見た映画の感想とバックナンバーをいれたり
RECOMMEND
レイトショーのしあわせな夜
レイトショーのしあわせな夜 (JUGEMレビュー »)
青山 南
バイブル。
どこの本屋にも無い。
記事の中で聖書と云っていたら、大概この本のことです。
PR
Profile
Search this site.
メールフォーム
なんでもどうぞ。 ※返信をご希望の方は、メールアドレスをご記入ください。
//今まで観た映画の棚//
DMM.
DMM.com CD&DVDレンタル
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | このページのトップへ
疾走
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 重松清の同名小説をSABU監督・脚本で描く「疾走」。

 暗くて蒼くて、響く豊川悦司のナレーションの景色。
SABU監督の映像って青が綺麗と思うんだけど、それは清々しいわけでは決してないんだよー。重くのしかかる空の圧迫感みたいに、息苦しい。それが何とも日本の小説のよう。特に重松さんみたいな、と云う勝手なイメージ。

 手越くん演技うます。ガールフレンドの韓英恵の涼しい眼。閉鎖的な土地の輩に云い捨てる「お前たち嫌いだ!」の言葉。


 不幸と気付かずに、解決策もあるなんて知らずに、ただ生きていたいと願う少年が、不穏な空気の中を走り抜ける風。

 重苦しいのに、どこか清々しい。

|  邦画―さ行 | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
プリティ・ベビー
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 暫くでしたが、記事は書いてはいないけれど、その分映画は観てました。INDEXにリンクがないタイトルが増えていく一方。そしてそれも全部じゃなかったりするんだけど、結構良作があるので書いて行きます。ゆっくりおつきあい下さいませ。


 私はペドフィリアじゃないんですが、こんな仔が居たら危ないって思う、ブルック・シールズの演技と云うか、美貌と云うか、可憐さ、と云う恐ろしさ。


 ほらね、危ない危ない。

青い珊瑚礁で有名な彼女、今作では12歳の娼婦役。今でもじゅーぶん色気があって綺麗な人なんだけど、この少女の線の細さの危なっかしさとかは、観ないと伝わらないんだな。

 この映画、多分だけど、芸術的な意味で過激。



| //洋画//は行 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
キック・アス
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ヒットガールかわゆすね。紫ヘアー似合う〜高まる〜vv

やっぱりアメコミ好きだ。楽しい。ニコラス・ケイジ今までで一番好きなキャラだった。ビック・ダディ i don't forget you...

 ヒーローなのに特殊能力ゼロがわろける。

 EDテイラー・マムセンと云うか、the pretty recklessの「Make me wanna die」でしたね。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.kick-ass.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.kickass-themovie.com/ (英語)
| //洋画//か行 | 01:19 | comments(3) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
裏切りの闇で眠れ
<<評価:★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 パリの裏社会を舞台、派閥に入らずグレイな位置にいる主人公フランク。のはなし。

こいつが主人公で良いのかと云うくらいのビジュアルですが、え、良いんですかね。
話もなんや想像がつくし、超B級映画ザ・ヤクザを思い出してならない。↓


 フレンチ仕上げなだけ好みでした。
マフィア系はパッケージは面白そうなのになー、結構希薄な作品が多いのが残念す。
良いのあったら教えて下さい。

| //洋画//あ行 | 04:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
愛の神、エロス
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 ウォン・カーウァイ、スティーヴン・ソダーバーグ、ミケランジェロ・アントニオーニ、と三名の監督が愛とエロスをモチーフにしたオムニバス映画。

「エロスの純愛〜若き仕立屋の恋」
 断然ウォン・カーウァイ監督のために観た。プラス最近チャン・チェンに嵌っておるので。
出てる二人はどっちも好き。ストーリー性があるのはこれくらいっす。

「エロスの悪戯〜ペンローズの悩み」
 ロバート・ダウニーJr.の顔は大分好きですが、話は全くおもろないし、意味分からず。三部作の中で一番セクシーじゃない。

「エロスの誘惑〜危険な道筋」
 この作品の監督の映画は観たことないのですが、一番インパクトがある。裸に近い女の人と裸の女の人が歩いていて、その女性二人があり得ないくらいスタイルが良くて、この世の物とは思えないくらい美しいので感動した。


| //洋画//あ行 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ザ・クリーナー 消された殺人
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 予告で視て、殺人現場をクリーンにしてしまうって云う着眼点が、私は中々好きだったのですが。
なんか設定は良いのに、深入りせず、90分で終わる。頭使わずに観てたらいつのまにか終わる映画です。火サスみたいに出演者で犯人が分かる勢いです。
手軽に観れるサスペンス映画、アクセントに血のりを添えて。親子愛仕立て。

