロディを口ずさんでいると、母親が「どうしたん、朝から禁じられた遊びの曲歌って。」と話しかけてきた。
「だからまだメロディ流れへんのか!」と驚愕して納得した。そして今思えば苦い気がするコーヒー。そんなくだらんエピソードを何年経っても憶えていそう。

普通にあの暗いテーマがこの映画に合うはずがないのにですね。

===========

 この映画を観ていると、私の大好きなドイツ映画。点子ちゃんとアントンを思い出しました。
雰囲気としては同じく原作者エーリッヒ・ケストナーの作品の飛ぶ教室のが近いのかも知れません。


 私的に、主人公の親友のトムが良い奴過ぎて格好良くて好きです。
主人公であるダニエルはずっと口角が上がっていて、素敵スマイルを絶やさない。良い人間性です。トムを足蹴に!と思いますが、憎めない可愛さがあるダニエルとメロディ。お似合いだぜ!


 子どもたちの日々は、毎日が冒険活劇。
楽しい映画でした。深いテーマはこの際知らないことにします。



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| //洋画//た行 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
翼をください
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ミーシャ・バートンの映画が観たかったので観た。
一応主人公という枠ですが、違いますね。日本では、OCで知名度があるからかえてるんだと思います。

この映画調べてて知ったけど、ミーシャはシックス・センスに出ていたんですね。あのベッドの下からニュッて出てくる仔。


 吹き替えで観たからか、台詞回しが聴きたくない気分になった。
でもミーシャがずっと可愛い。レイチェル・ワイズに継ぐ英国女優としてミーシャを視ております。(この際ナオミ・ワッツは変わり者ロッカー枠)

勝手に期待大!横顔のシルエットも綺麗。手足も長いし背も高いのに女性的。知性的なグラマラスな女優さんになって欲しいです。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| //洋画//た行 | 03:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
つぐない
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

そっちかー!
っていう感じやったんですね。つぐないって云う意味が。
可哀想だなー。少女も恋をしてたんだろうね。うーん、つぐない。

結構好きー。マカヴォイってずるい顔です。
キーラの背中美。というか綺麗にセクシーに撮っています。愛が感じられます。
写真はないですが、緑のドレスが好きです。


まとまっていて映像的にも綺麗で丁寧。良い映画。
脇も良い役者が埋めてます。意外にお金掛かっているでんでしょう。あまり日本では有名になりそうではありませんが、残ってほしい作品です。



このカット印象的。シーンは分からんが観る前にどっかでダウンロードしたのを憶えてます。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.atonementthemovie.co.uk/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.tsugunai.com/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//た行 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
トランスフォーマー/リベンジ
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

人生初、映画を一人で観て参りました。
しかもトランスフォーマーなんぞ男臭い映画でございます。本当はターミネーター4が観たかったのですが、良い具合のがなく。
それにしても映画に1800円てクソ高い気がするのですが、そんなに払いたくね-のです。学生と云う装備がなくなり暫くギャップにヤキモキ致しそうであります。


知らずして結果的には、レイトショーの自由席やったのですが、結局ホットドックとアイスコーヒーで2000円。



Ξ切り替えΞ

1はDVDで観ましたが、確かレビューあります。結構好きなのです。だから観たいなぁと思っておったのですが、
ポスターを視て私が「あ!トランスフォーマーや-。」と云い、
友達が「あ〜おもんないヤツ。」と云い。いみじくも絶たれた我が思想でございます。それもまた良い思い出。

そして初めて一人で観に行った映画。良い思い出ばかりでございます。

なぜ良い映画だと云えるか、内容も良かったからですね。劇場で観たからでありましょうか、1よりグレードアップしてるように感じました。


彼女が小振りなセクシーで好きです。オプティマスかっこよす。倒れた時泣いたし。バンバルブーとかふざけた名前のヤツ、出番少なかったのが残念。
エンドロールで流れてたロック聴いたことある声だったのが気になる。


続編あるみたい。楽しみね。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.transformersmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.tf-revenge.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//た行 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ダークナイト
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


おもしれー
普通におもしれー



暗黒の騎士

バットマン一本も観たことないので、バットマン流ヒーロー定義を初めて目の当たりにして惚れた。スパイダーマンより人間が出来ている。


 ヒース・レジャーなるジョーカーは映画の中で良いスパイスだった。画面が全体的に暗くて見にくいから色的に落ち着く、ナース服が似合う。
でもジョーカーなんだからもっとグロくて良い。もっと惨殺にしようR-15位で

ヒロインのきょとん顔のヤツ、モナリザスマイルでてた人?? 綺麗じゃないよ。最後まで台詞云わしたれよと思った。なんだその扱い。


良く分からんがゴッサムの街をバットマンが守る理由はどこにあるのですか、
てかモーガン・フリーマンはバットマンから離れたの?? あかんよモーガンはそんな人じゃない

音楽がかっこ良い。どーん!っていうのが。弦バが重なっていて厚く音が動くところがかっこ良い。

150分あるー。ジョーカーが一回捕まった時に話が終わったかに見えて、実はまだある。ゴッサムの街に危機は降り掛かる。150分でもおもろい。


しかし、やっぱりヒーローもんは好き。



【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://thedarkknight.warnerbros.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//た行 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ドリームガールズ

