見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
ブラック・ダリア
評価:
ジェイムズ・エルロイ

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 ジョシュ・ハートネットはセクシーですねー。ヴァージン・スー・サイズではよくわかりませんでしたが、セクシャルです。
そして大好きな大好きな スカーレット・ヨハンソン(←ハートです、見えなかった人のために。)
ダブルセクシー。スカヨハのブロンドに瞳の大きさに目の色にほお紅にほくろに赤い唇にしゅっと三角な細いラインの顎にふくよかな胸!ふくよかな胸!
服がまたベージュとか着るんよ。ベージュー。あと白とか、パンツとかはいてドレッシーじゃない感じがさらにエロス

 若干文章が変態なところでやめておきます。


複雑な話なのかな? ラスト30分だけ集中したら話がわかるので、名前と顔を覚えなくても雰囲気で観てたら良い。トイレで殴るシーンあたりからがベスト。ジョシュのセクシーさとスカヨハの煙管にもえてたら、そんなんすぐ経つ。

 ヒラリー・スワンクもキレイなんですね―。ボーイズ・ドント・クライしか知らん私にとってはドキドキもんです。


主人公の心の声で話が進行していく映画は、なぜか話がまったくわからんくなるので苦手です。せめて字幕だと大丈夫なんですけどね、吹き替えのそのタイプはもう、途中であきらめる。シン・シティとか中身入ってこなかった。否、中身がないのか。そんなことない!

さぁ、もっとグロくしていこう。死体が折角でているのだからー
死体よりお母さんのが怖かったです。一人寸劇劇場を出てくる度にしている。
うわーお母さんペチュニアおばさんだーすげー


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.universalpictures.com/blackdahlia/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.black-dahlia.jp/


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む >>
| //洋画//は行 | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ベイビートーク1.2
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 昔のアメリカンファミリーコメディ。やっぱり1が良い、ジョン・トラボルタが若くてかっこ良い。二人の距離の縮まり方とか素敵ス。大好きー。

奥さんのキレイ加減もめっちゃ好き。
たまにエクソシストボイスになるのがおもろい。


雰囲気的にライアービックダディ、のような映画。観た後は気分が良い。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ペネロピ
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想
 

最初困ったことに男優の人の顔が覚えられそうにないなって思ってたら、ちゃんと覚えられる顔が出てきたので安心した。ジェームズ・マカヴォイ、どっかで観たことあると思ってたらナルニアの鹿みたいな、あれね。
つぐないっていう映画が良さそう。

 この映画のテイストが好きな人は多いはず。
話はあんまり練られてないけど、そこまでメッセージ性がない映画じゃないので、私は好きです。豚の鼻の比率が究極。

 ペネロピとマカヴォイ以外の配役はそこまで好きじゃないけど、久しぶりに味のある映画を観て満足ですー。マカヴォイ・・・アップに耐えられない感じが良い。
エンドロールの音楽が素敵。あとバックの模様もテキスタイル的な感じ。素材感のある映画でチャプターとかの文字もかわいらしくて、セットを含めて細かいところまで行き届いてる。完成度が高い感じがする。

容姿についてハンサムスーツよりこういうセンスのある映画で私はメッセージを受け取りたいです。(観てないけど)



 少し関係ないけど、リース・ウィザースプーンが出てて、製作にも携わっている。ウォーク・ザ・ラインでは歌って踊ってたし、シリアスな演がで好きでした。キューティブロンドとは違うコメディタッチな恋人はゴーストも好き。
出来る女だなー。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.penelope-movie.com/
オフィシャル・サイト
http://www.penelopethemovie.com/ (英語)


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
パフューム ある人殺しの物語
 
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 
 人殺しというより殺人鬼ですよね。10人くらい殺してたら。
匂いフェチ新境地殺人映画です、グットスメルを封じ込めようとした匂いフェチな主人公。