 しかし、エヴァ・メンデス綺麗ですね。
子役のキキ・パーマーの演技が光っていましたよ。

 ラストにエド・ハリスが云ってたけど、「あとはよくある話だよ」って。
それは、台詞に入れたら駄目でしょう。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://thecleaner.heteml.jp/
| //洋画//か行 | 04:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
バイオハザード IV アフターライフ

<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 勿論3Dで観ましたがなにか。
因に一人だったよ。平日のレディースデイに休みな知り合いがいないので。つくづく暗いやつだよ。

 4作目で、今までどうなってそこに至ったかなんて、若干忘れているものですが、話の進行は2と3と同じような気がします。←全て観ていない人しか伝わらない

 終わり方とか、いつもの何も解決・進展する様子もなく、ジャッジャッジャドンドンドンドン(ベースの音)で終わる。「○○プロジェクト始動」って何がしたいの、アンブレラ社。私には分かりません。

 オープニングに日本人の初感染者として中島美嘉が出ているんです。今の赤毛ロングのビジュアルが私は好きなので◎です。でももっと化粧濃いほうが好きです。うぬぼれ刑事マジで面白かったな(脱線)

 アリスより、クレアのほうがアクションの演出がすげかったのが、シャワールームのところね!大興奮したーさすが3Dなのかしら。でも暗い。バイオだから余計暗い。
 ゲームの3に出て来ためちゃくちゃ弱い敵が水道で出て来た。存在薄いやつだと思う。
最後にやつが生きてたりして、結構演出が明るめで好きです。

 そう云えば、監督がミラの旦那さんなんだよね。

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://www.residentevil-movie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://biohazard4.jp/
| //洋画//は行 | 03:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
レッド・クリフ
<<評価:★★★★>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 何で視たかって、インファナル・アフェアで観たトニー・レオンにはまっているからですねぇ。笑顔が堪らないんですよーよー。

 俳優が面白いキャラクターで観てて楽しい、張飛が可愛すぎる・・・!笑
怒りに震えて、どーん!って体当たりすんだよ!槍持ってる敵に。しかも槍2、3本軽く折るし。楽しい。可愛い。
 あと、関羽とか、歴史の漫画でしか視たことねーよって顔なんやが、登場シーン惚れる・・・!
格好良過ぎる演出。
 
孫権のチャン・チェン、龍みたいな眼と顔で好き。趙雲は良い人ってのが滲み出てる。アクションが一番しっくりくる。

 なげーけどね。あははー

【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://redcliff.jp/
| !!!---ASIA---!!! | 03:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
ディパーテッド
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 云わずもかな、インファナルアフェアのハリウッド版。ディカプリオ以外何も納得出来ない。
しかし、香港版と一緒で、主人公の苦悩さが萌える映画ですよね〜(違う?)

 サムと違ってニコルソンは何かあくが強すぎて、善悪の演出がチープなところが好きじゃない。とっても古臭い。そこがハリウッドと云えば仕方ないのかも知らんが。

 カウンセラーの女性は、エスターに出てたヴェラ・ファーミガ。顔は好きじゃないけど、マット・デイモンの彼女役も兼ねてるのは面白かったし纏まってる。

 インファナルアフェアの三部構成と違って一つにまとまているラストと、要所の要所で本作を踏襲しているのは良いとして、どこか薄さを感じさせる映画ですよ。


 やっぱりアンディ・ラウのポストだったマット・デイモンのキャラがバカすぎるんだな 笑
単純にアメリカ映画では良いと思うけど。


【ウェブリンク】
オフィシャル・サイト
http://thedeparted.warnerbros.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/
| //洋画//た行 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ
アイズ ワイド シャット
<<評価:★★★☆>>
JUGEMテーマ:映画の感想

 煌びやかなパッケージ、視線だけこちらに向けるニコール・キッドマン
エターナルサンシャインって云う映画のデザイン似てなくもない。
きっとラブでストーリーなんだと、思っていたら。

 ラストのエンドクレジットで、

STANLEY KUBRICK(どーん)

そんなわけねー!!! 逆に納得したっぺ。


 ラブって云えばラブの要素もあったけど、嫉妬と愛憎と乱こぅ・・・。
あー長い。

 村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読んでいた気分を思い出した。複数の理由であの本は嫌いだ。

ナイト&デイの関係でか、Gyaoでトム・クルーズの作品が無料放送されてます。→site
インタビュー・ウィズ・バンパイヤのトムはきれーです。ブラピ無骨ー。キリスティンきゅーてぃ。



| //洋画//あ行 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | このページのトップへ