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想
 

 サントラを借りてきたので思い出しながら感想を書きます。


 これはねー普通に観ててうらやましいです、彼らの才能とセンスが。
話はまぁねー、ありがちなんちゃいますか。話はダイアナ・ロスとかのパクリやっけ、忘れた。
やってエフィーが性格悪い。歌も重い。タイプじゃない。


エディ・マーフィーはもっと声量があったら好きです。というか皆役者のクセになんでそんなに歌唱力あるんだ、やっぱりうらやましい。
私的にお兄ちゃんの声が癒し。

曲は、「Family」「Listen」が特に好き。王道。


「Listen」のビヨンセの迫力は渡辺直美の比ではないよね。
そこでがらっとビヨンセの歌い方が変わるので好きです。

冒頭の「Move」を聴いただけでテンションがあがったThis is ミュージカル映画。



【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.dreamgirls.dreamworks.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.dreamgirls-movie.jp/



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


続きを読む >>
| //洋画//た行 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
トランスフォーマー
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 基本的にSFは全く観よらん。ちなみにカーチェイス系も好きではない。

 穴/HOLESの少年が、コンスタンティンアイ,ロボットでも子分役でちょろっとでていましたね、そのキャラクターでインディージョーンズの新作出演の彼が、でかい映画の主演はってる日がきたんだなと思いながら観てた。主演顔なのかコイツ。穴とかは好きだのに、なんかこんな感じで成長したんだな、でも演技はコメディタッチで軽くて好き。
 で上記に書いた通りマイケル・ベイが撮る映画が好きではないとは言い切れないのが、バッドボーイズが好きだからね。若干おもろかったらいいんかいって感じやけど、いいんだよ。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.transformersmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.transformers-movie.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//た行 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
dot the i ドット・ジ・アイ

評価:
マシュー・パークヒル
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 ガエルの作品をちょっと観ていこう運動。

 当時、ラストは云わないで下さいといううたい文句でしたので、逆に期待を裏切られるのはいやだ、として今頃観ました。ほかのレビューをみたところ、だまされた、やられたという人が多いのにおどろいた。映画って普通にここまでしないといけないのでは、だましてなんぼだ、というかだましたレベルでは中の中、並ダ!みんな優しいよ!映画ってお金掛かっているのだから、これで我慢してくれるな。
別にこの作品が不発やったわけではない。

 バーナビー役のジェームズ・ダーシーはいい役者だ。きっとマイナーな映画でも輝いている。カルメン役のナタリア・ベルベケはおかっぱのままのが可愛いよ。てかDVDのパッケージを想像してたから、エロティックな彼女にはがっかりしてしまった。ちょっとおかっぱ頭から純愛やと思ってたから。このがっかりレベルは特盛り。でも彼女の美貌は確か、もう一癖あるといい女優になりそう。
トムとテオのコンビがよい、従来のユーモアさは二人にまかせた感じ。サイコっぽさはバーナビー。一般常識は主人公キット。女の感情はカルメンが。
配役に無駄がないね。悪くいったら味がない。この映画の監督はこれから磨きをかけるのかどうか、素材は持っているので、これからも映画をとるなら成長していってほしい。この作品は成長過程、まさに処女作ってかんじ。

 音楽が若々しい。「パンズラビリンス」のハビエル・ナバレテってことにびっくり。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.dot-the-i.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//た行 | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
旅立ちの時
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 これはリヴァー・フェニックス好きな友だちから借りたDVDに入ってて、スタンドバイミーの演技で一目置いてて、ええなぁええなぁと思ってるところ死んでいたということを知ったのはいつの話か。彼の成長した姿を知らない私ですが、インタビューウィズバンパイアの撮影時に亡くなったそう。結局クリスチャン・スレイターが代役したというところですが。なんのはなし・・・。スタンドバイミーの延長線でリヴァー・フェニックスの映画を見たのがまだ彼が10代ってのは嬉しいことです。一応ものさし辿ってる気がするし。

 この映画はお母さんの演技が良かったです。でもみんな良かったか。邦題もいい感じ、的を得てすぎてるかもやけど、こういうセンスのある邦題はいいよね。
両親の行動は頷けるものではないけど、17歳のダニーはそれを間違ってるってわかってても逃亡を続ける。この映画役者が良くなかったらどうだったんでしょう。一人一人がきらりと光る演技をしていて、それをスクリーンの中で効果的に配置しているのが、この映画の良さやと思います。複雑な感情をこうも表現できるんですね、汲み取る作業なしに役者がストレートに演じてくれたと思います。だから良い映画と残るんでしょう。

 お父さんヒゲそったらあぁなるかー、劇的変化するんですね、ヒゲだけで。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


続きを読む >>
| //洋画//た行 | 03:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