 匂いで世界が見えるっておもろい、そこが映像的にあきなかった。食材や繊維、植物に人の肌やらを映像的に匂いとして伝えるっておもろいですよ。そこが長い映画やったけど良かった。


 最後の65人の乱交とか、主人公がグットスメルで人を服従しても愛されてないところとか意味分からんくなってたけど、伝えて学習するもんは結局他の映画と変わらんっていう・・・そこが残念でした。

ドイツ人の英語って違和感ありますよね、主人公がもっとかっこよかったら変態すぎず色気があって良い映画になったと思う。

原作はベストセラーで良い本らしい。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.parfum.film.de/ (ドイツ語)
オフィシャル・サイト
http://perfume.gyao.jp/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ハプニング
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 M・ナイト・シャマラーン

シックスセンスラブ
アンブレイカブルは劇場で観ましたよ。他はヴィレッジもDVD、シックスセンスにいたってはビデオテープ。ほかはしらん。

つうか人生がハプニンングだよ。
若干映画なんてどうでもいいよ。でも書くよ。映画好きだから。

 となりに座っていたカップルの女の人が、初めのかんざしで動脈をブスってやった時に「へっ」言った後ずっと口元おさえてて、しまいに席立ってしばらしくしたら戻ってきててーで、私が思ったことは口元を緩ませている自分を見られたくないってことだけです。

シャマラン監督節の温暖化撲滅映画
だからみんないろいろ考えよう。あと監督の女性のタイプとか分かった気がした。
女性の着てる服のシルエットが日本にはないすごく素敵なワンピースだった。
映像がちょっと汚いように見えた、すこし古い映像を見てる様な。音楽うまい。役者だれ。
主人公の靴のセンスは許しません。あの小学生の運動靴みたいなの。


そういえば映画のあとに天使っぽい人を見た。
映画を観たあとのメッセージ性を彼が体現してくれているように思うので、細かく書きません。その優しさオーラみたいなのね。グロの中にある。いいたいのは。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.thehappeningmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/happening/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
BROTHERS OF THE HEAD
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 久しぶりに映画を観た気がする。
駄目な部分もビジュアルがかっこいいだけなシーンもエロイのも、駄目なもの、それが映画だぜ。小説と違う、現実には起こらない、でも既成事実であったように作り上げてしまうのが映画。
うまく云えんけど、こうなりたいとかいう憧れを交えながら昔は映画を観てたと思う。そういうのを思い出した。堕落した生活を想像する気持ちと近い。

ドキュメンタリータッチの意味は分からんかもやけど、そのほうが映像的に飽きないので良かったとは思う。ストーリーが重くないから最初から期待せずに観れたのもこの作品のすごいところ。
結合性双生児ちゃうかったら全然なっとくできんストーリーやと思う。自分の知識不足で
「間違ってるんちゃう?」と思っても肯定できんむかつき。

マーシャとダーシャ 本 画像高校の時に読んだ「マーシャとダーシャ」っていうドイツに生まれた結合双生児の話を反芻したけど、精神的なことはそこまで掘り下げてなかったと思うから、結局医学的にも未開発なんかもね。
そんな気持ちで観ましたよー。音楽は詩はいいけどそんなにうまくない気がしたよ、とくにバリー。曲はまだ良い。



【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.brothersofthehead.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://brothers-head.com/

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 01:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
星の王子さま
評価:
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 課題のために観た。本はどうしても読めない、「だから?」的な気持ちになって読めない。小さな王様(やっけ)っていう本も表紙が好きやったのに「だから?」症候群で読めんかったのを覚えてる。他に人間失格を読んだ時も暗すぎる主人公に「同い年やのにこいつアホちゃう」と思って初めて買った文庫本を放った。どれも小学校高学年の時のはなし。
 森絵都、梨木果歩、とか児童文学から大人の棚へ(超アダルティ)進んでたから、手短かなあ行の赤川次郎とか読んでたな。そのあと乙一とか、セラピストのトリイ・ヘイデンとかブーム前にItと呼ばれた子とかサラ、神に背いた少年とか、軽いという理由だけでブックプラス読んでたから今思うと外国の本ばっかり読んでた。一体何がしたかったか知らんけど当時はおもろかったんやろな、どれも今読まんジャンル。


 映画のはなし>>
少年がいいよ。しゃべり方が変わってる。なんやら良いので80分やし観てください。
あと歌いすぎ。

大人になったら夢とか希望とか忘れるんですかね、忘れてへんつもりで私はもう忘れてるんじゃないかって思います。走ってるだけで幸せ!竹やぶに自転車で突っ込む。猫を追いかける、建築中の家で遊ぶ、秘密基地を作る、その時にかいた汗!
今は記憶の中のアルバムです。悲しまないことにしてます。今の私にしかできないことってあると思います。小学生の私にはできなかったこととか、気付いてしまった数えきれん事柄に生きにくくなったりして、でもほんとに必要なことは心で見るんでーす。ってことをこの映画は言ってるんやと解釈しました。
映画を観て少しずつ蓄えて、それが成長に、なってる。何のか分からんけど。

 舞台よりすてきな生活とかこの映画とか、自問自答できる映画に出会えば、そのあとまたマンネリとした作品を観、そしてまた良い作品にめぐりあったりする。いつ終わんねんやろ、これ。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
舞台よりすてきな生活
評価:
マイケル・カレスニコ

<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 久しぶりに自分のセンスに飛びこんできた映画。主人公のおっちゃん、ユアン・マクレガーに年をとらせた感じで素敵。性格も好き。奥さんのユーモアさも好き。
エイミー素敵。話も素敵。良い方向に向かっていく話は好き。でも現実さもあって、TVとかで観る障害者の人の親って少ないんやと思う。エイミーがマクガウェン夫妻の子やったらとか切望。でも、この夫妻に会ったことで彼女に絶対的な存在の親以外の素養が備わって、そしてそれがいくつなってもあったらと思う。

 編集の仕方がおもしろい、オープニングから変わってる。場面がよく変わるけど分かりやすいし、うまくまとまってます。音楽も良いです。
自分の性格をセラピーで治す?って奥さんに云われた時に、クセがなかったら脚本家はできないっていうセリフに共感。変な部分がなかったら生み出せないモノもあるよ。

ひとつ原題でも良かったけど邦題も良い。誰もが主人公的な発想に組み変わるけど。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.neighborsdog.com/ (英語)

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
バベル
<<評価:★★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想


 あぁ〜音楽がいいー。久しぶりに映画音楽を聴いた気がする。なんか考えさせられる。
言語、宗教、文化、貧富に壁はなく、私たちの心の中にあるという監督の言葉にうなずく。

馬鹿馬鹿しいほど、同じアメリカ人でも、メキシコ人、日本人でも互いを理解し合えない。
役者がすげー、菊池凛子さんを強いてはいいたくない。ライフルを持った弟の目とか。お金を差し出されて首を振るあの人とか、

ガエルのメキシコ系男はうまいなー、超勝手。
これを撮った監督はえらい。そして日本で日本人を撮影してくれたことがすごく嬉しいのは私だけか。
いいぜー。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://babel.gyao.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.paramountvantage.com/babel/ (英語)


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
復讐者に憐れみを
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想


ぎゃっはまた「は行」更新。

 復讐三部作ついに完結(私の中で)。全然集中して観れなかった。一番ビジュアル的に好きではない。緑頭が似合ってない。というかDVDのパッケージネタバレになっていないか。OPの「いい話」に泣きそうになったよ。ベタだけれども。

なんだかんだ言ってオールドボーイが一番ラストに「ゲッ」と思ったので。センスの悪い印象が残っているので三部作の中で一番復讐っぽく感じた。時間が掛かっているほうが復讐してる感じがある。

この作品は1番目だからか、三種類の復讐を描いているのでお得。
社長の演技が良いので途中から観れた。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続きを読む >>
| //洋画//は行 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